« ☆レンタル掲示板が消滅・・(×_×)☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »

2011年3月20日 (日)

☆【覚え書き】「SeeThru for MacBook Air」を外すにあたって☆

今回は「単なる覚え書き」である。

「実は困ってます」って方(で「ネットで探してるけど見つからなくて」って方)のみの参考となれば幸いかと思いまして(・ω・)

・・

計画的に衝動買い(=^_^=)した“MacBook Air(13インチ)”であるが、ちょうど良い筐体ケースがないモノか、色々探してたトコロ、あまずぅんにて「SeeThru for MacBook Air」なる“ジャストフィットかつシースルー(=スケルトン)仕様な樹脂カバー”を見つけ、早速購入した次第☆

で、このケース。
装着し易く、見映えもかなり良いンだが・・「気軽に脱着する」って使い方にはそぐわない・・って言うか、手短に書くと「装着し易いが、すこぶる外しにくい」と言うそれなりの弱点(?)があるのだ。
(ま、コレは「個体差によるモノ」かも知れないが)

ワタシなんかも、軽い気持ち(?)でパチッとはめ込んだら(装着したら)、ガッチリ固定されてしまい、外すに外せなくなってしまった(×_×)
そもそもが「試し装着」のつもりだったから、ケースと本体のスキマにホコリとかゴミが入ってしまい「カッコよろしくない」のである。。

で、帰阪した今朝から、脱脂用のアルコールを傍に置きつつ「外しましょうわい!」と作業を始めたが・・

天板側(パーツ)の手前の固定爪×2 が、ガッチリはまってて、ビクともしないワケだ(×_×)

1)爪楊枝を差し込み、持ち上げんと試みる ⇒ 楊枝の先端があえなく折損
2)耳かき(竹製)の先端を差し込む ⇒ 先端が割れ、ささら状態となる(☉д☉)
3)爪で強引に持ち上げようとする ⇒ こっちの爪が剥がれそうになる(×_×)
4)強引に外さんと力を込める ⇒ ケースが割れそうで怖い(ってか、きっと割れるだろう)

と、色々やってみたがどれも巧く行かず「トホホ状態」に陥ってしまった。。

・・

で、結論。

「爪を強引に外すんじゃなく、要するに、固定部分が外れたら(パス出来たら)それで良い」ってことで、
ケースをずらし(本体からスライドさせ)外せばイイ」と言う簡単な結論(⌒〜⌒ι)に到達したのだった!

“真上に動かそうとしてどうにもならなかったモノを、
 左右に動かしたトコロ、すんなり解決出来た”

ってことで「ちょいとした教訓だね、こりゃ」と気づいたワタシである。

本記事を参考に、1人でも多くの方が「SeeThru for MacBook Air」を破損しないことを願うばかりである(・ω・)

※記事中の無断リンク、失礼します。

|

« ☆レンタル掲示板が消滅・・(×_×)☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆レンタル掲示板が消滅・・(×_×)☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »