« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

☆『アフター・アース【日本語吹替え版】』☆

23日(日曜)の夜。

ひとたびクルマを走らせれば、実は最も近距離にある(と思しき)シネコン“TOHOシネマズ伊丹”に初めて行き、そして初めて観て来たのは「父子の絆を描いた、壮大なスケールの冒険物語」とも言える『アフター・アース』だった。

上映時間の都合がつかず、夕刻の回、それもよりによって(=^_^=)【日本語吹替え版】を選ばざるを得なかったワケだが、それはそれでダラッと観る事が叶い、ちょっとばかしラクだった。

それにしても! この“TOHOシネマズ伊丹”であるが、チケット販売カウンターが全くレイアウトされず、代わりに販売機がズラッと並んでるのが何とも衝撃的だった! こんなの初めてである!

機械がいっせいに壊れたらどうするんやろ? などとつい考えてしまうが、カウンターの受付スタッフがいっせいに発狂する可能性よりは「はるかに低い」と運営側が入念に検討した結果の採用なのだろう(=^_^=)

これはこれで「ちょいとした見所だねこりゃ」ってトコである。

西暦2025年。

自らの住む惑星(ほし)の自然環境を深刻なまでに破壊してしまった結果、人類は母星=地球から遠く離れた植民惑星“ノヴァ・プライム”に移住せざるを得なくなる。そして1000年が過ぎた・・

“ノヴァ・プライム”には、人間が恐怖を感じた際に全身から放つ「臭気」を敏感に感じ取る“アーサ(URSA)”なる盲目の巨大生物(クリーチャー)が多数存在し、人類はなす術もなく次々と殺されて行くのだった。

そんな中、伝説の戦士=サイファ・レイジ(ウィル・スミス)が「“アーサ”に感知されない戦士=ゴースト」としての能力を覚醒させ、人類の窮地を救う。

“ノヴァ・プライム”の植民を護るために組織された軍隊=ユナイテッド・レンジャーの最高司令官(将軍)となったサイファに課せられたのは“アーサ”と互角以上に戦える“ゴースト”の養成と、自らの後継者を育てる事だった。

西暦3072年。

レンジャーの候補生のひとり、13歳のキタイ・レイジ(ジェイデン・スミス)は、類(たぐい)まれな潜在能力こそ秘めているものの、精神的な弱さを克服する事が出来ず、レンジャーの卒業試験の落選結果を教官に告げられ、落ち込んでしまう。

その日、任務から帰還したサイファは、愛する妻=ファイア、そしてひとり息子=キタイとの束の間の団らんを楽しむが、次なる“引退前の最期の任務”にキタイを「候補生」の扱いながらも同行させる事を決め、妻子に告げる。

翌朝からの任務は、大規模な小惑星嵐に遭遇したアクシデントにより、大きなプランの修正を強いられる。そして、致命的なダメージを負った宇宙船“へスパー号(HESPER)”は空間移動(ワープ)を試み、その結果近くの惑星に不時着(≒墜落)をする事に。

着陸時の衝撃で“へスパー”の船体は前後2つに分離。

生き残った船員は、どうやらレイジ父子だけだった。

両脚に重篤なケガを負ったサイファは、100km彼方に墜落した船体後部に収納されている、救難ビーコン(発信器)を捜し出し、それを稼働させる任務をキタイに命じる。

惑星上には、凶暴化した動物が至る所におり、酸素もまた希薄だった。

崖を登り、ジャングルを駆け抜けるキタイに、獰猛な野猿(?)や猛毒を持つヒル、毒蛇などが次々と襲いかかる。

父子が生き残りをかけ走破を試みる、その危険な惑星こそは・・はるか昔に人類の住んでいた、かつて“地球”と呼ばれた星なのだった・・

殆ど何の予備知識も仕入れず観に行ったもので・・エンドロールで本作の監督があのM・ナイト・シャマラン(!)であると知り、激しく驚かされたものである(=^_^=) ←結局、ソレが本作で最も驚かされた点かも(=^_^=) てっきりロ※ランド・エメリ※ヒ辺りのしとかな~とか思ってたので。。

約100分と言う上映時間の短さ(だけ)は嬉しかった(=^_^=) 「スケールのどデカそうな物語が、一体どうやって100分程度にまとめられるんやろ?」と不思議に思ったが(←この辺りは『宇宙戦争(2005)』を劇場に観に行った時の、あの気持ちと同一である)・・本作の場合、エッセンス(骨格)のみを抜き出せば「舞台が1000年後の地球」なんてな“壮大な設定”すらも(必ずしも)マストではなかったように、観終わった時に感じてしまった次第(⌒~⌒ι)

かつてのウィルスミと言えば「年末ハリウッド大作に欠かせぬお祭り男」みたいな立ち位置を、我々に見せつけてくれる事も多かったが・・本作に限って言えば「夏場向けの、父&息子の(SFの皮をかぶった)キャンピング&サバイバル映画」と評せなくもなさそうだ。

(僕らの望む)シャマラン作品らしさは特になく「風呂敷(=作品世界)の広げ方」にせよ「観客を驚嘆させるオチ」にせよ、全然期待(キタイ)値には満たなかったワケだが・・「一見、緻密で取っ付きにくそうな世界設定に固められてるようでいて、実際にはスキマだらけの、何にも考えずに観る事の出来る作品」ってトコでは、ファミリー層にもおススメ出来るかも知んない(・ω・)

~ こんなトコも ~

・“ノヴァ・プライム”は惑星の名前だが、パッと聴くと『トランスフォーマー(2007)』に出て来る(隊長格の)ロボットの名と勘違いしそうになる。

・せめて「人類が移住を決意する展開」「その後、1000年もの年月が経過した」って辺りは、もう少し映像を絡め、丁寧に描いて欲しかった。セリフとかだけじゃ説得力に欠けますってば。

・“アーサ”を運搬する装置の「安全性の欠如ぶり」こそがやたらと怖い(=^_^=)

・ユナイテッド・レンジャーの訓練ぶりがどんなものか、そこもワクワクしてたが、ただ単に屋外をランニングしてるだけだった。そんなんじゃ恐怖は根本的に消せんだろうが!(まずは自らのスタミナに自信を持つトコから・・って事か?)

・少年&少女のレンジャー候補生がもっといても良いと思ったが。「14歳」って年齢が大事なのでは?(←それは別なアニメだ)

・救世主=サイファが現れるまでの人類は、どうやって“アーサ”から生き延びて来たんやろ? 1000年間の歴史のうちの、わずか数年前レベルの“アーサ”出現だったんか、その辺りが完全に把握出来てなかったワタシ。。

・凶暴な生物がちらほらいたぐらいで、大して「危険な惑星」にも思えなかった。空気の薄さとか、昼夜の気温差とかの問題なんやろか?

・「ヒル」が道中で一番危険だったように思った(=^_^=)

・『パルプ・フィクション(1994)』『ザ・ロック(1996)』以来の(?)「心臓注射」シーンは、やはり観てて気分の良いモノではない。。

・“ももんがジャンプ(ウィングスーツ)”はまんま『トランスフォマー/ダークサイド・ムーン(2011)』だったし。

・「タイムリミットのある作品」で、主人公の失神する演出はあまり好きじゃないワタシ。『ニック・オヴ・タイム(1995)』よりも“失神演出の質”が悪かったように思えた。

・なんであそこまで大鷲(?)に気に入られたのかが余りピンと来なかった。

・大鷲(?)と虎(?)の激闘シーン(?)は、敢えてレイ・ハリーハウゼン調の“ストップ・モーション・アニメ”で描いて欲しかった(=^_^=)

・枕元(?)に現れた姉=センシ・レイジの“ゾンビ顔”は、シャマラン監督の「せめてものファンサービス」だったんやろか?

・洞窟にて、壁画の脇に(新たに)壁画を書き連ねるシーンは、ちょっと知的な感じがした。

・ビーコン発信後の“余りにも”な救援の速さには、誰しもが苦笑してしまうんではなかろうか?(=^_^=)

・シャマラン監督は何処に出てたんやろ? ランニングしてた中の1人か?

・クレジットはジェイデン君が先だった!

・“へスパー号”の造型は、カブトガニみたいな不細工さで最悪だった(=^_^=)

・劇中、古文書みたいな扱いで読まれてる書物はメルヴィルの小説『白鯨』だった。「破布(えいはぶ)船長」とか出て来そう(=^_^=)

・大してフォローしてくれてなかったサイファを観てると『スパイ・ゲーム(2001)』のレッドフォード教官を思い出した。

・『エグゼクティヴ・デシジョン(1996)』のセガールばりにぶっ飛んで行ったにしては、しっかりベルトに全身を固定した姿で横たわってるサイファ将軍。その辺りの不可解さが“ゴースト”と呼ばれる所以(ゆえん)か・・

・本作の感想を問われたら『デイ・アフター・トゥモロー(2004)』の逆設定みたいな作品やね? と答えとけば、それなりに知的に聞こえるような気がする(=^_^=) ←「個人の感想」です(=^_^=)

・火山の頂きでは、有毒ガスや温度の問題は大丈夫だったんか?

・崖を登るキタイは、普通の鎌(?)みたいな道具を手にしてた・・

・“宇宙ロケ”は殆ど金をかけてなかった。

・食事&排泄シーンは一切なかった。人は空気のみにて生くるに非ず、、

・猿(?)の集団も、みぃんな恐怖を感じちゃったんやろか?

・主人公の某少年(=^_^=)は、気絶し過ぎで運が良過ぎだった。

・“へスパー”のパイロット2名はアレだけの出演??

・センシは武器(=C40:カトラス)の携行を赦されてたので「レンジャー」だったのか?

・『アポカリプト(2006)』っぽいテイストもあった。序盤で仕掛けといた“ワナ”が終盤で役立つ・・みたいな演出にも期待してたが。。

・「ヒゲなきウィルスミ」はややもすればインパクトに欠けるか(×_×)

・クリーチャー(=アーサ)の造型の月並さは観ててかなり萎える

・巣の雛鳥たちの辿った運命は悲し過ぎる(×_×)

・“ホットスポット”が点在するなら、そこに動物が集合するんではないのか?

・グッズの造りにくそうな作品だった(=^_^=)

・レンジャーが「飛び道具」を一切装備しておらずアホっぽかった。

・制作サイドは“ドラゴ※ボール”“超サ※ヤ人父子”辺りの設定を研究し尽くし、脚本を練り上げたんやろか?

・嗅覚が異常に発達してると思しき“アーサ”だが、劇中の行動を眺めてると、主人公から100キロ先で、いつまでもウロウロしてたようにも感じた。

・川下りのシーンでは、何となく『アギーレ/神の怒り(1972)』を思い出した。

・“アーサ”に殺られちゃった“へスパー”乗組員の有り様は、いわゆる「百舌鳥(もず)の速贄(はやにえ)」状態だった(・ω・)

・『ザ・ワイルド(1997)』もこんな感じのストーリーだったやろか? もう既に忘れちまってます。。

・サイファ将軍ってば、任務戻りの翌朝からまた次の任務なんか! もうちょっと休めよ。

・レンジャーの着用する“ライフスーツ”は、身に迫る危険により、色が白⇒黒に変わるが・・殆ど「観客向けの仕様」だった。

・ヤン・デ・ボン監督級に“華々しさ”の消えたシャマラン監督。

・10kmを50分で走れなければレンジャー失格らしい。わしは・・死ぬな(×_×)

・火山の頂きに登ると・・雪が降り積もってたように思ったが、アレは火山灰だったんかな?

・本作のロケは「北カリフォルニア」「コスタリカ」「ユタ」などで行われたようだ。

~ こんなセリフもありました ~

キタイ“地球の話を聞いた事がある。

    楽園だったらしい・・人間が破壊するまでは”

   「戻らない! 僕は生きる!」

   「僕は臆病じゃない!」

   「怖くはないが、疲れた」

サイファ「話す時は何処を見る?

    「席を立つ時は許可を求めろ。

     ・・却下する!」

    「君の心を・・そして家族を取り戻したい」

    「仕事以外でなら“思い違い”はあるさ。

     妻ならそう答えるだろう」

    「大丈夫か? 立てるか? (身体に)異常はないか?」

    「今、私が言った事を復唱してみろ」

    「此処が何処だか分かるか? ・・此処は“地球”だ」

    「警戒し、危険を避けろ」

    「膝をつけ。今、この場に気持ちを集中させろ」

    「次の指示まで“通常の行動規則”に従って進め」

    「自分の力を信じろ・・“必ずこの場を収められる”と

    「冷静になれ」

    「瞬(まばた)き出来るか?」

    「その時、総ての動きがゆっくりになった」

    「恐怖はまやかしだ。実在などしない。

     恐怖を生むのは自らの想像力だ

    「人は未来に囚われ、未来を恐れる」

    「恐怖は自分次第だ

    「聞こえてる。俺は此処にいる」

    「頼むから気付け・・良く見ろ」

    「恐怖を煽るための罠だ・・立ち止まるな」

    「とにかく走れ!」

    「気持ちを集中させろ」

    「起立する。早く立たせろ」

センシ「恐怖以外の事を感じるのは良い事だわ」

   「此処に入れば“臭い”が消せる」

ファイア「あの子が欲しいのは“父親”なの。“司令官”じゃない」

見張り「サインを見てなかったのか?」

   「ゴーストになれるのは“恐怖を打ち消した者”だけだ」

   「恐怖を感じたら、全身の毛穴が開き“臭い”が放たれる」

※「何事にも“初めて”はあるものですね」

サイファ「どうした?」

キタイ「・・観てなかったの?!」

キタイ「どうすりゃ良かった? どうして欲しかった?」

サイファ「大切なのは“お前がどう思うか”だ

| | コメント (2)

2013年6月23日 (日)

☆『リアル/完全なる首長竜の日』☆

16日(日曜)の夜。

久しぶりに市内のシネコン“MOViXココエあまがさき”へとドライヴがてら繰り出し、レイトショー鑑賞したのは・・「世界のクロサワ」こと(?)黒沢清を監督に迎え、佐藤健+綾瀬はるかのW主演で描かれた恋愛SFミステリー(?)『リアル/完全なる首長竜の日』だった。

さて・・

今春から兵庫県民となり、意外とご近所にシアター数の多くなったのは嬉しい限りだが・・色々とプライベートが忙しく、なかなか足を運べないのが悲しいトコだ。コレが昨年の今頃だったら“最優先事項”としてシネコンにもっとガンガン突進してたハズだったろうが・・

“売れっ子ホラー漫画家”である愛妻=和敦美(かず・あつみ:綾瀬はるか)が、湾岸の堤防から謎の入水自殺未遂を起こし、意識を失って1年。藤田浩市(佐藤健)は首都圏にある先端医療センターを訪れる。

担当の精神科医=相原(中谷美紀)の提案で、昏睡状態が続く敦美の“意識”に入り込み、直接的な対話を行えると言う、最先端脳神経外科医療術(?)『センシング』の被験者となった浩市。

敦美の意識の中では・・彼女は高層ビル群を遠くに望むマンション自室で、締切に追われながら漫画を描き続けるのだった。

自室に閉じこもったまま、戸外(=現実世界)へ出る(=戻る)事を頑(かたくな)に拒む敦美。

連れ出そうとする浩市に対し、彼女は「小学校の頃、私が首長竜の絵を描いた事、覚えてる? あれが今、何処にあるのか捜して、此処へ持って来て欲しい。“完璧だったあの絵”をもう1度眺める事が出来たら・・漫画家としての自信を取り戻せそうな気がする・・」と要求する。

首長竜の絵とは? そしてそれは何処に? 浩市は『センシング』の回数を重ねつつ、更なる敦美への“対話”を試みる。

その結果、問題となる絵が、どうやら2人の故郷である“飛古根島(ひこねじま)”に隠されている事を掴んだ夫は、妻を現実の世界に連れ戻す(=寝覚めさせる)ため、15年ぶりに島に帰る事を決意するが・・

高松勤務の頃、確か浜※淳さんの朝の某ラヂヲ番組内だったかと思うんだが・・本作に関する事前情報を仰ってたのを耳にした事があり「面白そう~!」と直感した覚えのある作品である。

関西に戻り「お、まだ観れるんや!」と都合をつけたワケだが・・(結果的に)何となく微妙な完成度だったのは否めない。

冒頭からは『インセプション(2010)』『マトリックス(1999)』『ザ・セル(2000)』『パプリカ(←映像化作品(2006)は未見。原作小説版)』辺りの世界観を連想させられたが、次第にホラー&スプラッターのテイストが強まってゆき『呪怨(2003)』やデヴィッド・クローネンバーグ的な“ワケわからん世界”が繰り広げられた。中盤から後半にかけては『サイレン/FORBIDDEN SIREN(2006)』そして『ジュラシック・パーク(1993)』の印象がかなり強い感じだったろうか。

ラストは『トータル・リコール(1990)』『オープン・ユア・アイズ(1997)』を彷彿とさせるテイストで幕。

少なくとも本作(映像作品とし)が『インセプション』より前に世に出てたら「おお、エエ感じやね!」と健闘を称えたい気持ちにもなったろうが、残念ながらそうではなかったため「二番煎じ」「迷走気味な実験映像を延々見せつけられたなァ」ってな想いが募った。

ジャンルも良く分かんない感じで、怖がらせたかったのか、夫婦間の絆&愛を描きたかったのか、恐竜系CGの出来を誇りたかったのか、過去のリゾート開発ブームを批判したかったのか、どれに絞ったにせよ「イマイチ」だった。

『トウキョウソナタ(2008)』ではその手腕に唸らされた黒沢監督だが、こと「SF絡みの恋愛モノ」については、全然“本来のパワー”を出し切れてない気がしたなぁ。このしとは、もうちょっと「より現実的で、描きたい事を絞った」作品を撮るのが向いてるように思う。

~ こんなトコも ~

・中盤辺りから「またコレかい!」と突っ込める「手垢が着き過ぎ、驚きの全くない展開」に突入した。

・「スカッと騙される心地良さ」でなく「これまでさんざ見せつけられて来た映像・演出を根底からひっくり返された腹立たしさ」のみが残った(⌒~⌒ι)

・主人公の入れ替わる「2部構成の要素」は面白いかな。もう少し“同じシーン”をカメラワークを変えたりして映し出して欲しかったトコだ。

・初期の(主人公2人の)服装によるイメージづけは「夫:白」「妻:黒」だったが。。

・本作の設定がいつか実現したら・・「他者の意識下への“強引な潜入”に対する法的整備」が行われたりするのかも知んない。。

・先端医療センターの外観や詳細な設定、インターフェイスの構造などが詳細に描かれなかった。コレじゃ説得力にも欠けるワケだ。

・「1年前までスポーツジムでバイトしてた」ってな、浩市にまつわる具体的な職業設定は、どっから造られたんやろ?

・あちこちに転がる御遺体描写は、、リアルでグロテスクで・・ぶっちゃけ「無意味」だった(×_×)

・てっきり“トシオ君”かなと思ってたら、本作では“モリオ君”だった(=^_^=)

・“モリオ君”の「モリ」は、ラテン語“memento mori”から来とるんやろか?

・シーンにより『ミスト(2007)』『ミッション:8ミニッツ(2011)』なども連想した。

・本作で知った“フィロソフィカル・ゾンビ”なる用語は、勝手な造語でもなさそうだ。

・首長竜=ネッシーかなと思ったが「生息地が異なるだけ」と理解しとけばよろしいんでしょうか?

・そこそこの売れっ子漫画家ともなると、休載中にアシスタントが代わりに描いて発表する、ぐらいの芸当は容易く出来るらしい。

・コルト・ガバメント(拳銃)の装弾数=7発って事で(・ω・)

・宙に浮かぶペンの仕掛けは「単なるCG」らしい(×_×)

・街の風景が上空に向かって(絵の具のように)溶け出す・・って描写があったが「・・う~ん」って感じだった。

・浩市がいきなり首長竜を描き始めるんだが、これがムチャクチャに巧かった(=^_^=) 誰もが「なら、お前が描けよ!」と突っ込む、本作屈指の名シーンだと思う。

・和敦美の初期読み切り短編作品『もげもげ島』に興味津々。

・コミックブレイン編集部は東京・水道橋に存在する設定らしい。

・劇中で「7月31日(火)」のカレンダーがあった。2012年の物語って事やろか?

・エンディング曲の「REM」は、ミスチルっぽい歌い方やな~と思ってたらその通りだった。最近はこんな曲風なんか。

・八丈島や牧之原市(静岡県)がロケ地となってた。

・中谷美紀の「思わせ振りな言動」は何だったんた?

・浩市の母(演:小泉今日子)の現亭主と、浩市の亡き父親の「不在感」には、妙に心をザワザワさせられた。

・佐藤健って「6~7部丈ズボン」が似合い過ぎる!!

・“シトロエンC3(フロントガラスのデザインがカッコいい!)”に乗る浩市と高木(演:染谷将太)のシーンの合成は「酷過ぎ」なレベル!(意図的なんやろけど?)

・オダギリジョー(沢野役)、中谷美紀の“立ち位置の後退ぶり”に何だかしみじみ(×_×)

・大河主演をこなしつつの綾瀬さんの頑張りは凄い!! 流石はホ※プロ!

・全く本筋や主人公らに関係ないゾンビキャラが多かった。

・終始不機嫌だった松重豊さん(某父親役)・・綾瀬さんとの「リアル会話シーン」の皆無だったのがちょっと笑える。スケジュールが合わんかったんか?

・「現実世界に虚像の紛れ込み出す展開」は「どちらが、どこからが現実か?」って部分で、正直観てて疲れる(=^_^=)

・生活感のない医療スタッフの面々こそが“フィロソフィカル・ゾンビ”に思えて来たり。

・将来、夫婦ってものはこんな風に「まだら認知症・記憶の捏造&ご都合修正」を積み重ねて老けて行くんやろか?

・「昏睡状態でも存在感ある綾瀬さん」「其所までのレベルには至ってない佐藤くん」の差が見受けられた。

・こんな綾瀬さんだったら『トーク・トゥー・ハー(2002)』の看護士みたいな役回りで、色々とお世話したげたいトコだ(こらッ!)

・リゾート開発は「15年前」との事だから、1998年前後の設定なんやろか? ワタシの中では、記憶的に新し過ぎて、全然昔話じゃないんですけどぉ・・

・『センシング』直後の「運転行為」はちょっと危ない、、

・エッチは当然として、キスらしいキスもハッキリ描かれなかったような、、それで恋愛モノですか(・ω・)

・本作が「八丈島観光」に繋がれば良いんだけど。

~ こんなセリフもありました ~

浩市「消えない・・どうして?」

  「外に出て、行けるとこまで行ってみよう」

  「多分、此処が(意識の)限界だ」

  「“それ”に近付いちゃダメだ!」

  「悪いけど、俺は戻る」

  「ウソだろ・・」

  「やっぱり俺は“赦されない”みたいだ」

敦美「悪いけど、今、あんまり相手出来ないんだ」

  「“首長竜の絵”って、覚えてる?

   ・・完璧だった絵・・まだどっかに仕舞ってある?

   捜して来て呉れないかな?」

  「いったんペンが止まると、心がふわふわして来る」

  「漫画は私の人生」

  「怖いけど・・此処から出たい」

  「此処は私の意識の中だもの。

   だから・・どうにでもなるんだ」

  「私から漫画を取り上げないで」

  「あなた達に私の漫画が分かるわけない」

  「これが私・・眼が醒めても忘れないで」

  「ずっと待ってた・・外に出たい」

  「漫画を描いてない自分の事を思い出せない」

  「やっと逢えたね」

相原「最初は誰でも不安になるものです」

  「ちょっと“夢をみる”感覚です」

  「是非探してみて下さい、その絵」

  「今は医療を信じて下さい」

  「まだ“その船”に乗っちゃダメよ!

   すぐに降りなさい!」

  「・・やり遂げたんだ」

父「どうなってると思ってたんだ?

  “夢のような未来の風景”が広がってるとでも思ってたのか?」

 「悪いのは誰だ? 誰がこの責任をとるつもりだ?」

妻「どうしてかな?

  生まれてからずっと、こうして一緒に暮らしてる気がする」

夫「これからだって、そうだよ」

夫「生まれてからずっと、ずっとこうやって

  俺の意識の中にお前がいたような気がして」

妻「これからだって、ずっとそうだよ」

浩市「どうしたらいいでしょう?」

相原「どうしたいですか?」

追記:間違っても「アラブ首長国連邦」を「くびながこくれんぽう」と読んではならない(=^_^=)

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »