« ☆『あなたのブログが6ヶ月間更新されていません。 (中略) 1年間未更新のブログについては、記事の追加や編集ができなくなります』と通知され、思い腰を上げて載せる“ええ言葉”☆ | トップページ | ☆「金言」は忘れた頃にやって来る(完結篇)(冒険篇)☆ »

2022年7月 2日 (土)

☆「金言」は忘れた頃にやって来る(その1)☆

長年に渡り、撮り貯めて来た「ええ言葉」を一気に「はなてん」・・じゃない「放出」いたします!

 

言葉は日々貯まりますが、おカネはトンと貯まりません!

 

(ここから)

 

穂村 弘 (歌人)
「これは過去の人生で学んだことだ。
 こちらが本気になると、
 おいしさや楽しさが逃げてゆく。
 (中略) 現在の私には、何かを渇望する
 ということ自体が貴重なのだ」

 

神田川 俊郎 (日本料理人、料理研究家、1939-2021)
「金の貯金は後でもできる。
 今は腕に貯金」

 

ゴルゴ 松本 (お笑い芸人)
「時間は平等だけど、時間の使い方は
 平等ではない。自分のために時間を
 使うには、断ることも必要だ」
「決断、判断する勇気が
 自分の人生を作っていく」
「時にはSNSから離れるのもいいよ」
「なぜ緊張するかというと、
 ミスを想像してしまうからなんだ」
「いいアイデアは、自分以外の人から
 出てくることも多い」
「残念だが、常識やどうやっても話が
 通じない人が世の中にはいる、
 という前提で生きたほうがいい」
「(SNSの)一部には心ない書き込み
 もあるが、まさに「心がない人」
 たちの意見なんだから、
 無視していい」
「誰でも絶対、笑顔を待っている。
 それをどこで、どれぐらい使えるか。
 笑顔でいれば自然と人は
 近づいて来る」
「現代は生まれたときから便利さに
 囲まれているが、追い求めれば
 きりがない」

 

立花 隆 (ジャーナリスト、作家、評論家、1940-2021)
「ものを書く時には、その100倍の
 情報をインプットしなければだめ」
「30回文書を見直すと
 原稿は読みやすくなる」
「大海の水を全部飲もうとは
 思いませんよ。 (中略) 世界の大きさを
 ちゃんと認識できるかどうかが、
 人間の精神の成熟度合いになる
 んじゃないでしょうか」

 

大谷 翔平 (プロ野球選手、米大リーグのロサンゼルス・エンゼルス所属)
「イラっとしたら負けだと
 思っているんで」
「負ける時もあるけど、そこで最善を
 尽くしたかが大事」

 

森下 洋子 (バレエダンサー)
「バレエには終わりがない。
 そこがバレエのすばらしさです」
「若さには若さの良さがありますが、
 経験を積んで、踊りこんで
 にじみ出る良さもある」

 

増田 明美 (スポーツ解説者)
「私は迷ったら本や新聞など
 紙に書かれた情報を参考に
 しています。紙面に「残す」責任が
 ある新聞は、あらゆる方面から
 情報をとって確かめているからです」

「夫婦にはいろいろなカタチが
 あります。大事なことは、
 本人同士が幸せなことです」
「大切なのは『幸せ』と思える瞬間が、
 たくさんあることなのだと思います」

 

大日向 雅美 (大学学長)
「交渉ごとをうまく運ぶには、
 まず相手の気持ちを理解する
 ことです。そして、もう一つは、
 訴える内容にどれほど切実感が
 あるかということが大切だと
 思います」
「正しいと思うことを貫くのは
 勇気がいりますが、心ない行為を
 おかしいと思うご自分の判断と
 感性を信じてください」
「いつもそばにいることだけが
 孝行ではありません」

 

久田 恵 (作家)
「価値観が違う人はいくらでも
 います。付き合いたくないのなら、
 ほどほどに距離を置き、
 深入りしないことです」
「身内とは、遠慮を捨てて言い合う
 ことでこそ親しい関係が
 築けるもの」

「(親に)心配をかけていないあなたは
 親孝行なのですよ」
「(相手が)言うことを
 『聞くべきこと』、
 『聞かなくていいこと』、
 『自分で判断すべきこと』に分けて
 向き合うことです」

 

大村 崑 (卒寿を迎える俳優)
「余裕がないと先生でも鬼みたいに
 なっちゃう。今もあの時
 (戦争の時代)と同じ
 ような何か悪い予感がする」

 

金子 扶生(ふみ)

(英国ロイヤル・バレエ団所属のバレエダンサー、最高位プリンシパルに昇格)
「今思えば、頑張ってきたことは
 全て無駄ではなかった」

 

唐沢 寿明 (俳優)
「先陣切って、危険な橋を渡る
 のが好きなんだよ。
 たいていは損をするんだけど」

 

岸田 奈美 (作家) ※障害のある家族との日常をネットでつづる
「誰かを幸せにしている名もなき
 ヒーローが、世の中にどれだけ
 多いことか」

 

黒井 千次 (作家)
「現金をやり取りする売買の現場は
 減少し、デジタルの数字が飛び交う
 透明空間の如きものに変りつつ
 あるらしい。なにやら暮しが
 抽象化し、物から離れて行く気配
 を感じる」

 

桂 米朝 (「人間国宝」認定の落語家、1925-2015)
「どんだけ落語が上手でも、最後は
 芸に人間が出る。だから嫌な
 人間にはなるな」

 

千住 真理子 (バイオリニスト)
「ストラディバリウスは良い楽器で
 あるほど、なかなか言うことを
 聞きません。
 初めの頃は6〜7時間弾かないと
 滑らかな音が出ませんでした。
 寝れば元に戻り、翌日また
 6〜7時間弾く」

 

渡辺 明 (将棋棋士、永世竜王・永世棋王)
「対等または自分が格下であれば、
 負けを恐れる必要がないので、
 危ない手順にも踏み込んで
 いきやすい」

 

エルキュール・ポアロ (架空の名探偵)
「(殺された娘は)美人ですか?
 若い女性の運命はしばしば
 それによって決まるんですよ」

 

皆川 明 (デザイナー)
「感情が入っていないものからは
 感情は生まれない」

 

山田 洋次 (映画監督)
「人類は、進歩や発展というものを
 いったん、横におくべき時だ」
「僕たちが幸せに向かっているか
 というと、どうもそうは
 思えないのね」

 

城田 優 (俳優)
「もう無理かもと思ったら1回、
 深呼吸してみてほしい」
「君を否定する人がいたら
 相手が間違っている。君を理解し、
 手を差し伸べてくれる
 仲間は必ずいる」

 

ナダル (お笑い芸人、お笑いコンビ「コロチキ」所属)
「狭い世界で将来を悲観し、
 自己否定しないでほしい。
 つらい思いをした人は、相手が
 嫌なことやうれしいことに
 敏感になれます」

 

円谷 英二 (特撮監督、1901-1970)
「現実には巨大ヒーローはいない。
 地球は人間が守らなければ
 いけない」

 

毒蝮 三太夫 (俳優)
「今は収入が減って大変な方も
 いるけど、多くの人はモノに
 囲まれ、お互いに助け合おう
 という意識が希薄だよね」
「かまい合いの精神が欠けている
 のが、現代日本の一番の問題だ」

 

美輪 明宏 (歌手、俳優)
「自分を基準に異質な人間を中傷
 する人は、相手を否定して
 安心感を得たいだけなのです」
「いじめる人は、人格的に
 最低な人間なのです」
「精神の健康を維持するためには、
 豊かな文化が必要です」
「良いものに、新しいも古いも
 ありません。心にキラリと
 ひらめくものがあったら、
 心に栄養が与えられます」
「自分を救えない者が
 人を救うことはできない」

 

為末 大 (元陸上選手)
「結論から言うと、力を一番発揮
 できるのは、自分を縛る意識を
 解放した時です」

 

森 毅 (数学者、1928-2010)
「数学は、私もようわからん
 かったけど、わからんから
 ハマるんですね」

 

石井 志昂 (「不登校新聞」編集長)
「一生解けない問いこそ
 自分の財産になる」

 

伊沢 拓司 (クイズプレーヤー)
「ソウゾウ(想像×創造)するって、
 0から1を作ることじゃなく、
 手持ちの0.1をいっぱい集めて
 1にすること」
「SNS時代は百家争鳴で、みんな
 あれこれ、いろんなことを言う。
 その中から本質を見いだせる
 人間が求められている」
「クイズを作っていると、いかに
 ネットの情報に真偽不明のものが
 多いかということに気付かされる」
「有料情報の価値はすごく高いはず
 なのに、一方でファスト(手短)な
 知がもてはやされる現状がある」

 

公文 ゆい (シャープ開発者) ※生物模倣技術の専門家
「自分で考えるよりも、自然の技術
 に『解』を見いだす方が早い」

 

五木 ひろし (歌手)
「実績を積めば、スター性といったもの
 は自然と身につくのかもしれません」

|

« ☆『あなたのブログが6ヶ月間更新されていません。 (中略) 1年間未更新のブログについては、記事の追加や編集ができなくなります』と通知され、思い腰を上げて載せる“ええ言葉”☆ | トップページ | ☆「金言」は忘れた頃にやって来る(完結篇)(冒険篇)☆ »

コメント

こんばんは。

おカネは貯まらなくても「ええ言葉」がこれだけ貯まれば素晴らしい財産ではないですか。(ベタな表現ですみません)

こちらの(その1)では、、、
岸田奈美(作家)さんの言葉がストレートにドスンと来てスクロールする手が止まってしまいました。
これを読んで‘救われた人たち’もどれだけ多いことか…。

拙コメントも(その2?ー完結編・冒険編)へと続けさせていただきますね。

投稿: ぺろんぱ | 2022年7月 7日 (木) 18時31分

ぺろんぱさん、こんにちは。
すっかりご無沙汰しております。

「シアター離れ」「ブログ離れ」の甚だしいワタシであります(汗)
・・って言う (漢字) 系表記 も、もはや「表現の手段」として「終わってる」
のかも知れませんけれど・・

また貴ブログにお邪魔させて頂きます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 管理人 | 2022年7月10日 (日) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『あなたのブログが6ヶ月間更新されていません。 (中略) 1年間未更新のブログについては、記事の追加や編集ができなくなります』と通知され、思い腰を上げて載せる“ええ言葉”☆ | トップページ | ☆「金言」は忘れた頃にやって来る(完結篇)(冒険篇)☆ »