« ☆『007/ダイ・アナザー・デイ(2002)』☆ | トップページ | ☆『あなたは私の婿(ムコ)になる』☆ »

2009年10月21日 (水)

☆『エアフォース・ワン(1997)』☆

たまってるレビュー(その2)

18日(日曜)の夜、中盤から鑑賞。地上波の『日曜洋画劇場』で放送されてたモノである。

改めて気付いたのが、ウィリアム・H・メイシー(ナントカ少佐役)の助演。あんなに終盤まで頑張ってくれてる存在なのに、出演すら知らなかったとは・・(×_×)

一方で、ラデク(羅木人形?)将軍を演じたユルゲン・プロホノフ氏ってば“セリフなし”だったんやろか?
『Uボート(1981)』『キリング・カー(1986)』『ヒバリーヒルズ・コップ2(1987)』辺りからのご活躍の印象がちと薄いンだが・・そうか、本作の少し前に『マウス・オヴ・マッドネス(1994)』があったんやなーと(=^_^=)

因みに、あの作品では、ヘイデン・クリステンセン君が、まだ子役やったんやなぁ・・(・ω・)

〜 こんなことも 〜

♦大統領の一家を「ファーストファミリー」と呼ぶことを改めて知った。まぁ、確かに・・。
♦終盤の「コールサインを変更する。リバティ24はこれよりエアフォース・ワンとなる!」のセリフは素晴らしい。公開当時、劇場で観ていたら、きっとウルウルしたことだろうな。
♦後半、機体後部のデッキからパラシュートなしで多数が転落してた・・(×_×)
♦「逃すな!撃て!」 何とか、門は走り出たんだけどねぇ・・(×_×)

〜 こんなセリフもありました 〜

イワン「(妻と娘の)どっちを殺す? さぁ決めろ! ホワイトハウスでいつもやってることだろ? 神様気取りでな」
   「すまんね。解放すると言ったのはウソだ」

大臣(?)「歴史は今の君の決断を評価する」

|

« ☆『007/ダイ・アナザー・デイ(2002)』☆ | トップページ | ☆『あなたは私の婿(ムコ)になる』☆ »

コメント

こんばんは。

私も何度目かにもかかわらず、(ダイ・アナザー・デイじゃないですが)ついつい観てしまいました。
そして、ハリソン・フォードってつくづく“正義の人”なんやなぁって感じた次第です。

もうご老境にさしかかっておられるようですが、一度“もの凄い(非人間的な)悪役”っていうの、見てみたい気もします。
そういえば、『ホワット・ライズ・ビニーズ』では“決していい人とは言えない”役柄でしたが。^_^;
でももっと病的なまでに毒のある役っていうのを一度…。
私が知らないだけで、過去にありましたっけ??


投稿: ぺろんぱ | 2009年10月22日 (木) 21時59分

ぺろんぱさん、ばんはです。
そちらも夜半は寒いのでしょうね・・

>そして、ハリソン・フォードってつくづく“正義の人”なんやなぁ
>って感じた次第です。

メイシーさんも大物俳優G.O(=^_^=)も、ちと精彩を欠いてたような気がします(・ω・)
一番おいしかったのは。グレン・クローズさんだったかも・・(・ω・)

>でももっと病的なまでに毒のある役っていうのを一度…。
>私が知らないだけで、過去にありましたっけ??

病的と言えば、やはり思い浮かぶのは『モスキート・コースト(1986)』でしょうか? リヴァー・フェニックス君の父親役を演じてたんですが、狂信的に突っ走ってましたよ。

まさに「怪演」でした(・ω・)

投稿: TiM3(管理人) | 2009年10月23日 (金) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『007/ダイ・アナザー・デイ(2002)』☆ | トップページ | ☆『あなたは私の婿(ムコ)になる』☆ »