« ☆第81回アカデミー賞のこと☆ | トップページ | ☆『シリアナ(2005)』☆ »

2009年2月25日 (水)

☆『乱(1985)』☆

22日(日曜)の夜。
さる12月22日(月曜)の夜、衛星第2で放送された黒澤明監督の長編時代劇『乱』・・の後半1時間程度のみを録画しておいたものを観た。
何だかもう「録画してたこと」自体をすら半分がた忘れかけてたんだが・・(⌒〜⌒ι)ハードディスク容量を増やすために色々と知恵を絞る中で「さっさと観て、消そう」と考えたうちの1本である。

・・ってか、どんどん録り溜めたモノを観て減らせよ! と言うのが一番の解決法なのだけれど(・ω・)

「老けメイクのし過ぎ」ですっかり“おんじ状態”となった大殿(仲代達矢)が、ピーター演じるお小姓(?)と共に、どっかの城の石垣をバックにうだうだやってる一方、鮮やかに緑の広がる平原では、大規模な合戦が起ころうとしており・・

鮮やかなカラー映像、ワダエミによる“原色ベース”の甲冑群、約1分間もの長回し(!)で「河川(濁流)をイッキに渡り切る騎馬隊」がダイナミックに描かれる演出・・など、作品を構成する“1つ1つの要素”こそはかなり凄まじい訳だが・・それらを総じ「クロサワ作品」とし“厳しく眺めた”場合に、何とも言えぬ「吸引力の低さ」「冗長で、総花的ではあるも散漫な群像劇」ってなマイナスイメージがぐんぐんワタシの中で高まって行ったのだった(×_×)

“世界のクロサワ”による意欲作を鑑賞しながら他のことを考える、など大変に失礼なハナシなんだが・・思うには、
「突出したキャラクター=俳優の不在」が大きかったんじゃないかな? と勝手に決め打ってしまったワタシ。カメラが全般的に「俳優に余り寄って(迫って、懐に飛び込んで)いない」のも気になった。これにより、どうも映像が「客観的にただダラダラと続く」って印象を受けたのだ。
それはまるで・・クロサワ自身が、出演俳優らを評して“寄って撮るに価する者がいない!”と一刀両断にでもしたような・・そんな直感的な印象すら受けたモノだった。。

エキストラ、衣装、巨城の再現(建造)など・・ある意味において、かつての代表作『蜘蛛巣城(1957)』を資金的、物量的、映像的に完全に凌駕したかのようにも感じられる本作だが・・そのセンスと言おうか、完成度は『蜘蛛巣城』に全然及んでいないなぁ・・と少し切なくなってしまったワタシでもあった(×_×)

〜 こんなセリフもありました 〜

小姓「畜生! 人は泣くだけ泣いて、死ぬんだ!」
  「人はいつも道に迷ってる」
  「人間、昔から同じ道ばかり歩いてる」

「しかしな、この陣構えは穏やかではない、1つ間違うと合戦になるぞ」

家臣「大将、出陣の際、女人に心を残すべからず」
  「今こそ正念場じゃ、デンと構えて、(敵勢に)乗ずる隙を与えてはなりませぬぞ」

若殿「国境を侵(おか)すならそれもよし!」
家臣「勇ましいお言葉じゃ、が、言葉だけでは戦には勝てませぬぞ」
若殿「いつも俺の弱気を詰(なじ)っていた貴様は何処へ行った?」

大殿「惨いことをするな! 何故わしを墓から引きずり出す?」

家臣「魂を呼び戻してはならん! この上まだ大殿を苦しませたいのか!」
  「言うな! 神や仏をののしるな! 神や仏は泣いているのだ、いつの世にも繰り返すこの人間の悪行、
   殺し合わねば生きてゆけぬこの人間の愚かさは・・神や仏にも救う術(すべ)はないのだ」
  「泣くな! これが人の世だ・・人間は幸せよりも悲しみを、安らぎよりも苦しみを追い求めているのだ」

|

« ☆第81回アカデミー賞のこと☆ | トップページ | ☆『シリアナ(2005)』☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆第81回アカデミー賞のこと☆ | トップページ | ☆『シリアナ(2005)』☆ »