« ☆『男たちの大和/YAMATO(2005)』☆ | トップページ | ☆『デトロイト・メタル・シティ(D.M.C)』☆ »

2008年9月24日 (水)

☆“ほぅ、そうかね”☆

23日(火曜)。
「秋分の日」ってことで、仕事は休みだったが、昨夜の酒宴が響いたようで・・午前中は“ポンコツ状態”でベッドにただ横たわり、すっかり惰眠を貪ってしまった(×_×)
溜まってる新聞を切るとか、溜まってるビデオ(主に映画)を観るとか、、色々とやりたいこと・やるべきことはあったんだが・・「天気もエエし!」ってことで、またまたクルマを走らせ、奈良方面へと。

本日向かったのは、奈良市内にある“入江泰吉記念・奈良市写真美術館”であった。位置的には「春日大社の南、新薬師寺の裏手」なる立地。
界隈を“高畑”と言う。
初めて行った時は、道に迷ってるうちに閉館時間となってしまい泣かされたが(⌒〜⌒ι)一度場所を覚えてしまえば、ラクに辿り着けるようになる(←そりゃそうだ)。

展示スペース自体はもちろんであるが、私的にはロビーやら、庭園(って表現で良いんかな?)やら、そして何より古今の写真集&美術書がなかなかに充実している図書室が好きなのだ☆

ここへ入館するのは、確か(今回で)3度目となろうか。

明治〜昭和時代にかけての鉄道関係の写真を中心とした“奈良の鉄道〜明治・大正・昭和への旅〜”なる特別展示が今月末ごろまで開催されているが、そこを眺め、併設のミニシアター内でハイヴィジョン映像をしばらく鑑賞した(←んだが、疲れからか、殆どウトウトしてた(×_×))後、グッズ販売コーナーを冷やかし(←買わなくてすんません)、いよいよ待望の図書室へと向かった☆

前回の訪問以来、かなり気になってる写真集が1冊、そこに所蔵されてるのである。
その名も・・

“おじいさん〜笠智衆写真集(1992)”

個性派俳優・笠智衆の当時87歳にして“最初で最後”の写真集である(因みに笠氏は翌年(1993)、88歳にして逝去)。
彼が故郷の熊本、人生の多くの時間を過ごした鎌倉などを舞台に、気品溢れる好々爺(こうこうや)然とした姿で佇み、歩き、その静かな“生の姿”をプライベートフォト風に見せてくれる。
ワタシが惹かれたのは、笠氏の写真もそうなんだが、彼が写真の脇にポツポツと寄せてる「語り」なのであった。
で「この次に行った時は、全てを読み、気に入ったコメントは1ツ残らず覚えて帰ろう!」と心に決めてたワタシは、閉館時間の迫るのも気にせず(⌒〜⌒ι)ひたすら、彼のコメントをメモするのだった・・

そんな宝石のような言葉が以下である☆

1人になると急に日が永くなりますわい。

まあ、行ってごらん。むずかしいもんじゃないさ。

ほめられると、子供心に、これは悪いことはできないと思う。
子供をよくしようと思ったら、叱っちゃいけませんね。

どんなに欲張ったって、人間にはそれぞれ分がある。

酔っぱらいの演技は、飲まない人の方がうまいんです。

人間なんて、何でもできるだけのことはしとくもんだ。

原節子さんとはほとんど口をききませんでした。
僕みたいなのがおつきあいすると、あの美しさを汚すような気がしまして。

ああ、きれいな夜明けじゃった。今日も暑うなるぞ。

コメントの読破こそは遂に成し遂げたワタシであったが・・今は無性にこの写真集が欲しくなり(=^_^=)「あまずぅん」に出品されてる「中古商品一覧ページ」を眺めてはため息をついている次第だ。
いや、価格的には全然問題ないんだけどね・・あの図書室にわざわざ行き、あそこにあるその1冊をめくる・・てな楽しみを失うような気がしまして。

|

« ☆『男たちの大和/YAMATO(2005)』☆ | トップページ | ☆『デトロイト・メタル・シティ(D.M.C)』☆ »

コメント

こんばんは。

笠智衆さん、名前も一度聞いたら忘れない響きですし、飄々とした風貌も一度見たら忘れませんし(ほのぼの感、いいですね~)、愛され、モノ真似され続けたおじいさん役の西の横綱なのかと・・・。
(私もモノ真似できます!)
東の横綱か否かはビミョーですが、エキセントリックという対極的位置でやっぱり好きなのは(マッド)おじいちゃんとしての天本英世さんですが・・・。

余談ばかりですみません。

投稿: ぺろんぱ | 2008年9月24日 (水) 21時30分

ばんはです、ぺろんぱさん。

いつでも買えるものなのだけれど、
それはきっとそこで対面しないと、
恐らくはいけないもの、

ってアイテムの存在に悩まされてます(=^_^=)

>(私もモノ真似できます!)

そうかね、そういうものかね。(=^_^=)

>(マッド)おじいちゃんとしての天本英世さんですが・・・。

げげ、あの方の場合は、平幹二朗さん(映画『RAMPO』における“変態公爵”役が強烈!)と双璧をなしてる気も。

私的には、天本さんと言えば円谷特撮『ウルトラQ』の最終話「あけてくれ!」で客演してた作家・友野健二役が印象深かったです。

ああ、そう言えば自室のどっかに『東京物語』のDVDが未開封のまま、転がっていたはず・・(・ω・)

投稿: TiM3(管理人) | 2008年9月25日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『男たちの大和/YAMATO(2005)』☆ | トップページ | ☆『デトロイト・メタル・シティ(D.M.C)』☆ »