« ☆『サウンド・オヴ・ミュージック(1965)』☆ | トップページ | ☆『m:i:3(2006)』☆ »

2009年3月 6日 (金)

☆好きです! 恋愛映画! 嘘です!☆

って訳で(←ナニがだ)残業を終えて帰宅後、メールチェックしてみると、[mixi]系のメルマガに載ってたのが、

「米エンターテインメント・ウィークリー誌が最近25年間(1983年以降)に製作された恋愛映画の名作25本を発表」ってな記事だった。

折角なので、コレにコメントしてみたい。

(ここから引用)

ベスト25は以下の通り。

1.「タイタニック」(97)
2.「ムーラン・ルージュ」(01)
3.「ONCE ダブリンの街角で」(06)
4.「ブロークバック・マウンテン」(05)
5.「眺めのいい部屋」(86)
6.「エターナル・サンシャイン」(04)
7.「恋人たちの予感」(89)
8.「ザ・エージェント」(96)
9.「プリティ・ウーマン」(90)
10.「メリーに首ったけ」(98)
11.「シザーハンズ」(90)
12.「ロスト・イン・トランスレーション」(03)
13.「ダーティ・ダンシング」(87)
14.「ゴースト/ニューヨークの幻」(90)
15.「愛と哀しみの果て」(85)
16.「アメリ」(01)
17.「セイ・エニシング」(89)
18.「月の輝く夜に」(87)
19.「天国の口、終りの楽園。」(01)
20.「花様年華」(01)
21.「イングリッシュ・ペイシェント」(96)
22.「シド・アンド・ナンシー」(86)
23.「ウェディング・シンガー」(98)
24.「ピアノ・レッスン」(93)
25.「美女と野獣」(91)

(ここまで引用)

私的には『恋人たちの予感』や『ロスト・イン・トランスレーション』は「イイセンスやね!」と評価したいが・・一方で「それ、恋愛映画かなぁ?」「ベタやね〜」「ああ、あのバカップル作品、、」などと苦言を呈したくなるモノもあるような、ないような。

ワタシがこのランキングに捻り込ませる(=^_^=)とすれば『恋人までの距離(1995)』『リービング・ラスベガス(1995)』『レオン(1994)』『ノッティングヒルの恋人(1999)』はまず外せないかなぁ・・と。
どうせだし『ザ・フライ(1986)』『エム・バタフライ(1993)』『テルマ&ルイーズ(1991)』も入れちゃっとこうか?(=^_^=)

|

« ☆『サウンド・オヴ・ミュージック(1965)』☆ | トップページ | ☆『m:i:3(2006)』☆ »

コメント

こんばんは。

「好きやねん!大阪」を離れて「かなりやねん!遠方!]に行かれるのでしょうか?
このブログのタイトル「河北…」も変わるのでしょうか??

『花様年華』が入っているあたり、シブいですね。
『恋人たちの予感』は元気がもらえる大好きな作品です。また観返してみたくなりなりました。

あの~、、、
「バカップッル作品」と仰っているのが妙に気にかかるのですが・・・。
まさかあの世界的な大ヒット作品のことですか??
私は劇場で号泣して、発売後すぐにビデオソフトも購入したんですが・・・。主演した二人も好きです。なので、それじゃないことを祈ります。

『エムバタフライ』は究極の愛の形を描いた映画といえます!
是非入れてあげて下さい! ローン様も喜ばれることでしょう。(今はどこでどうしておられるのか・・・。)

投稿: ぺろんぱ | 2009年3月 6日 (金) 19時47分

ぺろんぱさん、ばんはです☆

>「好きやねん!大阪」を離れて「かなりやねん!遠方!]
>に行かれるのでしょうか?
>このブログのタイトル「河北…」も変わるのでしょうか??

小出しにネタをバラしてもいいんかな?(=^_^=)
えーと・・まぁユースケ・サンタマリアさん曰く「日本のソウルフードがある地」って感じ、、あんまり遠くないですよね(⌒〜⌒ι)

タイトルはどうしよう・・サブタイトルでも付けようかな、と考えてます。
・『河北妄想特区!/くろしおの詩』
・『河北妄想特区!/光の旅人』
・『河北妄想特区!/やつらはときどき帰ってくる』

何だか、サエないですね。。

>『花様年華』が入っているあたり、シブいですね。

知らなくて(×_×) ウォン河合さんの作品なんですね。

>『恋人たちの予感』は元気がもらえる大好きな作品です。また観返してみたくなりなりました。

ハリーとサリーのトークは軽いけど、時に深くて、時にブラックで楽しかったです。

>まさかあの世界的な大ヒット作品のことですか??
>私は劇場で号泣して、発売後すぐにビデオソフトも購入したんですが・・・。
>主演した二人も好きです。なので、それじゃないことを祈ります。

甲板でキャッキャッと追いかけっこしてる2人を眺めてた船員が、前方に眼をやると・・巨大な氷山が迫っていて・・と言う展開の作品ですが・・ぺろんぱさんのおっしゃっている作品でしょうか?(←だよ!)

>『エムバタフライ』は究極の愛の形を描いた映画といえます!
>是非入れてあげて下さい! ローン様も喜ばれることでしょう。
>(今はどこでどうしておられるのか・・・。)

ウィキペディア情報ですが、近年では『ローグ・アサシン(2007)』に出演されているそうです。。
観たいような、怖いような・・

投稿: TiM3(管理人) | 2009年3月 6日 (金) 23時58分

こんにちは。

ユースケ・サンタマリア!日本のソウルフード!
ああ、かの地に行かれるのですね。
いいところじゃないですか!ワクワク(*^_^*)・・・って、私がワクワクしてどーするんでしょうね^_^;。
でもよかったです。「シベリア妄想特区!」に改題しますと言われたらどうしようって思っていました。(どんな赴任やねん!)

しかし真面目な話、転居は勿論、その後も落ち着かれるまでいろいろと大変だと思います。お身体、大切になさって下さいね。

>バカップル作品

やっぱりね・・・^_^;。
今しがた、ラックから購入したソフトと特典でもらったポストカードを出してきて哀しく眺めたところです。

>近年では『ローグ・アサシン(2007)』

情報をありがとうございます。
(覚悟の上で)観てみたいと思います。

投稿: ぺろんぱ | 2009年3月 7日 (土) 11時57分

ぺろんぱさん、ばんはです。

ついに、念願の『チェンジリング』を観て来ました☆
これは・・イイですね。

>ユースケ・サンタマリア!日本のソウルフード!
>ああ、かの地に行かれるのですね。
>いいところじゃないですか!ワクワク(*^_^*)・・・って、
>私がワクワクしてどーするんでしょうね^_^;。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ(2004)』『眉山(2007)』『海がきこえる(1993)』なんかのロケ地巡りも自由自在かも知れません(=^_^=) ←お仕事、しなすわい!

>「シベリア妄想特区!」に改題しますと言われたら
>どうしようって思っていました。(どんな赴任やねん!)

それだと赴任と言うか抑留ですね、、

『シベ妄!』なる略称には、やや「後ろ髪を引かれる」モノがありますが(=^_^=)

>転居は勿論、その後も落ち着かれるまでいろいろと
>大変だと思います。お身体、大切になさって下さいね。

本当に、、ネットがなかったら、どうなってたことでしょう・・って何で過去形やねん、、

>今しがた、ラックから購入したソフトと特典でもらった
>ポストカードを出してきて哀しく眺めたところです。

普遍的な評価は別にして(おい)、確かに当時、ワタシもスペクタクル性には充分に魅了されましたけどね(⌒〜⌒ι)
LD(レーザーディスク)がリリースされるや否や、即座に買いましたから(⌒〜⌒ι)

>情報をありがとうございます。
>(覚悟の上で)観てみたいと思います。

YouTubeで『エムバタ』の映像を観てました。。ちとお顔が大きい感じですが、確かにミステリアスでカッコいいですねー、ローンさん。

投稿: TiM3(管理人) | 2009年3月 7日 (土) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『サウンド・オヴ・ミュージック(1965)』☆ | トップページ | ☆『m:i:3(2006)』☆ »