« ☆『情婦(1957)』☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »

2010年10月11日 (月)

☆大阪をダラッと歩く☆

10日(日曜)。

正午過ぎまでグゥガァと惰眠を貪ったワタシは「これではアカン!」と自らに鞭打って(←だったらもっと早起きしろよ)、電車で大阪方面に出かけることとした。

まずは京阪バス⇒京阪電車⇒地下鉄御堂筋線、と乗り継ぎ心斎橋駅で下車する。
本日は、どうやら午後から「御堂筋Kappo(カッポ)」なる“御堂筋歩行者天国化計画”が実施されたようで、昨日迄とは打って変わった好天も手伝ってか、地上は通行人で賑わっていた。

1.アップルストア心斎橋 ・・ 久々の訪問。ノートPCの買換えを漠然とながら検討しており、狙ってるマシン(の実機)を少し触ってみる。ジーニアスな(?)スタッフのしとがすり寄って来はったが「見てるだけだからイイです」とやんわり断る⇒途端に誰も寄り付かなくなる。ああそうか、そんなに「買えなさそうな奴」に見えますか・・グスン(⌒〜⌒ι)
他に、新型の“iPod Touch”を少し触ってみる。これまでより更に薄くなってて感心。
私的には「もう湾曲した背面デザインは廃止して良いのでは?」「もう指紋のペタペタ目立つメッキボディ(背面)は廃止して良いのでは?」「イヤホンジャックを本体上面に移し、底面左右にステレオスピーカーを配したらどやろ?」「LEDフラッシュは未搭載なんやね」などと勝手なことを感じたが、総じてはイイ感じ☆
カメラ(アプリ)に「HDR(ハイダイナミックレンジ)」撮影機能は未搭載らしかったが、その程度なら今後のOSアップデートでどうにでもなるんだろう。

2.四天王寺界隈 ・・ 心斎橋からフルウォーキングでもって、久々に「勝鬘院(しょうまんいん)愛染堂(あいぜんどう)多宝塔(天王寺区)」に行ってみた。
大阪市内、それも中心部で“由緒正しい寳塔”を拝もうと思ったら、この塔の他には「藤田美術館(の敷地内)にある多宝塔(都島区)」に行くしかなく、ロケーション的にも貴重な1基である(・ω・)
この塔は高台に建ってることもあり、太陽が西に傾いている時に拝観が叶えば、陽の当たり具合が何とも言えぬ感動を呼び起こしてくれる。
ただ、塔の眼の前が駐車スペースなので、無粋な風景となってしまうこともあるが・・まぁ市内の立地を考えたら仕方ないんだろう。
遠くから近くから、あらゆる方角から、2台のキャメラで撮影しまくる。と言ってもケータイ&コンデジに過ぎなかったが・・(・ω・)

3.「与勇輝・創作人形の世界」展 ・・ 帰りに京阪・守口市駅と直結されてる京阪百貨店に寄り、(9月30日~)10月12日までの期間で開催されてる、人形作家=与勇輝(あたえゆうき)氏の展示を見て来た(同百貨店の「開業25周年記念」企画らしい)。
入場料:500円だが、それ程高いとは思わなかった。
前々から同氏の手がけた布人形を写真で拝見する機はあったが“実物”を目の当たりにするのは初めて。近くで見て、当然のことながら「ホンマに布製なんや・・」と感心する。
「にっぽんの原風景」「郷愁」「童(わらべ)」などをテーマに人形を制作&配し、雄弁な物語性を実現させてはるんだが、私的には“往年のハーレイ・ジョエル・オスメントくんにそっくり”な少年人形(立ち姿)と、小津安二郎監督の代表作『東京物語(1953)』の1シーンを再現した、原節子さんの人形(座り姿)の2者が気に入り、会場内を2〜3周もグルグル回り、彼らばかりを眺めていた(=^_^=)
作品集&販売グッズに載せられてる“うたた寝系”の人形群が全く(本展の)ラインナップに含まれてなかったのは残念だったが、鑑賞の価値は確かにあったな! と。
少年期(少女期)特有の「利発さ」「無邪気さ」「大人びた表情」「もの憂げな表情」などを見事に表現しておられる。
同氏の人形群は「正面から&斜め上から見下ろすアングル」もイイんだが、ワタシは「横顔」がとてもイイと思った。
また、総じての表情を「何処かで見たことあるな・・」と思いつつ、結局は思い出せずに帰宅したら・・先に同展を見て来た家人が「いわさきちひろの(描く作品の)影響があるのと違う?」と決め打ってた(・ω・)
そう言えば、確かに表情&雰囲気に共通する部分があるように思える。

それと、会場で「ニングル」と言う妖精をモティーフにした連作人形のコーナーを眺めてたとある小僧が、人形を指して「耳が・・耳が“アバター”」と言ってたのが何とも面白かった(=^_^=)

追記1:とある少年人形(座り姿、2体)。「靴下の中の足指の曲がり具合」までを表現してる観察力&再現力はスゴかった!
追記2:本日の歩数 ・・ 約9400歩。

|

« ☆『情婦(1957)』☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »

コメント

おはようございます。
猫に起こされ続けて、結局二度寝を諦めてしまいました。
10日はすっかりお天気も回復して絶好のウォーキング日和となりましたよね、良かったですね。

>ジーニアスな(?)スタッフのしとが

私は(私こそ本当に)単に「見てるだけ」の時、その製品の何たるかをも分かってない状態でスタッフの人に高度な説明を受け始め、分かった振りして頷いてたら収拾がつかなくなって困ったことがありました。^^;

百貨店内の美術館(或いはそれに類する催し物ブース)は、散歩の途中で立ち寄るにはほど良いスペースでいいですよね。
与勇輝・いわさきちひろ作用説、なるほど、です。
作品のイメージで其処へ行きつかれる御家人、感性が豊かでいらっしゃいる証拠ですね。(*^_^*)

投稿: ぺろんぱ | 2010年10月11日 (月) 06時15分

ぺろんぱさん、ばんはです。

今日は早起きされたんですね!
3文ほどトクした気分ですね☆ ←3文って何やねん、、

>猫に起こされ続けて、結局二度寝を諦めてしまいました。

あらら、、 朝食よこせーッ! って感じなのかな?

>10日はすっかりお天気も回復して絶好の
>ウォーキング日和となりましたよね、良かったですね。

ノド乾いたので、ノンアルコビールの缶を片手に歩いてました。
健康的なんだかどうだか分かりませんが、、

>分かった振りして頷いてたら収拾がつかなくなって
>困ったことがありました。^^;

そんな貴女は
「ハイテク商品押し付け詐欺」にご注意をば・・(⌒〜⌒ι)

>作品のイメージで其処へ行きつかれる御家人、
>感性が豊かでいらっしゃいる証拠ですね。(*^_^*)

両者のコラボ企画はホントにあったようです!

そうなると(ちひろと接点のあった)金子みすゞと(与氏)のコラボ展も
有り得るかも知れませんね。

投稿: TiM3(管理人) | 2010年10月11日 (月) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『情婦(1957)』☆ | トップページ | ☆ちょこっと&ぼちぼち再開の“エエ言葉”☆ »