« ☆『エリジウム』☆ | トップページ | ☆『ダイアナ』☆ »

2013年10月 9日 (水)

☆『R100』☆

10月6日(日曜)の午後、ご近所のシネコン“MOViXあまがさき”に出掛け、観て来たのは・・公開の始って間もない、松本人志による4本目の監督作『R100』だった。

これまでに、松本監督がメガホンを執った3本の作品を総て観て来たが、自身が主演も兼ねた『大日本人(2007)』は終盤に於ける“失速ぶり”にガッカリさせられ、同様に『しんぼる(2009)』では“引き延ばし過ぎな1シチュエーションコメディ”に残念さを覚えた。

次の『さや侍(2011)』では、自身が監督業に専念(?)する事による「進化/深化」を期待したものの“笑えるでもなく泣けるでもない物語世界”に、ただ苦笑の止まらなかった気がする・・

そんなワケで本作。主演に大森南朋を迎え、その周囲を豪華女優陣が固める・・って事でかなり期待はしていたんだが、、

3年前から妻=節子(YOU)が「遷延性意識障害」で人事不省となっているサラリーマン=片山(大森)。

大手家具店で真面目に勤務し、郊外の一戸建で8歳になる息子=嵐(あらし)と慎ましく暮らす彼は、ふとした気の迷いから(?)都内の古びたビル(大光ビルヂング)の一室に居を構える秘密SMクラブ『ボンデージ(BONDAGE)』に赴き「1年間の入会契約」を交わしてしまう。

しばらくは、支配人(松尾スズキ)の言葉通り「日常生活の中で、いつやって来るか分からない緊張感」を満喫する片山だったが、次第に『ボンデージ』の差し向ける“女王様”の出没先は「職場」や「自宅」まで及び、その行為もまたエスカレートして行く。

そんなある夜、自宅にやって来た“女王様”とのプレイ中に「とある事件」が起こってしまう。

以前から「クラブ退会」を申し出るも、認められなかった片山は、その1件を機に『ボンデージ』と戦う事を決意する。

そんな彼の前に現れたのは、国の特務機関に所属すると言う謎の男=岸谷(渡部篤郎)だった。

事前情報を殆ど(?)シャットアウトし、鑑賞に臨んだワケだが・・正直、(またもや)期待し過ぎたようで(×_×)

導入部こそ、キューブリック監督の遺作(かつ怪作、、)『アイズ・ワイド・シャット(1999)』を思わせる、そこそこにミステリアスさを帯びた幕開けなんだけれど・・次第に「陳腐でおかしな方向」へと物語は転がり出す。。

中でも「“したたか”やなァ」と言おうか「そう言う“躱(かわ)し方”はイヤやなァ」と強く感じたのは「片山を主人公とした物語」自体を劇中劇(いわゆる“メタ構造”)として描き、主人公と観客の間に「もう1枚の、客観的な立場の存在」を挟み込む、巧妙な(狡猾な?)演出を施した事。

でもって「彼ら」に「観客のツッコまんとするポイント」を総て“先回り”し指摘させてしまった!

で、コレをやられてしまうと、観客はもう何も言えなくなるし、その「言えないフラストレーション」が募ったり、或いは「制作側に軽視されてるような気持ち」を覚え始めたりするのである。

大森南朋と言う素晴らしい俳優を主演に迎えたにも関わらず、彼の持つ「らしさ」「潜在能力」を封じ込め、単調かつコント的なシチュエーションの連続や、CG加工された表情などで「折角の“大森南朋の良さ”を余りに殺してしまってる」ように感じたのはワタシだけだったろうか?

中盤以降では『ボンデージ』なる秘密クラブの存在が、いきなし「世界的な組織」にまで拡大し描かれ始めちゃうワケだが、そこまでの荒唐無稽な展開なんてのは、正直必要なかったし、例えそれ(必要性)があったにせよ、もっと「ハッキリ描かず、臭わせる」程度で“寸止め”しといて欲しかった。

第1回監督作品『大日本人』からこっち、どうにも作を重ねる毎に「見かけ倒しになっている」「つまらなくなっている」と感じざるを得ないワケで・・何か「投げやりになってしまう理由」があるのかないのか、その辺りの監督の考えを訊いてみたいトコである。

まぁ、訊いた所で「このような形で放たれてしまった」作品の評価が、世間でも、ワタシの中でも、回復するのは難しいが・・

~ こんなトコも ~

・冒頭部分ではモノクロ映像の味わいが奏功してた! 「レトロな建造物」や「立ち上る紫煙」がホントに良く似合う色合いだ!

・時代設定は古いらしい(1983年頃か?)が、登場する車両、装置などの「こだわりぶり」が甘い(現代の車とかが走ってた)

・『アイズ・ワイド・シャット』のテイストと思いきや、クローネンバーグ監督路線や、鈴木清順監督の『ピストルオペラ(2001)』なんかを遠回しに批判するような狙いか?

・“劇中劇”な演出が、妙に粗い。

・唐突に「拳銃を使いこなし」「バイクを乗りこなし」「英会話に堪能な」主人公は・・実は「潜入捜査官」だった?

・渡部篤郎の役柄を、板尾創路氏が演じても面白かったか(⌒~⌒ι)

・世界規模の組織との戦いに突入して行く辺りから、悪い意味で松ちゃんの「稚拙さ」や映像作家としての「集中力の無さ」が露呈してたように思う。

・大森南朋の用い方は勿体ない、特に中盤以降は・・

・YOU、前田吟、渡部篤郎は、まさに後半で“退場”状態だった。往年の某番組内のミニドラマ『木瓜の花(1993)』みたいだ。

・“丸呑み”のどこが「女王様プレイ」なのか? また吐き出すの? 『アナコンダ(1997)』のジョン・ボイトみたいに、、

・嵐くんの「半裸(パン1)+緊縛+吊り下げ」行為ってば、児童虐待(児童ポルノ)に抵触しない?

・板前さん業界は眉を潜めそう(連続で「寿司を平手でバン!」な演出)

・「どっきり」シチュエーションの拡大版、とも言えそうか?

・「入会金」「年間契約料」は一体幾らで、どう工面したのか?

・高級な寿司屋にぶらっと立ち寄ってた主人公。慎ましい生活とのバランスがちょっとおかしくない?

・某女王様は「大量の手榴弾の詰め込まれたアタッシュケース」を杉浦邸に持ち込んで、一体どんなプレイをする気だった?

・嵐君が途中から「トシオ君」に見えて来た(=^_^=)

・「唾液が追跡装置になってる」とはどう言う意味?

・YOU、前田吟、渡部篤郎の“退場”を、片山は(結局)知らなかったハズ・・

・『タイムコップ(1994)』に於ける“時空移動シーン”のような波紋映像演出は独特だった。

・ラストはてっきり「群像劇+大地震のオチ」と思ったが・・

・CEOのゴツさが印象的。。あの巨躯はやっぱり「CG処理」だったのか? ガンダルフやクセルクセス王的な・・

・細かい「笑える」ネタは多いけど、、「ごっつい」のや「尾を引く」のは皆無だった(×_×)

・某ビルで開催されてた「中国農民画展」に興味津々。

・「ソルピデム」と言う薬品に興味が湧いた。

・40分ほど過ぎてからの、ようやくのタイトル表示に「遅過ぎるわ!」とツッコミ(=^_^=)

・わがままな老監督の言動(?)を眺めてると『100年の時計(2012)』の爺さまを思い出した。

・劇中に登場する「城楠大学附属病院」の外観は、大阪城公園の敷地内にある「旧・大阪市立博物館」のレンガの建物だろうか? 似てる気がしたが・・?

・花言葉が「希望」なのは・・“ガーベラ”らしい。

・いきなり始る「関係者インタビュー」こそ、本作最大の“松ちゃんらしい演出”だったのかも知れない(=^_^=)

・本作も「喫煙シーン」が目立ってた。

・劇中に登場する、木製の包丁(?)ケースに『涼』の1文字が、、

・『ユーフォリア(Euphoria)』は「多幸感」を意味するそうだ。

・劇中に登場する店舗(看板)として「洋菓子ポアール」「うなぎ天地屋」「鮨の六兵衛」「大久保興業」「喫茶若草」などがあった。

~ こんなセリフも ~

片山「で、分かりました?」

  「ベートーベンは作詞もしているんです」

  “人は総てのものを2つに分けたがる”

  「パパがちゃんとしないとな・・パパ、ちゃんとするからな」

  「嵐に何をした?」

  「とにかくやり過ぎだ。ちゃんとルールは護ってくれ」

  「そもそも“(彼女が)生きてる”のを観た事がない」

  「俺の身体は縛れても、俺の心までは縛れない

支配人「・・お帰りですか?」

   「“女王様”は常に貴方の傍にいますよ」

   「でも、興奮しませんでしたか?」

   「向上心の強い娘でしたね」

   「ここから先は“彼女の弔い合戦”ですよ」

   「CEOが動いたと言う事は・・

    いよいよ本部を本気にさせたようですね」

   「Mは、Mを極めるとSになる」

   「Sは、より強大なSに導かれ・・“真の扉”が開かれる」

杉浦「節子・・もう“こんなもの”を着けて

   生きるのは止めよう」

嵐「パパ、何かあったの?

  コロッケがグチャグチャだよ」

岸谷「ちょっと寝てみて」

  「あんた“ヤバいクラブ”に手を出してるだろ?」

  「忠告しに来たんだ」

  「あいにく、これは“プレイ”じゃないんだよ」

  「敵は、こいつの唾液について来てるんだよ」

  「よだれく~ん!」

女王様「ドキドキしたいんだろ?」

   「あんたの“止めてくれ”は“やってくれ”

    にしか聞こえないんだよ」

   「いい事、言うじゃない」

   「あたしも頑張ってみようかしら?」

   「時間厳守は“ビジネスの第一歩”ですから」

   「さてと、そろそろ行こうかね」

   「(CEOは)大胆なのに繊細な方よ」

警官「それじゃムリだって。動きようないよ」

  「プロレスは暴力じゃない」

  「(当事者は)未成年でもないし」

  「まぁ、実際に“分別ある大人”なのか

   どうかなんて、分からないですけどね」

インタビュアー“(彼女は)どんな人だった?”

       “CEOってどんな人?”

関係者「はい! もうダメ!」

   「この後も“丸呑み”があるので」

   「(前作と)テイストが違い過ぎだろ?」

   「そもそも、知らない※※※※の声、

    何で真似出来るワケ?」

   「“100歳を超えないと理解出来ないだろう”

    って監督が」

CEO「ここからは“高級ボンデージコース”だ」

   「カ~タ~ヤ~マ~!」

関係者A「あの“揺れてる”“揺れてない”ってのは、

     “何かの伏線”なのかね?」

関係者B「監督は“今の日本に於けるリアリティ”と

     申しております」

※「揺れてる? ・・違うか」

 「あれ? 今、揺れてます?」

 「揺れてる? ・・違うか」

片山「どう言う事だ?!」

女王様「こう言う事だよ」

片山「ここは私の職場だぞ!」

女王様「たった今から“あたしの職場”だよ!」

|

« ☆『エリジウム』☆ | トップページ | ☆『ダイアナ』☆ »

コメント

冒頭10分位は、もしや期待なんかしちゃっていいの?でしたが
やはり、、、でしたね(笑)

いつの時代?でもプリウスタクシー走ってるし、って特に狙っていたわけではなかったんですね。

CEOの大女が気になって検索しましたが結局分かりませんでした(爆)

投稿: ituka | 2013年10月 9日 (水) 20時38分

そういや、首都圏限定公開だった『クロニクル』。
愛知と大阪と福岡に今週末から来るらしいです。

諦めていたのに、思いっきり嬉しい情報です。

投稿: ituka | 2013年10月 9日 (水) 20時40分

itukaさん、ばんはです。

そうそ。劇場で「club BONDAGE」のメンバーズカードを貰いまして、
会員限定サイト:www.r100.com/bondage に繋いでみたんだけど、
何だか良く分かんないサイトでした(⌒〜⌒ι) 未完成なんかな?

そんなん、貰いました?

>冒頭10分位は、もしや期待なんかしちゃっていいの?でしたが
>やはり、、、でしたね(笑)

「悪くはなかった」のが「悪くなって行った」って感じでしたね。

>いつの時代?でもプリウスタクシー走ってるし、って特に
>狙っていたわけではなかったんですね。

詳しくは忘れましたが、黒いプリウスタクシーだったそうで(・ω・)

>CEOの大女が気になって検索しましたが結局分かりませんでした(爆)

女子プロレスラーのリンゼイ・ハワード(Lindsay Hayward)さんってしとらしいですね。
ネットで調べると、身長206cmって事で・・マジモンの(CG処理なしの)
巨体だったようです(⌒〜⌒ι)

投稿: TiM3(管理人) | 2013年10月10日 (木) 00時11分

再度、どもです(=^_^=)

>そういや、首都圏限定公開だった『クロニクル』。
>愛知と大阪と福岡に今週末から来るらしいです。
>諦めていたのに、思いっきり嬉しい情報です。

超能力を持つ3人組のハナシらしいですね。
ウィキによると、上映時間:83分って事で、がぜん興味が湧いて来ました(=^_^=) 短いの、大好きですね〜

投稿: TiM3(管理人) | 2013年10月10日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『エリジウム』☆ | トップページ | ☆『ダイアナ』☆ »