« ☆『女の子ものがたり』☆ | トップページ | ☆『ファイナル・デッドサーキット:3D』☆ »

2009年10月13日 (火)

☆『戦慄迷宮3D/THE SHOCK LABYRINTH(フッテージ版)』☆

12日(月曜)の夜。
「連休の最終日やし、ささやかに外食でもしよう」と考え、またまたクルマを走らせて“イオン綾川”へと向かった。
ここは飲食店群も活気があり、同じ食べるにしても楽しい気がする。

“高松サティ”の方が圧倒的に近いし、決して悪くはないんだが、、どうにも飲食店街の活気に欠ける気がしたりする。そんなのはワタシの勝手な私見に過ぎないが(・ω・)

んで「食べること」はさておき(←さておくなよ)、気になってた1本『戦慄迷宮3D』を観るべく“ワーナー・マイカル・シネマズ綾川”へと向かったワタシ(=^_^=)

当初は「チケット購入⇒食事⇒開場⇒入場」・・の流れで行動を予定してたが、チケット売り場で「戦慄迷宮、次の上映、大人1枚」と元気良く伝えたトコロ、明らかに係員さんに動揺の走った感があった。

「・・そんなに怖いんかな?」と少しゾクッとしたが、どうやら“そっち系(←どっち系?)の理由”ではなく(=^_^=) 上映形態についてのモノだった。

ワタシはな〜んも知らずに観に来たんだが、この“フッテージ上映”ってのは
「編集版の無料体験上映」ってことだそうだ。あ、まだ一般公開されてなかったのネ・・(×_×)

上映時間=約7分ってことで、コレを観てから食事に行くこととした。

今や崩れかけた“廃病院”の中で、1人の少女が行方をくらませた。
そして10年後、帰って来た彼女。

かつての事件を知る男女が、再び“廃病院”に集まることとなるが・・

舞台となるのが“廃病院”なのか“廃病院の形をしたアトラクション施設(=お化け屋敷)”なのかが、イマイチ良く分かってなかったりするが(・ω・) 監督が『呪怨』シリーズの清水崇氏だけあって、独特の“ドヨンとした不愉快さ”が感じられて良い。

今回の上映の特徴は「配布された3D眼鏡を掛けて観る(観賞後に回収)」「セリフが一切ない(効果音はあり)」「解説字幕は英語表記」など。

効果的に3Dを表現するため「止まる雨粒」「こちらに向かって指差すキャラ」「通路&廊下を映すアングル」「回転しつつ宙を飛んで来る縫いぐるみ」などの映像演出&テクニックを積極的に用いている。

私的に「イヤやな・・」と感じたのは、道具としあちこちに配置されてるマネキンが動き出し、迫って来る脚色。

更に、近年の(高度な)CG&メイク技術などを駆使し「隣にいる仲間がいきなりマネキンになる」みたいなのもやってくれてる!
両眼や関節が“有り得ない動き”をするのんがホンマに“イヤ〜な感じ”だった。

俳優陣がラディッシュではないか? 結局はストーリー的にパラレル&破たんしてるっぽいのではないか? 奇妙なだけで怖くないのではないか? ・・と色々な不安はあるも、都合がつけばきっと観に行くような気がする(=^_^=)

なんせ、実は(案外と)怖いもの好きですから・・

|

« ☆『女の子ものがたり』☆ | トップページ | ☆『ファイナル・デッドサーキット:3D』☆ »

コメント

こんばんは。

一瞬びっくりしましたよ!
あわてて公式サイトに飛んで上映劇場のチェックしちゃいましたから(爆)

フッテージ上映されてるんですね。
ココ最近多いですよね~
『アバター』のフッテージで、そういうのがあることを知りました。

この『戦慄迷宮3D/THE SHOCK LABYRINTH』の舞台って
富士急ハイランドのアレですよね。

投稿: ituka | 2009年10月13日 (火) 22時41分

itukaさん、ばんはです。

今夜は1時間ほどジョギングしたんですが・・
直後にラーメン屋で
完食はするわ、酒は飲むわで、走った意味がすっかりなくなってしまいました(⌒〜⌒ι)

>一瞬びっくりしましたよ!
>あわてて公式サイトに飛んで上映劇場のチェックしちゃいましたから(爆)

ワタシもそう言う上映方式ってのを知らず、わずか7分間のために
往復1時間ほどかかるシネコンに出かけてしまったのでした(・ω・)

>ココ最近多いですよね~
>『アバター』のフッテージで、そういうのがあることを知りました。

そうなんですか〜 知らんかった。

>この『戦慄迷宮3D/THE SHOCK LABYRINTH』の舞台って
>富士急ハイランドのアレですよね。

そのようです。最長&最恐がウリらしいですが、
1時間もお化け屋敷に放り込まれたら、どうにかなっちゃいそうですね(=^_^=)

投稿: TiM3(管理人) | 2009年10月14日 (水) 00時46分

 「実は案外と怖いもの好き」のTiM3さん、こんばんは。
きっちり、「怖いもの大苦手」のぺろんぱでございます。

廃病院といえば・・・小学校の低学年の頃、通学路を少し逸れたところに確か廃病院があって、いまのようにおしとやか(えぇーっ!?)でなかった私は、友達数人と「探検しよう!」って意気込んで件の病院へ入っていったのですが・・・真っ先に悲鳴を上げて逃げ出したのは私であったという、なんともトホホな思い出がございます。
あの頃から<あかんたれ>の素地が形成されていたのでございましょう。

私のトホホ談はさておき、「フッテージ版」なる言葉を初めて知りました。勉強になりました。
予告編では時を経れば忘れられる可能性はあっても、こういう形でのインプットだと公開まで作品がワイプアウトされることは先ず無いのでしょうね。

>>『アバター』のフッテージで、

先日梅田ブルク7に行った際に、『アバター』のチラシを入手しました。
itukaさんのブログにもレヴューがアップされていましたね。
この作品の映像には興味を抱いています。

投稿: ぺろんぱ | 2009年10月14日 (水) 20時45分

ぺろんぱさん、ばんはです。

レスが(極めて)遅くなり済みません。。
もぞもぞと起き出して(・ω・) ちょこちょこっと書いております。

>きっちり、「怖いもの大苦手」のぺろんぱでございます。

んでも『AvsP』がお好きなんですよね・・(⌒〜⌒ι)

>廃病院といえば・・・小学校の低学年の頃、通学路を少し逸れた
>ところに確か廃病院があって、いまのようにおしとやか
>(えぇーっ!?)でなかった私は、友達数人と「探検しよう!」
>って意気込んで件の病院へ入っていったのですが・・・

誰しも、記憶の何処かに「気になってた建造物」みたいなのんが
ありますよね。
ワタシも、近所の酒屋の地下倉庫がどうなってたのか? とか
近くの社員寮の厨房がどうなってたのか? とか
色々と探検したかったものでした。

捕まったらこっぴどく暴行されると思い、勇気がありませんでした(×_×)

>あの頃から<あかんたれ>の素地が形成されていたのでございましょう。

今からでも、取り戻せますよ!

生駒山上遊園地の「お化け屋敷」で、自らを試されては?!
(エラいまた、ローカルやねぇ・・)

>私のトホホ談はさておき、

もっと聞きたい!(=^_^=)

>「フッテージ版」なる言葉を初めて知りました。勉強になりました。

ワタシもその2日前に知ったぐらいです(=^_^=)

>こういう形でのインプットだと公開まで作品がワイプアウト
>されることは先ず無いのでしょうね。

制作側がスポンサーを安心させるための、大規模なデモンストレーションの1つ、
って気もしますね。。
(ま、本作に限っては(公開の)寸前過ぎて、その意味はないですが(=^_^=))

>先日梅田ブルク7に行った際に、『アバター』のチラシを入手しました。

お、もうゲットされましたか!

>itukaさんのブログにもレヴューがアップされていましたね。
>この作品の映像には興味を抱いています。

良く観たらぜんぜん違いますが(=^_^=) あの異世界の住人(?)の
雰囲気を眺めてて、アニメ作品『銀河鉄道の夜(1985)』の猫人間(?)
を連想してしまいました(・ω・)

『アバター以後』なる言葉が(映画ファンの中で)果たして誕生するのでしょうか?

投稿: TiM3(管理人) | 2009年10月15日 (木) 02時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『女の子ものがたり』☆ | トップページ | ☆『ファイナル・デッドサーキット:3D』☆ »