« ☆『ポセイドン(2006)』☆ | トップページ | ☆『ハチミツとクローバー(2005)』☆ »

2008年10月 8日 (水)

☆緒形拳さん、亡くなる・・☆

職場で、ベテラン俳優・緒形拳氏の訃報を(聞かされ)知った。享年71。

死因がまだ良く分かっていないが、何処かを患っておられたのだろうか?
ともあれ、ご冥福をお祈り申し上げたい。

私的には“余り俳優に詳しくない頃”に、山崎努さんと“出演作”を間違いそうになったりもし、
随分と失礼な言動もあったかと思う(ご本人の耳には全く届かなかったろうが、、)。。

思い出深いのは、何故だかドラマ『古畑任三郎』の1エピソード(←確かスペシャル版だった)で、行政解剖医(監察医、と言って良いのか?)を演じておられた“おみくじ殺人事件”での演技&存在感だったろうか。
“サロペットジーンズ”なる「何とも耳慣れないアイテム」の名と共に、別段覚え続ける必要もないのに、未だ記憶が抜けて行かない。。三谷幸喜、恐るべし!

映画で言うと『武士の一分(2006)』での剣術の師匠役と、何と言っても『隠し剣/鬼の爪(2004)』における“高島礼子にご無体なことをしちゃう、威厳はあるけどエッチなご家老”と言う、とてもとても複雑な人物を演じておられたのを思い出す。
最後はあっけなく“ぷすっ”とされちゃうのだが、この演技も深く印象に残ったものだ。

驚かされるのは、代表作(として報道されがちな)『砂の器(1974)』の出演時。
年老いた元警官を演じておられたが、実際には(当時)40歳に満たぬ実年齢だったこと。
確かに“回想シーンで若々しかった印象”がおぼろげながらあるが、それ程にお若かったとは!

お疲れさまでした。
邦画界の行く末を眺めながら、今はゆっくりとお休み下さい。

|

« ☆『ポセイドン(2006)』☆ | トップページ | ☆『ハチミツとクローバー(2005)』☆ »

コメント

こんばんは。
結局明かされた病名は肝癌だったみたいですね。

私が初めて深々と「拳さん、いいなぁ・・・」って思ったのはかなり古の某ドラマ(多分NHK)でした。そのタイトルさえ失念している今、その題名を探ってみようと思っている今です。

>代表作(として報道されがちな)『砂の器(1974)』

確かに、ですね。
でも『鬼畜』の緒形さんも凄かったです。

>邦画界の行く末を眺めながら、今はゆっくりと

本当ですね、あの深~い微笑を湛えながら・・・。

投稿: ぺろんぱ | 2008年10月 8日 (水) 21時21分

ぺろんぱさん、ばんはです。

明晩のBS2は『ゆれる』なんですよね〜☆
すごい! 素晴らしい!

>結局明かされた病名は肝癌だったみたいですね。

そうですね。薬物療法で、静かに進行を遅らせておられたのですね。

>かなり古の某ドラマ(多分NHK)でした。
>そのタイトルさえ失念している今、
>その題名を探ってみようと思っている今です。

ウィキペディアで、何らかのヒントが掴めると良いですね。
(必ずしも網羅されている訳ではないが、、)

>でも『鬼畜』の緒形さんも凄かったです。

良いらしいですね。
カッパノベルズの原作小説を小学生ごろ(?)に読んだ覚えがあります。
「子棄て」の物語でしたかね?

>あの深~い微笑を湛えながら・・・。

それにしても、、最後に出演された映画が『ゲゲゲの鬼太郎/千年呪い歌』だったとは。。(×_×)

投稿: TiM3(管理人) | 2008年10月 9日 (木) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『ポセイドン(2006)』☆ | トップページ | ☆『ハチミツとクローバー(2005)』☆ »