« ☆『ディア・ドクター/Dear Doctor』☆ | トップページ | ☆何気ない土曜日☆ »

2009年7月 7日 (火)

☆『英国王・給仕人に乾杯!(2007)』☆

6日(月曜)の夜。実は“シネマサービスデー”でもあったこの日。
何の予備知識もなく、また正直、期待感もさほどなかったんだが(おい!)「興味なき作品を、敢えて観てみるのも面白いかも知れんよ、キミ」とふと考え、アーケード内のミニシアター“ソレイユ”で、細々と(?)上映されてたチェコ映画『英国王・給仕人に乾杯!』を観て来た☆

(映画に疎い)一般の高松市民各位ともなると、ワタシ以上に財布のヒモが堅いとみえ(?)“シネマサービスデーだのに”寂しい入場率となってしまってた(・ω・) いや、意外と悪くはなかったんだけどねぇ・・

チェコ共和国の首都=プラハの某所にある「再教育監獄」から、15年もの刑期を終え、1人の老人が出所した。
彼の名はヤン・ジーチェ。投獄により総てを失った彼は、当局(?)に指導されるまま「国境地域」へと向かい、そこで道路工夫(こうふ)の仕事を始める。

若い頃には駅のホームで、細々とソーセージを売っていたジーチェ。
「小銭を稼ぎ、いつかは百万長者となり、自分のホテルを所有するんだ!」と言う夢を心に秘め続けて来た、青年期以降の彼の半生が、チェコスロヴァキア(←分離前)の辿った“激動の時代”をバックに綴られて行く・・

小柄な青年がそこそこの女性遍歴を経て、そこそこにチャンスを掴みつつ成り上がって行く・・ってなファンタジックかつ“時代を駆け抜ける”テイストに『フォレスト・ガンプ/一期一会(1994)』を連想してしまったりも(トム・ハンクスは決して小柄じゃないけど)。
しかしながら・・中盤以降、作品世界は大きく“ハーケンクロイツ(鉤十字)”に覆われることとなる。。それにより、良くも悪くも作品世界が重厚に、かつドンヨリとしてしまってた感もあった(・ω・)

私的に「嬉しきサプライズ」だったのは、ふんだんに“エッチ系シーン”が盛り込まれてたこと☆
特に、主人公と親密な関係になってゆく“アーリア人至上主義者”のリーザ・パパネクさんのご尊顔が、ワタシの好みになかなか合致しており、このしとを眺めてるだけでハッピーな気分に浸ることが出来た(=^_^=)
他にも欧州美人が多数登場するし、その殆どが“美しきおっぱい”を惜しげもなく(?)見せてくれるのには、自身の中で溜飲の上がる間がなく(=^_^=)素晴らしかった☆

また、そこそこにCG描写(不気味な“モーフィング”など)もあり、そこそこにグロテスクな描写(戦傷兵など)もあり、で予測不可能っぽい半生記には仕上がっていたかな、と。

しかし・・決定的な「これアカンやろ!的描写」こそないモノの・・正直(作品全体に対し)PG指定をかけといた方が良かったんじゃ?・・と思ってもしまう本作であった(・ω・)

〜 こんなトコも 〜

♦大富豪の楽しみの1つで“真夏の庭に冷凍庫を持ち出し、雪合戦をする”ってお遊びをやってた☆
♦第2次大戦当時、ドイツ女性(アーリア女性)を妊娠させるには“精液検定”に合格する必要があったらしい(×_×)
♦“優生学研究所”の屋外プールはなかなかに楽園状態☆ 全裸のドイツ姉ちゃんが、泳ぎまくってます(=^_^=) あっこら! おっさんは全裸で泳ぎなや!(苦笑)
♦“ハイル!(総統閣下万歳)”の際に挙げるのは「右手」が正しいらしい。
♦「チホタ荘」から「研究所」へ・・所有者こそ代われど、あの「2階」の使われ方はさして変わんなかった(⌒〜⌒ι)
♦戦時中のプラハでも“女体盛り”みたいなことをやっとったんやね。。
♦ラスト、老いたジーチェがカメラ目線で観客に語りかけるのが印象的。あれは監督の狙いか? それとも・・主演男優のアドリヴ?(んな訳ないか(=^_^=))

〜 こんなセリフもありました 〜

ジーチェ“幸運はいつも、不幸とドンデン返しだった”
    “大抵の人間は、道に落ちたコインを拾わずにはいられない”
    “飲み仲間と罵倒し合えば、ビールが美味くなること・・を彼らは知っている”
    “床に札束を敷き詰める筈が、こんなトコロで砂利を敷き詰めている”
    “直しているのは道路か? 自分の人生か?”
    「君は男好きな女だね? 眼を見れば分かる」
    “何も見るな、何も聞くな。だが、総てを見よ、総てを聞け。と「給仕の心得」を教え込まれた。
     かくて私は、何も見ずに総てを見、何も聞かずに総てを聞いた”
    “学ぶべきことを、学べる場所へ!”
    「人間は愚かで、悪意に満ちている、と。それは真実だと?」
    “彼女の人生は、悲惨な程に美しい”
    「チェコ人は、戦争なんかしない」
    “鏡の中の自分の姿が、見れば見る程恐ろしく思えた”

ヴァルデン「何を買い、何処でそれを売るか・・それが“商売の総て”だ」
     「捨てたコインが、札束となって戻って来ることもある」

※「“幹に音楽をたたえる樹”が森には存在する」

リーザ「ボヘミアの辺境からカルパチア山脈まで、“総統”は総てのドイツ人を解放するわ」

|

« ☆『ディア・ドクター/Dear Doctor』☆ | トップページ | ☆何気ない土曜日☆ »

コメント

普段の生活がどんよりしてる時に
どんより系の作品は、ますます渦の奥深くに吸い込まれそうで怖い^^;
本作も乾杯!の邦題が付いてますね。
『人生に乾杯!』も含めてヨーロッパ映画の乾杯シリーズが出来そうですね^^

投稿: ituka | 2009年7月10日 (金) 22時06分

itukaさん、どもです。

>普段の生活がどんよりしてる時に
>どんより系の作品は、ますます渦の奥深くに吸い込まれそうで怖い^^;

ナチス系作品の場合「訴える部分の強み」はあれど、どうしても歴史的側面から「ドンヨリ化」は否めないでしょうね。

「上映出来ない」って国もあるのかも知れません。そちらを取り上げた時点で・・

>本作も乾杯!の邦題が付いてますね。
>『人生に乾杯!』も含めてヨーロッパ映画の乾杯シリーズが出来そうですね^^

同じ配給会社が絡んでるのかな?
ワタシとしては「もうちょっと良いタイトルはなかったの?」と思いますが・・

投稿: TiM3(管理人) | 2009年7月11日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『ディア・ドクター/Dear Doctor』☆ | トップページ | ☆何気ない土曜日☆ »