« ☆『アリス・イン・ワンダーランド:3D』☆ | トップページ | ☆『ダーリンは外国人』☆ »

2010年5月 7日 (金)

☆溜まっとる「鑑賞メモ」を取り敢えずさっさとサバいときたくて(その1)☆

・・で、駆け足気味に書いときますよってに。

♦『チャーリーと14人のキッズ(2003)』

4月13日(火曜)の夜、衛星第2で放送されたのを観た。
ワタシにとっては久々の“エディ・マーフィーもの”であるが、半王道的な(?)サクセスストーリーでもあり、安心して楽しめた☆

エディと言えば「絶頂期」を過ぎちゃって久しい感じで・・ちと(昔ほど)元気(=勢い)のない印象を受けるが、代わりに“真面目さ”“深み”が増したようにも見受けられる。後は“転機となる作品との出会い”だけなんだろうけど・・やっぱり今も、ギャラとかかなり要求してそうな気がするなぁ(=^_^=)

“軍隊式保育”で有名な、ハリダン園長(アンジェリカ・ヒューストン)の「チャップマン・アカデミー保育園」に負けじと、ある日突然“リストラ”されたチャーリー・ヒントン(エディ)&フィルが保育園を立ち上げる!

当初こそ、子供のあしらい方(?)が全く掴めず、園内&子供らの性格がメチャクチャになって行くが・・やがてはハリダン園長も対抗意識を燃やし始めるほどの評判となり・・

大物女優であるアンジェリカさんが「実にイヤ~なキャラ」を見事に演じておられる。何とも天晴な女優魂!
エキセントリックなキャラ=マービンを演じるのが“基本イケメン系”なハズ(?)のスティーヴ・ザーンなのも、ちょっと意外性があって面白かった(“スタートレックマニア”の青年であり、園児と“クリンゴン語”で会話したりする!)。

いわゆる“ジョン・グッドマン系”な(主人公の)同僚=フィル役のジェフ・ガーリンって男優さんも憎めなくて良かった。
園の立ち上げ直後、園児に股間を蹴られ、バルコニー(?)付近でのたうち回って苦しむシーンがあるが、場面が変わりしばらくして(再び)映されても・・まだ痛みにのたうち回ってるのが気の毒で笑えた。“あの痛み”は確かに、長引くもんなぁ・・

“痛み”と言えば、エディも「園児に脛を蹴られ、その激痛に耐えつつ、怒ったような表情でその保護者に答える」その顔つきが最高だった(=^_^=) 今、思い出しても笑える。ああ言う笑いってば、害がなくて良いと思う。

~ こんなセリフも ~

チャーリー「クビになったよ(F-I-R-E-D.) つまり、仕事を失ったのさ(I lost my J-O-B.)」
     「長く経営する気はないさ。取り敢えずは破産を免れるためだ」
     「おいで。家族3人で“団結のハグ”だ」
     「今、息子のオムツを替えといて・・将来自分がオムツになった時、息子に替えさせろ」
     「コーヒーとかお茶とか水とかは如何? もしくは秘薬とか?」
     「甘い物を食べると、子供は暴走する」
     「“大きな過ち”に気付いたよ」
     「(知識を)詰め込むんじゃない。子供の望みを聞いてやるんだ」
     「稼げないだろうって? “カネよりも大事なもの”があるのさ」
     「笑いながら、帰るとするよ」

ハリダン「庭師さえ良ければ、苗木は立派に育ちます」
    「面白さが鬱陶しさに変わり・・今は(彼らに)ムカついてるわ」
    「良くって? 人生には勝者と敗者しかいないの・・そして勝者は、勝つために汚い手だって使う」
    「“楽しさ”には勝てないわ・・新芽のウチに摘んどくべきだったわね」

チャーリー「入園してくれて、あなたは恩人だ」
母親「何かあったら、タダじゃおかない」
チャーリー「・・・」

フィル「考えが甘かったな」
チャーリー「(俺の顔で)分かるか?」

チャーリー「一体、児童は何人いるんだ?」
フィル「分からんさ・・みんな走り回るから」

チャーリー「さてと、君は何を勉強したい?」
園児「赤ちゃんの作り方を!」
チャーリー「・・・」

チャーリー「君のペットは何処だい?」
園児「タランチュラなんだけど・・どっかに逃げちゃった」
チャーリー「・・・」

元上司「この負け犬め!」
チャーリー「その負け犬に子供を預けて、カネ払ってるくせに」

ハリダン「これが証明書? こんなの、ただの紙切れじゃない」
フィル「ただの紙切れってのが問題なら、後で“ラミネート加工”するさ」

チャーリー「どうした?」
キム「久しぶりに、あなたの顔が輝いてるわね」

マービン「あんたは“カーク船長を裏切った、ミスター・スポック”よりもタチが悪い」

追記1:オープニング曲の、いったん中断する演出が面白い。
追記2:『スタートレック』の第35話に登場する“トリコーダ”って機械(?)がネタになってた。。
追記3:マービンが「読んだ」と言ってたのが『スポック博士の育児書』・・決して『スタートレック』ネタではないそうで。
追記4:ワタシが初めて友人同士で劇場に行き、観たのが『ゴールデン・チャイルド (1986)』だった。懐かしいなぁ・・(当時はエディその人を良く知らんかったし(=^_^=))

|

« ☆『アリス・イン・ワンダーランド:3D』☆ | トップページ | ☆『ダーリンは外国人』☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『アリス・イン・ワンダーランド:3D』☆ | トップページ | ☆『ダーリンは外国人』☆ »