« ☆明けましておめでとうございます☆ | トップページ | ☆『47RONiN【2D字幕版】』☆ »

2014年1月 4日 (土)

☆『ゼロ・グラヴィティ:iMAX 3D版』☆

新年。
2日(木曜)の夜。
箕面市内にある“109シネマズ”に行き、レイトで観たのは『ゼロ・グラヴィティ:iMAX 3D版』だった!

この日は「ドライヴのついでに初詣もしちゃお!」と思い立ち、同市の(やや)山間部に位置する古刹「勝尾寺(かつおうじ)」へと、午後からの出発で出掛けたのだ。

自身の家族について「健康」とか「幸福」を願ったのは、ここに書く迄もない事だが(加えて、ちっぽけなワタシの浄財程度で、それらが容易く叶うワケがない事にも、薄々気付いてはいるが(=^_^=)) それ以上に大事なのは・・“お受験”の控えてる姪っ子の「合格祈願」だったので、ご利益の(比較的)ありそうな(?)このお寺に繰り出した次第。

因みに、境内に“朱塗りの多寳塔”がある事も、ワタシの食指を動かした理由の1ツではあった(=^_^=)>

にしても・・流石は3箇日・・神仏を呪いたくなる程に(←おい!)駐車場に至る道路が2〜3kmも手前から渋滞してた(×_×) 「思い付き」で行動すると、こう言った結果になるんやね、、 と新年から「ちょっぴり」勉強になりました・・って今更かよ!

帰りは、麓までドライヴウェイをダラっと下り、夕食がてら立ち寄った「箕面マーケットパーク・ヴィソラ」の敷地内にある“109シネマズ”に足を運んだワケで。

この施設に来たのは、これまでもせいぜい1〜2回程度だったと記憶してるが、自宅から最も近い距離にある「iMAXシアター」と言う事では、以前から関心の高まってたワタシ。

シネコンのロビーから見て、最も手前(右手)にある「スクリーン1」こそが(iMAX)専用シアターなのだが、入口に向かう廊下の雰囲気なども、例えば壁面に「i」「M」「A」「X」の巨大ロゴが蒼くぼんやりと輝いてて・・実に期待値を高めてくれもし、ええ雰囲気が演出されとるなっし〜!

毎年「鑑賞初め」の1本については、意外と(?)記憶に残って行くトコでもあるため、慎重にチョイスしたりするんだが・・今年の1本目は「昨年ベスト1ムーヴィー(の再鑑賞)」+「iMAXシアター」って事で、感慨深いモノとして、脳裏に焼き付きそうな気がする・・
(因みに、昨年の「鑑賞初め」は・・『レ・ミゼラブル』ですた)

・・

地上:600km
気温:セ氏125度〜マイナス100度

音もなく、酸素もなく、気圧もない、無重力の世界。
そこでは、生命の存在する事は許されなかった(Life in space is impossible)。

“新しい眼”と呼ばれる「最新鋭の医療用スキャンシステム搭載」と言うミッション遂行のため、スペースシャトル「エクスプローラ」船外で活動していたクルーたちを襲ったのは、ロシアがミサイルで破壊した人工衛星の破片雲だった・・

それらは時速3万2000kmと言う“途方もない速度”で彼らに迫っていた・・

・・

(昨年末に)1度観たばかり(?)であり、まだ記憶も残ってるので(=^_^=) 今回は「より物語と映像を楽しむ」って目的に専念する事が叶った。

特に、2度目の鑑賞では「マット・コワルスキー中尉」の言動に気を付けて観てみた。

すると・・マットが宇宙服(のヘルメット)を外す(=バイザー越しでない“素顔”をさらす)・・のは「例の1シーン」のみだった事に改めて気付かされた。

また、シャリフが破片雲の直撃を受け“即時退場”したはった事にも気付いた。アレでは「痛みも恐怖も何もなかった」であろう事だけは掴めた。で、何故だか、少しだけホッとした(・ω・) ←いやでも、船内のクルー2名は苦しかったやろね(×_×)

“3D映像の効果”が感じられたのは「(画面)手前に飛んで来る(衝突時の)破片」「(画面)手前に漂って来る(ストーン博士の)涙」などだったろうか。
総じては「別に“3D仕様”じゃなくても良かったかも」と感じた。ただし“スクリーンの大きさ”や“音響効果”に関しては、通常のシアターよりも良かった!

って事で、もし実現し得るのなら「更に客席数の少ない(iMAX)シアターの、中央部分の座席」にて「2D版」で鑑賞してみたいなぁ・・と思った。

〜 こんなトコも 〜

・iMAXの“冒頭オープニング・デモ”の映像+音響に期待値が上がりまくる! 『映画の中に入り込んだ様な、究極の臨場感、準備完了!』ってなナレーションが、アトラクション施設っぽくて良い感じ(=^_^=)
・久々に「カメラをかぶった、踊るおっさん」のデモ映像が冒頭に流れなかった。
・サンドラ姐さんの腹筋の締まり具合を見上げながら、しびれたラスト(=^_^=)
・「サンドラ姐さんの破片の受けなさ」が幸運&奇跡的だったのか? 「シャリフの運が悪過ぎた」のか?
・果たして、猛スピードで降下を始める「天宮(ティアンゴン)」に、ボンベ1本の推進力で、飛び移れるものなんか?
・「衛星破壊行為」にせよ「絡まり易く、外れにくいパラシュートのソユーズへの採用」にせよ、総てはロ※アが悪い!
・テザー(ロープ)から派生した言葉が「テザリング」であろう事に、初めて気付かされた。
・「時間をかけての減圧訓練」とかなしに、いきなし地上に降り立って大丈夫だったんか?
・マットの方の“酸素残量”はどうだったんやろ?
・「予備バッテリー」さえ持っていたら、状況は変わったんやろか?
・「一方通信」の場合、返事を待つ程度の「間」さえ置けば、後は“当人の判断”で、どの様に選択しても良いんか?
・途中から、マットが「バズ・ライトイヤー」に見えて来た。 ←きっと、みんなが思う事やろね。。
・ソユーズのコクピットに貼られてた(?) 子供を肩に乗せた賢者のイコン(絵)はどう言う意味なんやろ? 最初、タロットカードかと思ってた。
・“アニンガ”は、何処の国の人間だったんやろ?

〜 こんなセリフも 〜

ストーン「成功したら・・明日、地球で1杯おごるわ」
    「大丈夫だけど、この“無重力”で
     吐かずにいるのは難しいわね」
    「感想? ここは静かで、居心地が良いわ」
    「目覚めて仕事をし・・ただ運転するの」
    「仕方ない(great.)」
    「宇宙なんか大嫌い」
    「妙な気分ね・・“死を知る”って」
    「祈り方を知らない」
    「マット、頭がいいのね」
    「“ママは諦めない”と伝えて」
    「もう逃げない・・地球に還るわ」
    「これは違う感じ」
    「よし、天に任そう」
    「結果はどうあれ、これは“最高の旅”よ」

マット「このミッションはイヤな予感が」
   「最期の遊泳を楽しめ(Enjoy Your last walk.)」
   「1ツ確かな事は・・“最高の景色”って事だ」
   「彼女は何と・・」 ←気になる〜
   「ロシアが“処分権”を行使したようだ」
   「何処へ行こうと一緒だ(See. you go,i go.)」
   「“一方通信”であろうと、喋り続けないと」
   「美しいだろ・・日の出が」
   「何が1番、懐かしい?」
   「宇宙遊泳の記録に10分足りない」
   「何でもいい、しがみつけ!」
   「・・無事に帰還しろ」
   「目眩がして来たか? じき意識が遠のくぞ」
   「“墜落”も訓練の一環だ」
   「・・もう遠過ぎる
   「よし、頑張れよ」
   「ガンジス川を照らす太陽だ・・素晴らしい」
   「奇想天外な話でね・・
    予備のバッテリーを見付けたんだ」
   「ここは居心地がいい」
   「問題は“今、どうするか”だ

管制官“あなたはこの事態を予想していた”

|

« ☆明けましておめでとうございます☆ | トップページ | ☆『47RONiN【2D字幕版】』☆ »

コメント

IMAXの素晴らしさを堪能されたようでなによりです^^
スクリーンの大きさはもちろんですが、画質や音響のちがいなど気になってます。
ワタシもいちどこの作品をIMAX体験したいな~(笑)

ライアンがマットにロープで引っ張られながら小声で「shit!」というところ可愛かったです^^

投稿: ituka | 2014年1月 4日 (土) 10時27分

itukaさん、にちはです。

長かった休みも終わりかけて来ました、、
「日曜のドライヴ」も出来ないままでした(⌒〜⌒ι)

>IMAXの素晴らしさを堪能されたようでなによりです^^
>スクリーンの大きさはもちろんですが、画質や音響のちがい
>など気になってます。

記事には書かなかったですが、シート自体の印象は余り良くなかったですね、、今度は別なブロックのシートをチョイスしたいです。

ずっと昔、海遊館(大阪)の近くにある某施設で「IMAX体験」したんですが、その時の方が感動的でしたね。
観たのは確か・・ジャン・ジャック・アノー監督の『愛と勇気の翼(1995)』だったかと記憶してますが・・

>ワタシもいちどこの作品をIMAX体験したいな~(笑)

IMAXシアター自体にも優劣がありましょうから、より良い上映館で、より良いシートで観る事が叶ったら最高でしょうね〜

>ライアンがマットにロープで引っ張られながら小声で「shit!」
>というところ可愛かったです^^

毒づいてましたね(=^_^=) 最後には宇宙を気に入って頂けたようで、ホッとしました(⌒〜⌒ι)

追記:マットの「選択」シーン・・ 何処かで観た切なさやな〜 と思ってましたが『ヴァーティカル・リミット』冒頭に於ける、主人公兄妹の親父さんの下した「選択」に似てたのでした。
アレも切なかったなぁ・・

投稿: TiM3(管理人) | 2014年1月 4日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆『ゼロ・グラヴィティ:iMAX 3D版』☆:

« ☆明けましておめでとうございます☆ | トップページ | ☆『47RONiN【2D字幕版】』☆ »