« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月22日 (月)

☆たまに更新される“ええ言葉”☆

【3月~4月】

ディヴィッド・リー・ロス(米のバンド『ヴァン・ヘイレン』ボーカル)

 「惨めなことを経験しないと、人を泣かせる曲は書けない」

米村 でんじろう(サイエンスプロデューサー)

 「落語に枕やオチがあるように、

  実験にも人の心をつかむ演出や工夫が必要。

  (中略) 自分が目指しているのは

  『科学』ではなく、楽しむ『科楽』」

 「科学がネタになっているだけで、笑ったり楽しんだり

  してもらうことは、芝居や漫才と変わらない」

三國 連太郎(役者、1923-2013)

 「役者には、うまい、へたは関係ない。

  しいていえば、そこには“人間学”しかない」

高橋 源一郎(作家)

 「小説より面白いものは、この世に存在しない」

森村 誠一(作家)

 「最終的には小説を好きな人が生き残る。

  書くこと以外、何もしたくないタイプの人です」

 「小説は結局、人間を描くものです。

  (中略) どんな作品にも、自分が投影されるものです」

今田 純雄(広島修道大教授)

 「人の認知能力で覚えていられる数は5~7が限界」

 「物事を<理性>で考えれば、<直感>で動いてしまう

  自分をコントロールすることができる」

 「戦術は後にどうにでも変えられる。

  目的や戦略でしっかり悩むことが大切」

 「膨大で不確かな情報から遠ざかって、

  自分の頭で考えることがスタートです」

常見 陽平(人材コンサルタント)

 「<創造性にあふれ、国際感覚豊かで、実務能力も高い>。

  企業が求める人物像は高度化する一方ですが、

  そんな人はそうはいません」

 「雑用だと思う仕事でも、任されるのは

  信頼されているからと言えます」

陣内 孝則(俳優)

 「すべての観客を笑わせるのは至難の業。

  本人は真剣なのに、おかしみが生まれる芝居が理想です」

山本 陽子(女優)

 「同じ所にとどまっていないで日々、前進を続けるように

  暮らさなければいけないと思います」

 「相手の長所を吸収して、自分がより良い

  人間に成長できる、それが恋愛」

 「演じる上での正解はいまだに分からない。

  懸命にもがいても答えが出てこない。

  『まだ(自分は)出来ていない』と思うことがものすごく多い」

吉高 由里子(女優)

 「寝ることは好きですが、無理やり眠ろうとする夜って、

  眠れない。逆に眠れない夜を楽しんだら、次の日に

  眠くなったとしても、楽しんだ夜を後悔しないと思います」

アントン・ウィッキー(タレント)

 「無理に勧めずに、相手が欲しがるまで待つ方がいい」

 「日本には色々な国の食べ物を、元の国より美味しく

  作り上げる技術があると思います」

阿川 佐和子(エッセイスト、作家)

 「一番大切なことは『聞く』ことだと思います。

  人って案外、相手の話を聞いていない」

 「本気で聞くって結構エネルギーのいることなんです」

 「相づちは効果的に打たなきゃいけないとか、30分に3回は

  笑いを入れるとか、技術的なことはどうでもいい。

  相手の心に寄り添うように話を聞く、それだけだと思います」

 「心から出た言葉は、相手にも響きますよ」

| | コメント (0)

☆今春より兵庫県民となりまして☆

4月1日付で異動(転勤)が決まり、それに伴い香川県高松市から兵庫県尼崎市へと転居した。

(幼少の頃から)長年暮らして来た大阪府を離れ(とは言っても、クルマなら実家は充分に近いけど)・・このたび兵庫県民となったワタシ。

毎朝の通勤も、大阪在住の頃は「K阪バス⇒K阪電車」と“おK阪づくし”だったんだが、それが「市営バス⇒阪急電車(神戸線)⇒地下鉄(谷町線)」ってな経路(乗換)となった。

意外に通勤時間が短く済んだり、途中で梅田界隈を“寄り道し放題”な事に、正直ワクワクした当初であるが・・ 残業が連夜続いてて、なかなか思惑通りに寄り道など出来そうにない。

日々、仕事帰りに動き回る「時間」も「体力&気力」も削られてる感じだし(×_×)

そんなワケで、

しばらくは日記調(の薄っぺらい内容)となるか、その更新もままならないか・・若干なりとは“抵抗”したいんだけど、難しいトコがあるかも知んない。

まぁ、近況としては・・

・長年乗り続けたクルマ(スバル・レガシィセダン)を降り、新しいクルマの購入に踏み切る。今回は“新車”が初めてなら“神戸ナンバー”も初めて(=^_^=) しかしながら・・デカいんだコレが(⌒〜⌒ι)
・転勤を機に、新しい腕時計を買う。正直、携帯さえあれば腕時計なんか装着しなくてもエエんだけど、デザインの気に入ったのがあったので。ネットで購入し「早く&安く」手に入ったはイイが、、金属(ステンレス製)ベルトの交換にやたらと手間取った(×_×) 結局、手持ちの道具では(ベルトの繋ぎ目を)固定してるピンを引き抜く事が出来ず「ネジザウルスGT」と言う特殊な工具(ペンチ)を(近所の)ホームセンターで買い足す顛末となった。
・先週までの通勤時には、レンタルで借りて来た小沢健二(略して“オザケン”)のセカンドアルバム『LiFE/ライフ(1994)』ばかりをとにかく聴きまくってた。既にリリースから20年近くも経つ作品なんだけど、春から夏にかけての雰囲気を感じさせてくれるポップスが揃ってて、極めて良い感じなのだ。もっと早く“(この作品の)良さを再認識”しときたかった(・ω・)>
・ちょろちょろっと(沸き立つ)好奇心を「小さく」満たしたりもするこの頃。先日は(再販の始ったと言う)棒付きアイスキャンデー『ガリガリ君/コーンポタージュ味』を5本ほど購入し、うち4本を鍋でメルトダウンさせ「上質なコンポタスープを造ろう!」と思い立つ。と言っても「鍋を火にかける」だけのシンプルな手順なんだが・・完成したブツが予想以上に甘ったるくて、ちょっとアレな結果だったかも(×_×) おしるこを連想させる甘さです。って事で、おススメしません(=^_^=)

My_wilon_3

※何やら画像が「逆さま」になってるようだけど、コレが現在の腕時計。どうやら「C国」のブランドだから、妙に安かったんかも知れません。たまに(デスクワーク中心の)残業を終え時間を確認しようとしたら、ゼンマイ動力が尽きてて、停まってしまってるのが泣ける(⌒〜⌒ι)

追記:鍋から引っ張り上げた『ガリガリ君』のバーの1本に
  「ガリT当り お店では交換できません」
   なる焼き印が押されてた! 早速に当たってるじゃん!

| | コメント (2)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »