« ☆『ガス燈(1944)』☆ | トップページ | ☆『ドラゴンへの道(1972)』☆ »

2011年7月29日 (金)

☆『グラン・ブルー完全版/デジタル・レストア・ヴァージョン(1988)』☆

ハナシはかなりさかのぼって、18日(月曜)。
その日は「連休最後の夜」って事で、いつものように帰松を急ぐワタシの(クルマの)姿が、高松道にあった。

無事に辿り着いたワタシが、自室でひと息ついてからTVを点け、約1時間35分ほどの遅れ(×_×)で観始めたのは・・BSP(プレミアム)で放送された『グラン・ブルー完全版/デジタル・レストア・ヴァージョン』である。

実在したダイバー=ジャック・マイヨール(1927-2001)をモデルに、フリーダイビングの世界記録に挑み続ける2人の漢(をとこ)・・ジャック(ジャン・マルク・バール)とエンゾ・モリナーリ(ジャン・レノ)の友情と成功争ひ、1人の女性=ジョアンナ・ベイカー(ロザンナ・アークエット)を巡る愛の行方を描く。

物語自体が“脚本に縛られてない”って印象があり“良くも悪くも”約170分と言う長尺の上映時間の割に、中盤から観始めても、それはそれで作品世界について行く事が出来た(・ω・)

こう言うのって、近年のリュック・ベッソン監督作品においては、なかなか実現し得ない境地(?)だと思う(=^_^=)

最初に本作を観た時は、とにかくジャックの「溺れそうな、苦しげな表情で、陸(おか)で暮らす様子」ばかりが気になってしまい、妙に“彼の言動&価値観”に肩入れしてしまったモノだが・・今回、久しぶりに観たワタシは、とにかくエンゾが一手に引き受けている「ムードメーカー役」としての立ち位置&頑張りぶりにこそ感心させられた。

何と言うか、エンゾがポイントポイントで出て来て、主人公らを煩わせる(?)展開こそが、とっても心地良く感じられるのだ。

ってなワケで・・エンゾこそが、本作の“キーキャラ”であった事をはっきりと掴んだ。

それ故に、彼が“退場”してからは「物語全体が重苦しいトーンで、失速を始めた」かのようにも見えた。

「ジャック&ジョアンナだけじゃ、この先、この世界観を引っ張って行けないんじゃ?」とまで感じたモノだ。

・・

何となく、この時代のジャン・レノの方がパワフルで破天荒で、確かに魅力に溢れてた!

ワサビを平然と口に放り込んだり(2001)、チューインガムを大袈裟に噛んでアメリカ人のフリをしたり(1998)、ナイフを落っことしてスパイチームを危機に陥れたり(1996)・・そんな事をされても、ジャン・レノのファンは嬉しくも何ともないワケだ!(=^_^=)

〜 こんなトコも 〜

・『ティファニーで朝食を(1961)』において“ユニオシ氏”を眼にした時と同様、本作に登場する“余りにステレオタイプ過ぎる日本人ダイバーチーム”の描写にも、何となく“ベ※ソンの悪意”を感じ、イライラしてしまった(=^_^=) 取って付けたような「どうしたんや?!」みたいなニホン語もムカつく〜(=^_^=)
・ジャックの横たわる寝室の天井に、波打つ海面が出現!! 「素晴らしい!」と思う半面「ドリフのコントかよ!」とも小さくツッコんでしまった(・ω・)
・ヒロインを力演したロザンナさん。何処がどう・・って事はないんだが、総じて“アホ面”に見えてしまう。すすす、すんません。

〜 こんなセリフも 〜

エンゾ「中止だと? ご親切な事だな」
   「お前は正しい・・海の底はいい・・快適だよ」
   「俺を海の底に・・お前が連れて行け・・頼むよ」

ジョアンナ「“私の世界”の話がしたい・・貴方の事よ」
     「行きなさい。私の愛を見るのよ」

ジャック「“海から上がる理由”を見つけるのが難しい」
ジョアンナ「私にも悩みが・・“ここにいる理由”が見つからないの」

|

« ☆『ガス燈(1944)』☆ | トップページ | ☆『ドラゴンへの道(1972)』☆ »

コメント

やっと観ました!
やたら長い作品だけど、てぃむさんのようにお忙しい方には途中からでも作品世界に入り込めるというのは嬉しいですね(笑)

わたしは(たぶん)オリジナル版が印象に残っていて、大好きなジャン・レノが素敵なお気に入り作品だったんですけど、今回完全版を観てみたら随分と印象が変わりました。
やはり、女からみるとあのラストの選択は酷いなと思ってしまいます。

とはいえ、海の魅力は大いに伝わってくる作品でしたね。

投稿: 宵乃 | 2011年7月31日 (日) 14時48分

宵乃さん、お早うございます。

先日まで映ってた地デジのチャンネルが、
いきなり映らなくなってたりして、ワケが分かんなくなってます。

受信料を返せ!(=^_^=)

>やたら長い作品だけど、てぃむさんのようにお忙しい方には
>途中からでも作品世界に入り込めるというのは嬉しいですね(笑)

ちょいとお洒落な海沿いのカフェとかで、延々と店内で上映
し続ける・・的なのにおあつらえ向きなのかも。
壁にクリスチ※ン・ラ※センの有りがちっぽい絵が飾ってあったりして(=^_^=)

>わたしは(たぶん)オリジナル版が印象に残っていて、
>大好きなジャン・レノが素敵なお気に入り作品だったんですけど、
>今回完全版を観てみたら随分と印象が変わりました。

冗長なのも、善し悪しがあるのかも知れませんね。

>やはり、女からみるとあのラストの選択は酷いなと思ってしまいます。

「愛を見て来い」みたいな事をヒロインが言ってましたが、
その意味するトコを考えると・・深そうですね。

>とはいえ、海の魅力は大いに伝わってくる作品でしたね。

ワタシは海水がキライなのですが(・ω・) 眺める分には素晴らしい情景でしたね。

投稿: TiM3(管理人) | 2011年8月 1日 (月) 06時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『ガス燈(1944)』☆ | トップページ | ☆『ドラゴンへの道(1972)』☆ »