« ☆『終戦のエンペラー(2012)』☆ | トップページ | ☆『パシフィック・リム【2D字幕版】』☆ »

2013年8月18日 (日)

☆『ワールド・ウォーZ【2D字幕版】』☆

8月17日(土曜)の午後、とある用事で西梅田界隈に出掛ける事となったので、それを終えてから「JR大阪駅直結・関西最大級のシネコン」と言う触れ込みの“大阪ステーションシティシネマ”に立ち寄り、話題の(なの?)新作『ワールド・ウォーZ』を観て来た。

オープン直後の2011年5月頃、(群衆でごった返す)ロビーを見物に行った程度であり、その時は当時公開中だった『エンジェル・ウォーズ(2011)』の某グッズを売店で買い求めた程度だったが、いよいよ初めてシアター内に足を踏み入れる事に! ・・って言うか、今更かいっ!

どうにも、此処のシネコンのロゴ(赤いヒトデ?)が「共※主義のシンボル」に思えて仕方ないんだが(正しくは“大阪”の“大”の漢字をモチーフにしてるらしい) 入場してみると、さほど際立った特徴があるワケでもなかった(良くも悪くも)。

しかし、シアター(=スクリーン2)を出た「眼の前」のトイレが「女性用」「障がい者用」しか設置されておらず、男性客は入口近くまで歩かされるのも「料金同じなのに、そこまでやりますか」的な気持ちになってしまった。 ・・いかんいかん! もっと寛容にならなければ。。

フィラデルフィア在住のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)は、妻=カリンと2人の娘=レイチェル&コニーに囲まれて暮らす「良き夫、良き父親」である。

かつて国連で働く調査員だったジェリーは、リベリア、チェチェン、スリランカと言った紛争地帯への赴任経験も豊富だったが「仕事よりも家族を大事にしたい」と考え、第一線を退いた後は“2度と復帰するまい”と心に誓うのだった。

そんなある日、フィラデルフィア中心部にクルマ(ボルボ)で出掛けたレイン一家は、原因不明の渋滞に続く“只ならぬ異常事態”に遭遇する。

辛うじて“それ=Z”の群れから逃げ果(おお)せたジェリー親子と、道中で合流したトミー少年だが、ヘリの避難先だった北大西洋上(ニューヨークの東沖合)に浮かぶ前線基地=国連指揮艦「空母アーガス」に於いて、元同僚で現在は事務次官の立場となっているティエリー・ウムトニらの要請により“Z”に関する情報が“世界で最初に発信されて来た”場所=韓国・ハンフリーズ米空軍基地(ソウルの南方)に向かう一行に加わなければならなくなる。

若き天才ウィルス学者=ファスバック博士や、軍の精鋭らと共に降り立った韓国の地で、ジェリーを待ち受けていたのは・・

この作品だけは「何の予備知識もなしに」楽しみたかったワタシなんだが・・やはりいつの間にか、何となく“どんな内容なのか”を事前に知ってしまったがため、それだけで「かなりの期待値」が下がってしまった感は否めない(×_×) 同様の気持ちを『アイ・アム・レジェンド(2007)』の鑑賞前にも味わった事を、今になってボンヤリと思い出した(⌒~⌒ι)

ブラピ主演と言えば、ワタシは『ジャッキー・コーガン(2012)』を観てないため『マネー・ボール(2011)』以来となるワケだが・・

久しぶりにブラピを拝見した(し終わった)印象としては「ホンマにフツ〜なキャラ造型やね」「ブラピじゃなくても良かったのかも」と思った。一方で“主人公が国連(UN)関係のしと”って設定については「リアル奥さん(=アンジェリーナ・ジョリー)の助言もあって、ブラピが企画・製作に乗り出したのかもネ」と勝手な“決め打ち”をしてみたい(尚、本作を製作した「Plan B Entertainment」はブラピの所有する会社である)。

「家族単位の逃避行」みたいな展開を期待してたら、それは前半までの事だった。そんなワケで「家族の物語」かと言えば、ちと「弱い」ように思われる。観てるウチに、タイトルに含まれる『Z』が何の略称なのかがハッキリと分かって来る(=^_^=) 近いうち、その手のジャンルに於ける“ゾ※ビ”の呼称が、総て『Z』なる表現に置き換えられ、タイトルされるようになって行くんかも知れないネ(=^_^=)

その点で、序盤のフィラデルフィア中心部に於ける「間違いなく、何かが起こるぞ!」と言う緊迫感溢れるシーンが一番好きだし、作品全体で一番大事に扱わなければならなかったシーン(“ツカミ”とも言おうか)だったんじゃないか。その部分で、構成を急ぎ過ぎて失敗してたんじゃないかと感じてもしまう本作。もっともっと断片的な描き方で「何や?! 何や?!」ってな緊張感を高め、持続させて欲しかったなァ。

映像面で言えば総じて「夜(闇)のシーン」「屋内等、限定された空間のシーン」が何だか目立ってて、シナリオが進むにつれ「製作費が痩せ細って行ったんやろか?」と勝手な想像をしてしまった。後半など、只の(?)ラボ内の場面に固定され、延々と“鬼ごっこ”的な流れが続くので、正直「な、長いぞ・・」と苦痛を感じてしまった。本作の場合、ダラダラした展開も含め「シーン総てを各々“12秒”で描きなさい!」とつい突っ込みたくなってしまったのは、果たしてワタシだけだろうか(←お前だけだよ!)

ラストは「続編にも引っ張る事が出来ますよ」的な“イマドキのパターン”で幕となるが、ワタシ自身は「もうエエわ!」と最期に大きく突っ込ませて頂いた事を、此処で告白しておきたい(・ω・)

~ こんなトコも ~

・どうしてもトム・クルーズ主演『宇宙戦争(2005)』と比べたく(=^_^=)なってしまう本作。「主人公の職歴が役立つ」って点では本作に軍配が上がるが・・「展開の予測出来なさ」「絶望感を高めんがための演出の徹底ぶり」などは『宇宙戦争』の方が優れてた気がする。

・ああ言った場面で「きっちりと秒数をカウントする余裕」はとてもマネ出来そうにない(=^_^=)

・本作のような事態に備え、両腕に巻けるように、分厚い雑誌を常に(2冊以上)手元に置いておきたいモノだ(=^_^=) あ、ガムテープも忘れずにね!

・“Z”になった途端、歯の先が「鋭利に尖る」現象が理解出来なかった。

・動物たちも「標的」となったんやろか? 「犬は襲われない」って設定の作品も(以前に)あったけど・・

・「そいつらを治す」んじゃなく「(残った)こっちをどうにかする」ってトコに着目した脚本家(原作者?)は素晴らしいと思う!

・“Z”の群衆の中にいながら「襲われない人間」を見せる演出もかなり良かった! うずくまる少年のシーンなど、思わず座席から身を乗り出してしまった(=^_^=)>

・ラボの中にいた女性(!)研究所員(既に“Z”化、、)が“帝王”マイルス・デイヴィスに見えて仕方なかった(⌒~⌒ι)

・主人公の奥さん=カリン役の女優さんの“乾いた感”が実にフツ〜っぽくて絶妙。。ご尊顔がどう眺めても「夏木マリ」に見えて来るし(⌒~⌒ι)

・これまで観て来た中で、これ程まで「韓国ロケにカネをかけてない作品」も珍しい! シーンの総てが米軍基地内なので「字幕だけ入れときゃ、それでOK!」って感覚やろか。

・デヴィッド・モースさん。何処で出たはったのか、観終わるまで分かんなかった。。

・イスラエルの女性兵士=セガンが左手指(?)を咬まれた直後、ブラピがとっさに「ズバ〜ッ!」と切断。。逆にセガンがニューアークのアパート屋上にいたら、血液を呑み込んだブラピの頭部を「ズバ〜ッ!」と切断してたトコやろか?(×_×)

・「咬まれたら感染」「血を飲んでもOK」と言う“違い”は専門家的にはどうなんやろ?

・スーパーにて。家族に危害を加えて来た男性客を(止むなく)射殺した主人公。駆け付けた警官は・・彼を逮捕すると思いきや、無言で傍の棚の食料品を略奪し、そのまま逃げて行きました、とさ(⌒~⌒ι)

・「シロウトに銃を渡すもんじゃない」と思う。

・“Z”になってしまったCAさんが、自ら締めた(?)座席ベルトが外れず、もがいてた姿が面白い。以前(?)の習慣が染み着いてたんやろね。しかし怪力で引きちぎるのはムリなんか?

・“Z”のクチに“拘束具”をかましたら、取り敢えず「噛み付き攻撃」だけは防げると思うが・・

・旅客機を爆破⇒墜落させた「張本人」が誰なのか・・を知って激しく驚いた。「その判断」で行きましたか!

・主人公に対しては「気絶し過ぎ」「回復が早過ぎ」と突っ込めた。実は“アンブレイカブル(2000)”だったんでは? (そう言や)フィラデルフィアに住んでるし(=^_^=)

・国連って「OB」まで担ぎ出して来ないと人手が足りんのやろか・・

・冒頭、フィラデルフィアのビル街で起こる「大爆発」の正体は何だったの?

・「組織的な国連」「合衆国政府」の不在感が妙に納得出来なかった。あ、大統領は早々にアレしちゃったのね。。

・合流したトミー少年を巡るドラマは中途半端だった。彼は「両親を見棄てた」んだっけ?

・韓国基地。当初の責任者だった「大佐」は生きてはるんやろか? 指先がピクピク動いてたけど。

・可愛くも気丈なチワワが出て来たが・・やっぱり機外へ吸い出された?

・あいつ(“Z”)はどうやって「機内のリフト」に乗り込んだんやろ?

・ウェールズの首都=カーディフに向かう旅客機。その左翼側の眼下で「核爆発」みたいなのが起きてたが・・何の説明もなかった。

・旅客機の※※場所によっては、本筋に加え『アフター・アース』みたいな冒険演出が描き得たかも知んないね(目的地まで100キロの距離とか)。

・本作に於けるブラピの“最終兵器”は・・何と「バールのようなもの」だった!

・「携帯電話」「監視カメラ」にしても、徐々に連絡手段の断たれて行く演出は、もう少し(緊迫感・絶望感を)巧く描けた気がする。

・死を覚悟した主人公の最期のメッセージは「TELL MY FAMILLY I LOVE THEM(家族に“愛してる”と伝えてくれ)」だった。

・左手薬指に“指環”をはめてる研究員“Z”が、それだけで(背後に流れる)人間ドラマを感じさせた。当人は実際には「呻いてただけ」だったが(=^_^=)

・ラボ139で「決意」し「実行」した主人公。後で「ありゃ? さっき打ったの、どれだったっけ?」となったら・・笑えなかったネ(⌒~⌒ι)

・ラボ内のシーンは『ボーン・レガシィ(2012)』の方がよっぽど緊張した。

・「透明な存在になる」ってな表現を耳にし、思わず『冷たい熱帯魚(2010)』のでんでんを思い出してしまった(×_×)

・字幕担当は松浦美奈さんだった。

・流石の(?)ボルボも「ドアミラーの取付すらもが、やたらと頑丈」ってワケじゃなかったようで。

・主人公の名=レインは『イングロリアス・バスターズ(アルド・レイン中尉役)(2009)』と“レイン繋がり”である。そんだけだが。

~ こんなセリフも ~

ジェリー「“戒厳令”と言うのは・・

     “うちのルール”の拡大版の事さ」

    「他に選択肢が?」

    「行動しなければ、生き残れない」

    「“行動こそ命”だ」

    「パパとママだけを見てろ」

    「血が口に・・」

    「音が大き過ぎる!」

    「何処も無事じゃない」

    「家族は? いないのか?

     ・・なら、分かる訳ないな」

    “まだ終わりではない・・戦いは続く”

    “チャンスはある”

    “戦いに道を見つけた者もいる”

    “戦えるなら戦うのだ”

    “助け合え”

    “決して油断するな”

    “戦いは始ったばかりだ”

カリン「前のアパートより広いわね

   「他所(よそ)で話して・・お願い」

ファスバック「自然は“殺人鬼”であり“手がかり”を残す」

      「“最凶”の部分こそが“弱点”だったりする」

      「自然は“弱さ”を“強さ”と偽りたがる」

艦長「此処に“使命なき者”の居場所はない。

   ベッド(の空き)を待つ行列は長いぞ

ヨルゲン「事が起こるまで、人々は信じない。

     だが、それが“人類の特質”なのだ」

    「“10番目の男”は、例え荒唐無稽な仮説

     を用いても、他の9人に“異議”を唱えねばならない」

所長「皆、誰かを失っている」

  「観ろ! 通り過ぎたぞ!」

※「早く知る者は、対処も早い

 「市民を1人救えば“Z”が1人減る」

 「死者を病気には出来ないぞ」

ジェリー「頑張ろう」

カリン「いつものようにね

ジェリー「あんた、CIAか?」

男「捕まるまではな」

ジェリー「どうやって生き延びた?」

兵士「“弾薬の過剰消費”さ」

部下「大尉、いつでもどうぞ」

大尉「いや・・俺は自分でやる」

セガン「何故“斬り落とせば良い”と?」

ジェリー「・・確信なんて何も」

ジェリー「イイのか?」

所長「・・イヤだが、止むを得ん」

|

« ☆『終戦のエンペラー(2012)』☆ | トップページ | ☆『パシフィック・リム【2D字幕版】』☆ »

コメント

妻役の女優さんの乾いた印象ってワタシも思いました(笑)
ブラピは『ツリー・オブ・ライフ』でのジェシカ・チャステインといい
こういうのがお気に入りなんでしょうかね~(笑)

最後のWHO研究所のシーン全て撮り直したようで
あそこだけで2千万ドルの追加予算だったようです。
当初撮ったロシアでの大団円はすべて編集カットしたそうで、、、
そこ、メイキング未公開シーンとして観てみたい(笑)

投稿: ituka | 2013年8月18日 (日) 19時54分

itukaさん、ばんはです。

先程までレイトで1本こなし、さっき戻って参りました(⌒〜⌒ι)
また記事をぼちぼちまとめてゆきまっす。

>妻役の女優さんの乾いた印象ってワタシも思いました(笑)

見た目だけでなく、言動も乾いてましたね(おい)

>ブラピは『ツリー・オブ・ライフ』でのジェシカ・チャステインといい
>こういうのがお気に入りなんでしょうかね~(笑)

テレンス監督作品は、なかなか観る機会がなくて・・
また確認してみますね。

>最後のWHO研究所のシーン全て撮り直したようで
>あそこだけで2千万ドルの追加予算だったようです。

撮り直してアレですか・・(⌒〜⌒ι)
ワタシはついついドリフのコントを思い出して
「ブラピ〜 後ろ〜 後ろ〜」とか声に出さずに叫んでました(=^_^=)

>当初撮ったロシアでの大団円はすべて編集カットしたそうで、、、
>そこ、メイキング未公開シーンとして観てみたい(笑)

ありゃりゃ・・何かあったのでしょうか、、もしかして元中央情報局員の
エドワード・スノートン氏(←ちょと違う)を巡る“大人の事情”とかが影響したのでしょうか・・??

投稿: TiM3(管理人) | 2013年8月18日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『終戦のエンペラー(2012)』☆ | トップページ | ☆『パシフィック・リム【2D字幕版】』☆ »