« ☆『ゲゲゲの鬼太郎(2007)』☆ | トップページ | ☆『レッドライン』☆ »

2008年7月 8日 (火)

☆犬が亡くなりました☆

7日(月曜)の朝、9時30分ごろに我が家の犬が亡くなりました。享年13歳。
人間の年齢に置き換えると70歳ぐらいだそうです。

仕事を終えて帰宅すると「何かが変わっている・・?」

さっぱり懐いていないにせよ、自宅内の何処にも彼が寝そべっていないことに、すぐ気付きました。
更に見回すと、犬用のベッドも取り払われてます・・

家人に訊ねると・・「やっぱり分かったか」「今朝、死んだ」とのことでした。

朝方から炎天下だった往来で(日課である)散歩をさせ、帰宅したところ、ぐったりした状態のまま
ベッドに潜り込み、気が付くと胸の上下する運動が止まっていたそうです。

「たら」「れば」を言っても仕方ないトコロながら、もし月曜の朝が「今朝のように大雨」だったら
散歩は中止となったハズで、そこは残念に思えてなりません。

が「苦しまなかった様子」「ベッドの中で眠るように」との家人の言葉に救われる気がしました。

何故だか分からないけれど、涙は出ないのですが・・家族の何処かにぽっかり穴の開いたような
そんな感じです。

13年前と言えば、ワタシもまだ働き始めて数年・・と言う頃でした。
改めて、付き合いの長さを感じます。

そう言えば、その朝(7日)はワタシの出勤前に、台所で連続して吠えていたもので、彼のアタマの上にバッグをどすっと2度ほど下ろして(当てて)「うるさいぞ、コラ」みたいなことを言ったのですが、
思えばその「うるさいぞ、コラ」が彼との最後のやり取りとなってしまったのでした。

|

« ☆『ゲゲゲの鬼太郎(2007)』☆ | トップページ | ☆『レッドライン』☆ »

コメント

ずーっと親しくしていた友に去られたようで、確かにぽっかりという感じなんですね。
生あるものは死があるということですし、私達もいずれは....でもそこまで一杯一杯生きることが大切なんだなと思います。

こんなときにはどんな映画がいいんだろうか?と思って....先日見た映画を思い出しました。「死神の精度」、あんな風に金城武さんに連れて行って頂くんですよね。いや、TiM3の場合は犬が天寿を全うしたから死神さんは関係ないか。

投稿: west32 | 2008年7月 8日 (火) 23時48分

west32 さん、ばんはです。
コメントを有難うございます。

>ずーっと親しくしていた友に去られたようで、確かにぽっかりという感じなんですね。

どちらかと言うと「悪友」でしたかね。
何とも形容出来ない空虚感です。

>生あるものは死があるということですし、私達もいずれは....
>でもそこまで一杯一杯生きることが大切なんだなと思います。

そうですね。
願わくば、精神を健全に保ったまま亡くなってゆきたいものです。
(認知症など、精神の死はよりおぞましいものだと思います)

>こんなときにはどんな映画がいいんだろうか?と思って....
>先日見た映画を思い出しました。「死神の精度」、
>あんな風に金城武さんに連れて行って頂くんですよね。

どちらかと言うとコメディっぽいのが観たいかもです・・

>いや、TiM3の場合は犬が天寿を全うしたから死神さんは関係ないか。

飼い殺されてしまった犬に「天寿」を言うのも飼い主のエゴな気もしますが・・あんまり否定的な思考はしないようにせねば。。

投稿: TiM3(管理人) | 2008年7月 9日 (水) 01時43分

犬さんのご冥福をお祈りします・・・。できれば、(おつらいかもしれませんので、無理にとは言いませんが)お名前知りたいです。

自分も昔、犬との別れが数度ありまして・・・。一犬の名を代表して発表するなら チャッピー ですね。(ひょっこりひょうたん島のキャラクターから自分がつけたものですねん)(古っ)

その名前は死ぬまで忘れんと思います。そして、そのことだけが、供養になってる気ィもしてて・・・。

投稿: ビイルネン | 2008年7月 9日 (水) 03時38分

ビイルネンさん、今日はです。
お気遣い、有難うございます。

>犬さんのご冥福をお祈りします・・・。

死に目に遭えなかったことは残念でした。

>できれば、(おつらいかもしれませんので、無理にとは言いませんが)お名前知りたいです。

マック、と申しました。
家人が名付けたので、由来はイマイチ分かりません、、
私的には余りしっくり来なくて
単に「イヌ」と呼んでました(⌒〜⌒ι)

>一犬の名を代表して発表するなら チャッピー ですね。
>(ひょっこりひょうたん島のキャラクターから自分がつけたものですねん)(古っ)

「プリン」「ダンプ」と言った犬さんもおられたんでしょうか?
(井上ひさしさん(?)によると「チャッピー」と「プリン」は「チャップリン」から着想したネーミングだとか言うことですね、、)

>その名前は死ぬまで忘れんと思います。
>そして、そのことだけが、供養になってる気ィもしてて・・・。

そうですね。
今さら「好きだった」「忘れない」って言っても本人(本犬)にしたら
「遅いわい!」って感じかも知れませんが、記憶にはとどめてあげたいです。

投稿: TiM3(管理人) | 2008年7月 9日 (水) 18時43分

貴ブログに来訪して驚きました。

ワンちゃんと一緒に暮らしておられたのですね。
私も、物心ついた時にウチには犬がいて、やがては自宅で死を迎えました。
TiM3さん初め自分を愛してくれる家族に囲まれて、ワンちゃんは幸せだったと思います。
かつて動物病院のDr.が「死は誰もが迎える道。どう迎えるか、(動物にも)どう迎えさせてあげられるかが大切」と言っておられたのを思いだしました。

御出勤前のTiM3さんに“アタマコツン”のスキンシップをしてもらって、御家族の人といつも通りの散歩も出来て、ワンちゃんは幸せの中でそれを迎えられたのだと信じます。

投稿: ぺろんぱ | 2008年7月 9日 (水) 19時23分

ぺろんぱさん、ばんはです。

なかなか気が晴れませんねぇ、、俗に言う“ペットロス”ってヤツでしょうか(・ω・)

>私も、物心ついた時にウチには犬がいて、やがては自宅で死を迎えました。

何処かへ出て行ってしまう、猫さんの最後(と聞いたことがあります)に比べると、不安は少ないでしょうね。

>自分を愛してくれる家族に囲まれて、ワンちゃんは幸せだったと思います。

家人がかなり泣いたそうです。でもそれを苦笑しながら言うので、、

>かつて動物病院のDr.が「死は誰もが迎える道。どう迎えるか、
>(動物にも)どう迎えさせてあげられるかが大切」
>と言っておられたのを思いだしました。

迎えさせてあげる決定を、動物自身は意思表示(選択も)出来ない、と言うのが注意点ですね。

>御出勤前のTiM3さんに“アタマコツン”のスキンシップをしてもらって、
>御家族の人といつも通りの散歩も出来て、ワンちゃんは幸せの中でそれを迎えられたのだと信じます。

散歩は許してもらえても、コツンは(と言うかゴツンでした)許して貰えるのでしょうか・・うじうじ。

投稿: TiM3(管理人) | 2008年7月 9日 (水) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『ゲゲゲの鬼太郎(2007)』☆ | トップページ | ☆『レッドライン』☆ »