« ☆『m:i:III(2006)』☆ | トップページ | ☆『ティム・バートンのコープスブライド(2005)』☆ »

2010年3月30日 (火)

☆『パコと魔法の絵本(2008)』☆

29日(月曜)の夜。帰宅してから“春の感動シネマSP(←セキュリティポリス?)”なる特番を組んで“地上波初”放送されたファンタジー邦画『パコと魔法の絵本』を観た☆

劇場公開当時、かの『ウォンテッド(2008)』と“ハシゴ鑑賞”した記憶のある本作(←思えば濃ゅいね〜)

元々は舞台劇だったのを「豪華キャスト&キラキラCG」でゴテゴテとデラックスに仕上げた感もあるが・・取り敢えず、邦画にしてはムチャクチャにカネ&手間のかかってる気がした(⌒〜⌒ι)

が、悲しいかな・・本来「ノンストップ」で楽しむべきトコが“CMカット”でズッタズタに切り刻まれてたのんがツライし悲しかった。世界観に没入したままイッキに観ないと、この手の作品はワヤなんですワ。

劇場鑑賞時は、その圧倒的な映像群に気圧(けお)されたか(=^_^=) やや、評価の甘くなってしまったワタシだが・・今回落ち着いて観ると、まず「死・記憶喪失・ヤクザ」なる“無難に当たる(=ヒットする)脚色の3要件”が総て物語に盛り込まれており「ベタやな〜」ってツッコミがどうしても出てしまった。

そう言や、役所広司&妻夫木聡って『ローレライ(2005)』でも共演してたんやなぁ、と。よもや、こげな怪作(←すんません、、)で再び顔合わせしようとは、お互い予想だにしなかったんではなかろうか(=^_^=)

中盤までは(今回も)映像にかじり付いてしまったワタシだったが、後半からは集中力も削がれてしまいダラダラ観てしまってたように思う。ちょっとテンションが変な方向に高くって、疲れてしまった今回の鑑賞ですた(×_×)

劇作家の後藤ひろひと氏は、熱烈なファンから「陛下」「お上(かみ)」と呼ばれてるそうだが(←ホンマかい)、今後も手がけた作品が映画化されてくのか、少し楽しみなご仁ではある。

〜 こんなセリフもありました 〜

看護婦「あんたって、まるで湯豆腐だね・・歯応えがない」
   「ビビってねぇで、芝居やれよ! 俳優だろ?」
   「あんたは・・“その子の夢”だった」

パコ「昨日、あたしに触った・・大貫の、この手が」

大貫「けど、強くなきゃ、会社も興せなかったし、財産だって・・」
  「私は、この子の心に居たいんだよ!」

医師「何かしてあげたいんですね? あの子に」

堀米「悲しいですね。人間なんて」
  「訊く前に(反対と)決めておいた方が、面白いじゃないですか」

浩一「お気に召さなくても、真実は真実でしょ?」

大貫「あんた、猿に撃たれてここに運び込まれて来たのか?」
ヤクザ「あかんのかぇ! ・・面(おも)ろかったら、笑(わろ)たらよろしいやん」

追記1:「記憶をなくすが故、何度も同じ1日を新鮮に(?)過ごすことの出来る幸せ(←かは微妙だが)」「記憶を保持出来るが故、そんな人を前に、何度も同じ1日を共有させられる哀しみ」もあるんやな・・とフト思った。

追記2:ここに白湯(さゆ)があります・・じゃない。ここに過去のレビューがあります。

|

« ☆『m:i:III(2006)』☆ | トップページ | ☆『ティム・バートンのコープスブライド(2005)』☆ »

コメント

こんばんは。

確かにCMで中断に次ぐ中断っていうのはテンション
“下げ下げ”でしたね。

>熱烈なファンから「陛下」「お上(かみ)」と

劇団時代は「大王」でした。(*^_^*)

>そんな人を前に、何度も同じ1日を共有させられる哀しみ

哀しみを乗り越えたところの感情に達することができればいいのですが。
近年増加の某病に対する姿勢なんかにも通じるものがあるかもしれませんね。

改めて今回観返してみますと、加瀬クンにもうちょっと頑張って欲しかったかなぁと。(他の出演者さん達がスパークし過ぎてたのでしょうか・・^_^;。)

投稿: ぺろんぱ | 2010年3月31日 (水) 19時54分

ばんはです。

高松でも『パコ』が観られてホッとしました(=^_^=)

>確かにCMで中断に次ぐ中断っていうのは
>テンション“下げ下げ”でしたね。

『嫌われ松子』の“地上波初”の時も、途中で緊急会見番組となって、中断されましたっけ・・
とことん「中断」に縁(ゆかり)ある監督さんなのかも知れません(⌒〜⌒ι)

>劇団時代は「大王」でした。(*^_^*)

そうらしいですね(=^_^=) でも「陛下」っぽい響きのご尊名で良いですね。

>近年増加の某病に対する姿勢なんかにも通じるものがある
>かもしれませんね。

「パコの眼で観た世界」を再現したからこそ、本作の映像はあそこまで過剰にキラキラしてたんでしょうか?

>改めて今回観返してみますと、加瀬クンにもうちょっと
>頑張って欲しかったかなぁと。
>(他の出演者さん達がスパークし過ぎてたのでしょうか・・^_^;。)

阿部ちゃんがあそこまで前に出ちゃうと、劇団ひとりなんかは
かなり存在感を押し殺されてた気もします。

追記:ひょっとしたら、皆が揃って現場に集合したのって、殆どなかったのかも?
もし「別撮り」ばっかりだったとしたら・・そいつは寂しい限りですね(×_×)

投稿: TiM3(管理人) | 2010年3月31日 (水) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『m:i:III(2006)』☆ | トップページ | ☆『ティム・バートンのコープスブライド(2005)』☆ »