« ☆『沈まぬ太陽(2009)』☆ | トップページ | ☆『太平洋の奇跡/フォックスと呼ばれた男』☆ »

2011年2月15日 (火)

☆『プロフェッショナル/仕事の流儀』を観た☆

14日(月曜)。世の中じゃ、今日は“何か特別な日”ってことらしいが・・特にピンと来ないワタシ(=^_^=)
いつものように、1人寂しく(=^_^=)帰宅し、1人寂しく夕食を済ませた(←別に苦痛でもなんでもないからイイけど)

・・

久々に観てみたのは、某国営放送でやってた『プロフェッショナル/仕事の流儀』って番組。各方面のプロフェッショナルに密着取材し、その流儀を学ぼう、みたいな主旨のプログラムである。
(んでも、世界が違い過ぎるため「ほげ〜」とか、アホ面をしつつ眺めるしかない場合が多いが(⌒〜⌒ι))

今回(第156回)は、ニューヨークを拠点に“独創的なデザインで、世界を驚かせ続ける”デザイナー=石岡瑛子さん。
昭和14年の生まれにして、今なお現役バリバリな方である!

うっすらと、ご尊名をうかがったことのある方だが・・コッポラ監督の『ドラキュラ(1992)』で衣装を手がけられた、と番組内で紹介されており「あ、何か覚えてる!」と少し記憶がよみがえった。
ゲイリー・オールドマンが“紅い甲冑”を身にまとってたアレである(←間違っても、トム・クルーズではない(=^_^=)←作品が全く違うし)。

※その後も『ザ・セル(2000)』や『落下の王国(2006)』の衣装デザインを手がけられたそうだ(ウィキによる)。ただ、前者は全く記憶に残っておらず、後者は未見であるため・・ワタシごときにゃ、何とも評価(コメント)出来ませぇん(×_×)

番組は・・とにかく“枯れてはらないし、枯れる兆しもない、パワフルなしとやなぁ”と言う第一印象のまま、終わってった感。

ものすごく「自身のデザインに納得(妥協)しない」と言おうか・・納期ギリギリまで細かい仕上げにこだわり、より良く(?)しようと言う姿勢を強く感じた。

以前に観た、ココ・シャネルの伝記作(?)で、ファッションショーの開幕寸前まで、細部に大胆にハサミを入れてた彼女(ココ)を観たように記憶してるので“良く似たタイプ”の方なのかも知れぬ(ある意味、常に“不安な気持ち”を抱えたはるのかも知れぬ?)。

ハリウッド関係では、脚本家=ポール・シュレーダーや、演出家&監督=ジュリー・ティモアとタッグを組んではったりして、それはそれで興味津々だった。(んでも、ティモア監督作『タイタス(1999)』の衣装デザインじゃなかったのね、、)

ヴィジュアル的に(=美貌を武器に、、)ガンガン行かはる感じの方・・ではなく、そこはやはり、世界に出て行って勝負を懸けた“魂”や“熱意”の部分が“才能”を爆発させ“運”を引き寄せはったのだろう。

ちょっと手垢のついたような(?)表現をすれば「(何かを)持っていた」ってコトなんだろう(=^_^=)

〜 こんなキーワードも 〜

“誰にも真似出来ない、革命的な、時代を超えるデザインを”
“(衣装の)1ミリ(の違い)が、世界(=全体の印象)を変える”
“総てのデザインには「意味」がある”
“自分の総てを、燃やし尽くすこと”

〜 こんなセリフも 〜

「過去を(自分の周囲に)飾りたくはない。過去の仕事は、終われば“ゼロ”に」
「たとえ“オスカー”がこの棚に5つ並ぼうと、
 私は(変わらず)必死で“何か”をやっているだろう」
「イメージを膨らませ、とんでもない世界を・・」
「コスチュームと言うより、キャラクター(そのもの)を造ってると思う」
「描いてる内に“情熱が固まって行く”と言うか・・」
「生き物の造型が、創作意欲をかき立てる」
“脳の引き金”を引かれる感じ
「“これと言う色”が、まだ出来ない」
「きちっとした仕事は、(現場)全体を緊張に導く」
「良いもの(衣装)を造り、あてがうと・・演者(パフォーマー)も劇的に変わる」
「様々な制約と向き合いつつ、目指す理想ににじり寄って行く」
「“毎日続けられるもの”をやる・・それが若さの秘訣」
「心の赴くままに、NYの色々を見て回った」
「黒澤監督の『七人の侍』をNYで観て、
 “本当に突き詰めたものだけが持つ、圧倒的な力”を感じた」
「自分にしか出来ない“圧倒的なデザイン”がある筈」
「いいの。それは“理屈”じゃないの
「この修正は、デザインの要(かなめ)なのよ」
巧く行かない日だったわね、昨日は
「もっと、全体の調和を・・」
「目指す理想に、一歩一歩詰め寄って行く感じ」
「まだこのデザインには“良くなる余地”があるわ」
「まだ“旅の途中”だから・・」
「“目隠しされた馬”みたいに、走り続けるようなもの。
 寝ていたい人には「物好き」だと思われるだけでしょうけど」
「与えられた条件をクリアしつつ、もっと高い答えを生み出すのが、
 本当のプロフェッショナル」

追記1:石岡さんは「問題ない」を“Don't worry. Be happy.”と英訳したはった(・ω・)
追記2:巨額の投じられとるミュージカル版「スパイダーマン」であるが・・肝心のスパイダーマンのコスチュームの頭部が、妙にむくんでて、カッコ悪く見えたんだけど・・そこはエエの?

|

« ☆『沈まぬ太陽(2009)』☆ | トップページ | ☆『太平洋の奇跡/フォックスと呼ばれた男』☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『沈まぬ太陽(2009)』☆ | トップページ | ☆『太平洋の奇跡/フォックスと呼ばれた男』☆ »