« ☆“ヤッターマン第5話”を実は観てたこと☆ | トップページ | ☆“鹿男あをによし”の第6話を観た☆ »

2008年2月26日 (火)

☆“ヤッターマン第6&7話”を観たこと☆

溜まって来てたのをまとめて観た(・ω・) 結構、毎週の“ビタミン剤”となってるんかも(=^_^=)

第6話「花の都のファッションだコロン!」・・放送は18日(月曜)。パリを舞台に、女流デザイナー=ココホーレ・シャベル率いる高級ブランド「シャベル」の指環を巡って、ヤッターマンとドロンボ〜一味が仲良くケンカしなさる(・ω・)展開。

今回は、ドロンボ〜一味の放つセリフがとにかく小気味良くてたまんなかった!

トンズラー「マークさえ付いてれば何でも売れるんやから、こ〜んな楽な商売、な〜いでマンネン」
ドロンジョ「簡単にだまされる方が悪いんだよぉ〜」

・・ある部分、確かにあなた方のおっしゃる通りである(=^_^=)

ドロンボ〜メカは(今回も)痛快にパリへ(ジェット噴射でもって)飛んでくんだが、それを追う我らがヤッターマンってば、犬ロボット(←名前で呼んだれよ)にしがみつき、東京湾からの海上ルートではるばるパリへと向かってた模様。そんなんでも、ほぼ同時に現地到着してるのが面白い(⌒〜⌒ι)

ココ・シ※ネルご本人がどう言う主義だったのかは分からないが、シャベル女史曰くは「ヒールの高さはきっかり7.5cm」「ヘビ皮よりもワニ皮」・・などと反射的に側近に返していた。

街中で呼び止めたのがドロンボ〜一味のタクシーだったため、やすやすと指環を奪われてしまったシャベル。その(タクシーの)後部ナンバーに「DRON」とだけ書かれてたのがフランス人の名前っぽい響きで妙にマッチしてたっけ☆

実は「一時的なスランプ(≒アイデアの枯渇)」に陥ってた(?)シャベルがヤッターマンに「教えて! かっこいいって何? クールって一体何なの?」と問うのも、何となく「深い」感があった、か。

ときに、今回も見所はトンズラー兄貴だった!
ドロンジョ&ボヤッキーによる“夫婦漫才”を脇から眺める、兄貴の“何とも言えぬ表情”が毎度のことながら“必見もの”かつ“噴飯もの”なのである(=^_^=)

また、終盤ではついに兄貴もキレたか(=^_^=)「せやせや、もっと言うたれや! 悪いのは(誤った情報でわてらを苦労させる)ドクロベエなんやで〜!」と本音を思わず吐露してくれた(よぅ言うた!)。
直後に隣のボヤッキーから「わ〜バカ、声がでかいってば!」と諌められてたが(=^_^=)

   ※   ※   ※   ※   ※   ※

第7話「セレブ姉妹もつらいよだコロン!」・・ようやく本日25日(月曜)の放送に追いつけた感(=^_^=) モナコ公国を舞台に、カノウ姉妹の“ティアラ”を巡る争奪戦が繰り広げられる流れ。

今回は“カノウ姉妹”がそのまんまのネーミング&ヴィジュアルで登場してた。かつ声をあててたのもご本人さんたち自身らしかった。
ワタシは特にOKだったが、今回は流石に反発したヤッターマンファンも少なくなかったハズ・・と(勝手に)想像するものだ。

前回に続き「女性心理」を巧みに絡めた(=^_^=)演出&ストーリー展開に、またもドロンボ〜たちのセリフが冴えまくっており(=^_^=)

ドロンジョ「今どきのセレブは、やせるためならお金なんか惜しまないのよ」
     「女ってもんはねぇ、やせたって言う数字に弱い生物なのさぁ」
トンズラー「んでも、皆はんこんなんでよぅだまされまんなぁ〜」

アイちゃん(2号)までもが「このひとたち、90パー怪し気・・でも10パー試してみたいかも・・」と弱気なセリフをつい漏らしてしまうのだった・・

それにしても、第3話、第5〜7話・・と“海外出張”が続く我らがヤッターマン。ドロンボ〜一味が渡航を試みる前に、その野望を(国内で)叩き潰す・・と言う作戦も今後は検討してはどうか、と思うんだが・・そんなのは余計なお世話なのだろうかな(・ω・)

追記:ガンちゃん(ヤッターマン1号)が“不仲そうな”カノウ姉妹の姉(恭子)に対し「兄弟喧嘩ってヤツですか?」と問うセリフにどうにも違和感を覚えた。。
正しくは「姉妹喧嘩」なんじゃないのか? いや、それとも定型とし「兄弟喧嘩」のまま使って、特に実生活上(←大げさな!)問題ないのか・・誰か、教えてくれでマンネン。

|

« ☆“ヤッターマン第5話”を実は観てたこと☆ | トップページ | ☆“鹿男あをによし”の第6話を観た☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆“ヤッターマン第5話”を実は観てたこと☆ | トップページ | ☆“鹿男あをによし”の第6話を観た☆ »