« ☆『悪の教典』☆ | トップページ | ☆『めがね(2007)』☆ »

2013年1月27日 (日)

☆ココロに残った“エエ言葉”☆

【2013.1】

出久根達郎(作家)

 「ケンカを恐れない。やりあってこそ夫婦です」

セリーナ・ウィリアムズ(米国のテニス選手)

 「ロッカールームでは誰でもこのくらいの

  (けがの)悩みは抱えている」

内野 聖陽(俳優)

 「(休みがあったら)見たこともない大自然に触れてみたいですね。

  東京があまり好きじゃないんです」

秋元 康(作詞家)

 「プロデューサーの僕は作詞家の僕に注文をつけた。

  『歌詞で予定調和を壊して欲しい』」

大久保 房男(作家)

 「作者が血を流しながら書いたものこそ

  読み手に感動を与えるものなんです」

 「書き出しを言える小説なんて今はないでしょう」

 「文章は、消して消して削るんです」

桑田 真澄(プロ野球・元巨人投手)

 「『絶対に仕返しをされない』という

  上下関係の構図で起きるのが体罰です」

 「本来、スポーツにおいて乗り越えなくてはならないのは

  自分自身。他人から何か強制されて

  強くなれるほど甘くはありません」

 「ミスは、どうして失敗したのかを考えるチャンスです。

  そしてミスを減らすための練習を工夫するのです」

 「我慢することよりも、まず自分の身体と精神を

  守ることの方がずっと大切です」

益本 康男(クボタ会長兼社長)

 「景気や為替動向などの事業環境を業績不振の

  理由にしてはいけない。努力が足りないだけだ」

海原 純子(心療内科医)

 「みんなそれぞれ自分の基準があって生活しています。

  信念が異なる人が許せないから争いが起こります」

|

« ☆『悪の教典』☆ | トップページ | ☆『めがね(2007)』☆ »

コメント

争いのない世の中になって欲しいと思います。
どうしたら平和であり続けるのかよく考えます。

投稿: starfield | 2013年1月30日 (水) 19時43分

starfieldさん、ばんはです。
初めまして。

>争いのない世の中になって欲しいと思います。
>どうしたら平和であり続けるのかよく考えます。

そうですね・・ 直感的に思いついたのは
「足るを知る」「他者と比べない」なんですが、
なかなかそうはゆきませんよね。

ワタシも、たまに立ち止まって、考えてみる・・時間を持ってみたいと思います。

投稿: TiM3(管理人) | 2013年1月31日 (木) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『悪の教典』☆ | トップページ | ☆『めがね(2007)』☆ »