« ☆『ファミリー・ツリー(2011)』☆ | トップページ | ☆『ソウル・サーファー(2011)』☆ »

2012年6月15日 (金)

☆『ドライヴ(2011)』☆

高松に戻ってからの事。

商店街の中にあるミニシアター“ソレイユ”で公開中の『ドライヴ』を観て来た。

どんな作品なのか、予備知識など殆どなかったが・・別作品でその予告編を観て以来、気になり続けてたワタシである。

ロサンゼルス。

昼はカースタント専門のドライバー、そして町工場の自動車整備士。
夜は強盗犯の逃走を手助けするドライバー。

そんな“2つの顔”を持つ孤独な男=キッド(ライアン・ゴズリング)。
彼がある日、同じアパートで出会ったのは、刑務所に服役中の夫を息子=ベニシオと共に待つ女性=アイリーン(キャリー・マリガン)だった。

次第に惹かれ合う2人。しかし、いよいよ夫=スタンダード・ガブリエルが出所して来る事に。

夫婦から静かに離れるつもりだったキッドだが、収監中の借金の返済に追われるガブリエルの苦境を知り、その手助けを申し出た事から、凶悪な犯罪組織に眼をつけられる事となる・・

総じて言えば「演出が凶暴(暴力的)に過ぎるだけのB級アクション」なんだが、作品の端々に漂う「主人公の孤独感」の見せ方がムチャクチャにエエ感じだった!

何だかもう、主人公が(意味なく?)楊枝をくわえてる時点で「やるな、こいつ!」ってな威圧感がビンビン伝わって来る(=^_^=) 「チ※ウ・ユ※ファかあんたは!」と思わづ突っ込みたくなるような快感が“B(級)嗜好派な観客”の全身を駆け抜け、エレクトを誘う事、請け合いだ(=^_^=)

キッドのなさる事がタイトル通り「ドライヴ(運転)」だけかと思いきや・・中盤以降は銃を撃つわ、トンカチ振りかぶるわで「やりたい放題」だった! 敵の組織が当初こそ恐ろし気に描かれてる・・と思いきや、その実メチャメチャ構成員が少なくて爆笑(=^_^=)

「旦那さんが出所して来はる」って時点で、誰もが「つか、出て来られても邪魔なンですけど?」と感じてしまうんだが、そこからの「物語の突っ走りぶり」は確かに“猛ドライヴ”しててスゴかった。

残虐シーンがちょっとどうかなぁ・・とは時折感じたが、、序盤の『レオン(1994)』『コラテラル(2004)』『悪人(2010)』に通じる「夜」や「孤独感」の描写、そして中盤の『ブリット(1968)』を思わせるカーチェイスの(適度な)ド派手さが素晴らしかった!

肝心な事は殆ど(劇中で)描かれてないんだけど・・「いきなり恋に堕ちる事だってある」「いきなり殺される事だってある」なんてな可能性を前もって“予習”しておく意味でも、本作を観る価値はあるように思う。

〜 こんなトコも 〜

・ハンドルに腕時計を結びつけ、5分間を計測・・電波時計なのそれ?
・「キミら、(雰囲気的に)※※に似てるやんか!」なしとたちがごっそり登場してくれ、楽しかった。ライアン・ゴズリングは草刈正雄に、キャリー・マリガンは岡本綾に(←最近、お元気なのでしょうか?)、バーニー役のしとはハーヴェイ・カイテルに、ブランチ役の赤毛さんはサンドラ・ブロックに、ロン・パールマンっぽいしとはロン・パールマンに(←だから、本人だっつの!)
・ロスってこんなにもヤヴァい街だったんか?! 
・主人公は“運転のスキル”以上に“近距離殺人(ショート・キル)のスキル”が高過ぎてスゴかった! 劇中で最初に殺(や)っちゃうトコで、顔面が血まみれになり茫然とするんだが・・「初めて人殺しをしちゃったい」と言うよりも「また殺しちゃったい」って言いたげな表情だった。絶対に元海兵隊員で、これまでに多数の人間を殺めとるハズや!
・同業者(=逃がし屋)とか、しつこい刑事役とかのキャラも配して欲しかったかな。
・『TiME/タイム(2011)』でも使われてたと思しき、水路(?)っぽいロケーションが印象的だった。
・右腕をザックリ切り裂かれたら、もうそれで“終わり”なのね(×_×) しかしアレは、防ぎようがないかな(×_×)
・運動靴でガンガン踏んで、頭蓋骨って踏み砕けるもんなの? プロドライバーならではの“脚力”ってトコか?
・「銃社会」なのに、相手に気安く背後を見せるって・・どうかしてる!
・たまに“行動予知(予測)”してる主人公が、シャーロック・ホームズみたいだった(=^_^=)
・進行やラストに大きく関わって来そうなキャラが、不意をつかれ次々に“退場”する辺りは予測不能だ!
・もっと「逃がし屋稼業」の仕事っぷりが観たかった。
・銃ぐらい、背広に忍ばせとけよ、パールマンさんよ。
・波打ち際で“退場”したあのしとが、1番安らかだったようにも思う・・
・本作を観ると、しばらくは「握手」がコワくなる・・(×_×)
・サソリの刺繍が派手に入ったシルバーのスタジャンを愛用する主人公。何だか『ファンキー・モンキー・ティーチャー(1991)』を連想しちゃったぜおい(=^_^=)
・「質屋の店員(店長?)」「中盤のチェイス相手(運転手)」など・・良く分かんない(=人間としての造型描写が殆どない)人物も多かった。
・「貴様の脳味噌は猿以下だ!」とボスに叱責されとる部下がいたが、横にいたロン・パールマンっぽいしと(←だから本人だってば!)の方が明らかに猿っぽかった!
・序盤、主人公の車がヘリに追われるシーンでは「地面を照らすサーチライト&音だけ」で、ヘリは実際に飛ばしてなかったんかも!
・敵組織の“組織感”“恐ろしさの描写”は『キック・アス(2010)』の方が数段上だった。
・ロスのしとがパッと思いつく「トンズラ先」は、メキシコとかベリーズとからしい。
・相手の額に釘を打ちつける(←未遂)・・ってノリは、船戸与一の小説『伝説なき地』を彷彿とさせる。。

〜 こんなセリフも 〜

キッド“10万のストリートのある街だ・・逃走経路なら任せろ”
   “5分間は必ず待つ。だがそれを過ぎたら面倒はみない”
   「ロスには・・前からいる」
   「仕事は“運転(ドライヴ)”だ。スタントマンはバイトさ。
   「送るのはいいが、俺の車にはタイヤがついてない。
    5分待ってくれ」
   「寄り道は?(Do you see something?)」
   「いいんだ(It's OK.)」
   「週末はヒマなんだ。ドライヴはどう?」
   「こう言うのはどうだ? 自分で黙るのと、
    俺に黙らされるのと」
   「今のは“適当な返事”かい?」
   「何があろうと5分間は待つ。だが、5分経ったら
    待ってると思うな」
   「銃は持たない。運転だけだ」
   「こんな状況でも、嘘をつくのか?」
   「これから話す事が真実じゃなきゃ、痛め付けるぞ」
   「“サソリとカエルの話”と同じだ。
    ヤツは川を渡れなかった」
   「ある所へ行き、もう帰れない」

アイリーン「“デラックスなガブリエル”は?」

シャノン「インパラはカリフォルニアじゃ良く見かける。
     つまりは“目立たん車”なのさ」
    「監督が“横転シーン”をお望みだ。500ドルでどうだ?
     だが、断わってもいいんだぞ」
    「俺もあんたの“隣人”になりたいもんだ」

ベニシオ「サメは悪人に決まってる。良いサメなんかいるワケない。
     見れば分かるじゃん!」

ガブリエル「“第2のチャンス”は貴重だ。だから祝わないと」

※「惚れた女の夫の借金を返そうと、盗み出す男は珍しいな」
 「手前ぇ・・シロウトだな?」
 「黙れ。貴様の脳味噌は猿以下だ」
 「貴様も俺のようにさっさと“邪魔者の後始末”をしろ」
 「“悪い報せ?” いや、これは“悪い運”ってヤツだ」
 「これでいい。心配するな・・痛みもなく死ねる」
 「生涯、背後を気にしなきゃならなくなるぞ」
 「“思い描いてる夢”があるなら、諦めろ」

キッド「握手したいが・・手が(油で)汚れてる」
バーニー「汚れてるのは、俺も同じだ」

バーニー「勝てそうか?」
キッド「・・だとイイが」

アイリーン「うるさいでしょ?」
キッド「警察に通報しかけた」
アイリーン「してもイイのよ」

ベニシオ「“これを無くすな”って」
キッド「預かってもいいかい?」

キッド「5分以内だぞ」
ガブリエル「4分で戻るさ」

|

« ☆『ファミリー・ツリー(2011)』☆ | トップページ | ☆『ソウル・サーファー(2011)』☆ »

コメント

ドライバーに名前があったんですか!
TiM3さんのブログで初めて知りましたよ(笑)

もっとも緊張した質屋からのシーンがよかったです。
できれば、そこから『バニシングin60』レベルのカーチェイス見たかったです。
控え目なキャリー・マリガン、なかなか魅力的でした^^

投稿: ituka | 2012年6月16日 (土) 01時26分

itukaさん、お早うございます。

朝から河川敷での清掃活動に参加して来ました。
確かに早起きすると、1日の活動時間が長くなったような、トクしたような気分になりますね〜

>ドライバーに名前があったんですか!

本名じゃなかったと思いますけどね(=^_^=)

主人公名が「キッド」と聞くと(殿下の)『パープル・レイン』を思い出します(×_×)
因みに「キット」だと『ナイトライダー』でしょうか(=^_^=)

>もっとも緊張した質屋からのシーンがよかったです。
>できれば、そこから『バニシングin60』レベルのカーチェイス
>見たかったです。

謎のクルマが横並びしつつ静かに停車する辺り・・
「間違いなく、何か、おっ始まるぞ」と期待値を高めてくれますね!

あんなに高速でバック出来るとは思えませんが、あのぐらいの
カーチェイスでワタシはちょうど良かったと思ってます。

『007/慰めの報酬』の冒頭シーンの次ぐらいにカッコいいかな?

>控え目なキャリー・マリガン、なかなか魅力的でした^^

主人公をひっぱたく気丈さも良かったですね。
廊下に座り込んで(?)休憩してるポーズに、キュンとなりました(=^_^=) ←騒がしい屋内に疲れただけだよ

投稿: TiM3(管理人) | 2012年6月16日 (土) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『ファミリー・ツリー(2011)』☆ | トップページ | ☆『ソウル・サーファー(2011)』☆ »