« ☆『源氏九郎颯爽記/白狐弐刀流(1958)』☆ | トップページ | ☆『ビフォア・ザ・レイン(1994)』☆ »

2013年1月21日 (月)

☆ええ言葉 忘れた頃に 新たにす☆

年明け以降、かなり溜まって来てるのを思い出したので、思い出したように更新してみます(=^_^=)

橋本 絵莉子(女子バンド『チャットモンチー』ギター)

 「(メンバーが)2人になった危機感がいい方に働いた」

 「(バンドは)思いついたらやること」

増田 明美(スポーツ解説者)

 「友達同士なら1対2という関係が成り立っても、

  恋は1対1でしか完成しないもの」

朝井 リョウ(小説『何者』で第148回直木賞を受賞)

 「僕は、見たこと全部を小説に書くつもりで生きている」

中曽根 康弘(第71~73代内閣総理大臣)

 「演説は東大出の難しい話では駄目だ。

  (中略) 誰でもわかるような短い言葉で伝える能力が必要だ」

伊藤 左千夫(歌人、小説家、1864-1913)

 「恋の悲しみを知らぬ人に恋の味は話せない」

吉本 隆明(詩人、評論家、1924-2012)

 「恋愛は論じるものではなく、するものだ」

山田 昌弘(大学教授)

 「悩むより動けですね」

海原 純子(心療内科医)

 「自分で変わろうと思い立った人は必ず変わることができます」

 「『迷っていることは必要ではないこと』と捉えてはいかがでしょう。

  本当に必要なことに関しては、人は迷わず進むはずですから」

鷲田 清一(哲学者)

 「判断力を磨くには、自分の言葉を持たなければなりません」

久田 恵(作家)

 「恋愛は排他的なもの。他者と共有はできません」

香山 リカ(精神科医)

 「批判にもっと鈍感になってもいいのでは」

荒川 静香(プロフィギュアスケーター)

 「私自身の経験から言うと、無駄な失敗はひとつもない。

  失敗と向き合い、何かを拾って立ち上がれば、

  必ず失敗の数だけ成長できる。

  そう考えると、失敗することも怖くなくなる」

 「優勝の日があったのは、ただ、

  自分と向き合うことをやめなかったからだと思う」

 「私がスポーツから学んだことは、人を最後に支えるものは

  自分が培ってきた積み重ねだけだ、ということ」

加山 雄三(俳優、歌手)

 「4月で76歳になるけれど、夢は実現するために

  あると思っている。楽しいこと、面白いこともたくさんある。

  だから、人生の残り時間なんてことはあまり考えていない」

 「苦しみから逃げたり、ウソでごまかしたり、人のせいにしたり

  していたら、今度は自分がそういう目にあう」

 「人間はどうしても頭の中で考えすぎる。結果も読んでしまう。

  でも、どうせこうだから、というのはだめだね。

  とにかく行動しよう。

  趣味もやってみないと面白さは分からない」

なかにし 礼(作家、作詞家)

 「(食道がんを患い)周りに頼りになる人はいなかった。

  医者も含めて」

 「一般的な治療を1度は疑ってみるということを知ってほしい」

大鵬 幸喜(第48代横綱、1940-2013)

 「物事が10あるとすれば8は厳しいものなんだ。

  1ツか2ツ、『良かったな』と思えるからこそ、

  人生には張り合いがあるんだ」

|

« ☆『源氏九郎颯爽記/白狐弐刀流(1958)』☆ | トップページ | ☆『ビフォア・ザ・レイン(1994)』☆ »

コメント

こんばんは。
このシリーズ?は久々ですね。(*^_^*)

今回は鷲田さんと香山リカさんの言葉が非常に印象深かったです。
香山リカさんは、新聞などでコラムを見つけるとつい読んでしまいます。鷲田さん流に言えば「自分の言葉」を持っていらっしゃる一人だと思います(香山さんの全ての論説に賛成というわけじゃありませんが)。

最近読んだ某新聞に載っていたのですが、マツコ・デラックスさんの「言葉」で非常に心に残った言葉がありました。それまではあまり好きじゃなかったマツコさんでしたが、以来、結構気になる人になりました。

投稿: ぺろんぱ | 2013年1月22日 (火) 19時36分

ぺろんぱさん、ばんはです。
昨年末も見逃しました・・ルミナリエ(×_×)

>このシリーズ?は久々ですね。(*^_^*)

以前に中断してたメモを観たら「2011.5」となってました。
実に・・放ったらかしでした。。

>今回は鷲田さんと香山リカさんの言葉が非常に印象深かったです。

どちらの方の言葉にしても、突き詰めれば「自分を持て!」って
事なのかも知れませんね。
ワタシも、プライベートの究極な部分に関してのみは
「自分」を持ってるつもりですが、その他の殆どは「右へ倣え」
となってたりします(×_×)

>香山さんの全ての論説に賛成というわけじゃありませんが)。

それも大事です。
更に突き詰めて、自分自身も疑わなければ!  ・・っておいおい。。

>マツコ・デラックスさんの「言葉」で非常に心に残った言葉が
>ありました。それまではあまり好きじゃなかったマツコさん
>でしたが、以来、結構気になる人になりました。

ワタシは、マ※コさんが出てるだけで何だかチャンネルをかえたくなってしまいますね(⌒〜⌒ι) 部屋のTVが大きくなったんだけど、総じてつまんないバラエティ番組ばかりで泣きたくなります(×_×)

投稿: TiM3(管理人) | 2013年1月23日 (水) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『源氏九郎颯爽記/白狐弐刀流(1958)』☆ | トップページ | ☆『ビフォア・ザ・レイン(1994)』☆ »