« ☆『おくりびと(2008)』☆ | トップページ | ☆『キラー・ヴァージンロード』☆ »

2009年9月24日 (木)

☆『しんぼる』☆

23日(水曜)。
泣いても笑っても(⌒〜⌒ι)連休の(ひとまず)最終日である(×_×)

特に中盤からの2日間に関し「ダラダラし過ぎた!」と言う自責の念があり、今日は何としても「休みならではのコト」がしたいぞー! と考えた次第。
・・と言いつつ、昨夜の移動(=帰松)の疲れから(←高速をタラタラ流しただけだが)またも“寝だめ”してしまった今朝だった(×_×)

本日は、午後から“ワーナー・マイカル・シネマズ綾川”へと向かい、2作をハシゴ鑑賞して来た☆ 奇しくも日本の誇る鬼才(?)2人の作品を連続して観ることとなった次第だが、はてさて・・(・ω・)

1本目は松本人志監督&主演による新作(=監督第2作)『しんぼる』である。
結構、客の入りは良かった気がする。“綾川シネコン”だから、全席指定席制だったし(=^_^=)

観終わった周囲の観客の声に耳を傾けると「松ちゃん1人で頑張り過ぎ」「やっぱりちょっとついてけない松本世界」とかチラホラと・・
私的には「前(監督&主演)作『大日本人(2007)』より、ラストまでやる気を持続させてたやん(=^_^=)」とは評価したい。ちょっと「あの(程度の?)ネタ」で、あそこまでワールドワイドにハナシを引っ張りますか〜? ってのはあったけど(=^_^=)

メキシコの山岳地帯(Lana Rumorosaと言う町の近くらしい)。シスター・カレンの荒っぽく運転するピックアップトラックが砂埃を上げ、画面を走り抜ける。
その向かう先には、シスターの父である(中年の)現役マスクレスラー“エスカルゴ・マン”が待機していた。

ヒール(悪役)レスラー(El super Demonio&Tequila Joe)を相手にしてのタッグ試合(相方はaguila de Plataなる選手)「スペシャル・リクエスト・マッチ」が執り行われようとするその日の午後、彼の妻は「相手はひと回りも若いわ」と心配し、息子アントニオは学校で“エスカルゴ・マンなんか、へなちょこレスラーさ”とからかわれる。祖父のみは「若さよりも経験さ」と意に介さないが・・

一方、何処かの白い部屋で、名も無き“おかっぱ頭の男(松本)”が目を覚ます。誰により、どうやってここに運ばれたのか? 全く思い出せない(もしくは語らない)男。白い大きな部屋の壁に“とある小さなスイッチ”を発見したことから、脱出を図ろうとする彼だが・・

いやー、何とも本格的なメキコロケを敢行してくれてました!(=^_^=) かの地の空気感(=渇き感)までもが活写されてたようで、ある意味『バベル(2006)』辺り(?)に迫れてたかも、と。中盤以降の「ルチャリブレ(Lucha Libre)」のドサ試合みたいなのんも、荒削りな演出がスゴかった! これらは日本の監督がなかなか斬り込んで行かない(行けない)世界であり、その意欲は素直に評価したい!

その一方で、松ちゃんの自作自演による“シチュエーションコント(所謂「密室劇」?)”を延々見せられてる気がした(=^_^=) 何だかね・・面白いんだけど、ちょっとそのネタ(←関連する総てを含む)だけで「そこまで引っ張りますか〜?」みたいな(=^_^=)

総じて簡単に評すると「お下品」「ナンセンス」な前半と、妙に「宗教チック」と化す後半による、松ちゃんならではのメッセージコント(?)って感じか?
「白い部屋」の出来事が世界中に影響してるような辺りは「究極の“バタフライ効果”かよ!」と突っ込めて楽しい。
しかし、メキシコでは「とことんまで」引っ張っといて・・ロス(LA)、ロシア、中国でのあの演出力の低さ(?)って何やろ?(=^_^=)

そう言う意味では、やはり「終盤のパワーダウン」は否めないのかも知んない。
でも、私的には「次作も付き合ってみても良いかな?」と思ってはいる。

『キューブ(1997)』『ブルース・オールマイティ(2003)』なんかを連想させる着想ポイントや、ブライアン・デ・パルマを茶化したような(=^_^=)「画面3分割」、タランティーノに殴り掛かるような(=^_^=)「アメコミ調描写」はワタシの中で、結構ツボにハマったし!

あと、考えたら本作ってホンマに“女人禁制”な世界観やったなぁ、、
苦し紛れに(=^_^=)助演女優賞を狙うなら、シスター・カレンぐらいしかおらんか、、(⌒〜⌒ι)

〜 こんなことも 〜

・スイッチの「複数同時押し」をもっとやって欲しかった。
・マヨネーズで歯磨き・・?(=^_^=)
・これからしばらくは、何かスイッチを押す度に「ほっ」とか言う“反応音”が何処かから聞こえて来そうな気がして怖い(=^_^=)
・松ちゃん、ターザンみたいやったでぇ〜(=^_^=)
・食べ物を粗末にしてませんでしたか? ちゃんと撮影終了後、スタッフみんなで食べましたか?(=^_^=)
・「ガムテ」でもって「台車のコマを固定」ってのはどうでしょう?
・山のように盛った※※の先端からスイッチの頭が・・(中は)どうなっとんじゃい!?
・読んでみたい、倉木けん作の野球コミック『ダイヤモンド』。DVDソフト発売時の特典にどうすか?(ただし6巻のみ入ってない(=^_^=))
・盆栽(梅の開花)やトロ(変色)で時間の経過を表現するのはなかなかイイ!
・「飛び出す犬」は恐かった!
・余りに寂しい「おひとりツイスターゲーム」
・(キッス(KISS)を思わせる)中年ヴィジュアル系バンド「CROW」のメイクしたボーカルは“ハーヴェイ・カイテル”入ってたかも?(=^_^=)
・松ちゃんって『遊星からの物体X(1982)』のファンなんやろか?

〜 こんなセリフもありました 〜

男「すいません、ここ、何処ですかねー!?」
 「帰りたいんですけどー?!」
 「何なんですかねー?」
 「あ、醤油ね・・って遅いんじゃあ!」
 「良っしゃあー!」
 「はいっ、くさ〜い!」
 「って言うか、今の何?」
 「・・無理やな!」

アントニオ「本当に強い者は、その力を見せずに隠してるのさ」

追記:いきなりブッシュ、オバマの2人の(合衆国)大統領の映像が出て来たのにはびっくり! ハリウッド作品以上に世界を意識しとるみたいや(=^_^=)

|

« ☆『おくりびと(2008)』☆ | トップページ | ☆『キラー・ヴァージンロード』☆ »

コメント

あのガムテをも突き破る反発力は凄かったですよね!
そのまえの、連続押しのしつこさに少々飽き飽きしてたら
前席の高校生らには大受けしてたみたい(笑)

メキシコパートに力を入れ過ぎた分、他とのバランスが悪かったです。
ロシアのマジックショーは、もうちょっと見たかったかも(爆)

投稿: ituka | 2009年9月27日 (日) 08時22分

どもです!

>あのガムテをも突き破る反発力は凄かったですよね!

形状的には、平常状態なのにね(=^_^=)

>前席の高校生らには大受けしてたみたい(笑)

もうちょっと小さいお子ちゃまだと「おならプー」な演出に大受けかも知れませんね(=^_^=)

私的には“女っ気”がなさ過ぎて、少々物足りなかったのす、、

>ロシアのマジックショーは、もうちょっと見たかったかも(爆)

マジシャンのおっちゃんと、アシスタントのおばちゃんが、如何にも腐れ縁的な夫婦って感じで、
何か最近でも、しつこい夜の営みをやってそうで、眺めてて妙にオェッとなりました(おいおい)

投稿: TiM3(管理人) | 2009年9月27日 (日) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『おくりびと(2008)』☆ | トップページ | ☆『キラー・ヴァージンロード』☆ »