« ☆『バブルへGO!!!!!/タイムマシンはドラム式(2007)』☆ | トップページ | ☆『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット(2005)』☆ »

2008年1月23日 (水)

☆“プロフェッショナル/仕事の流儀:イチロートークスペシャル”を観てみた☆

22日(火曜)。
残業を2.5時間近くこなし帰宅(けど、何かメリハリなく残ってる感じなもんで、正直昨日よりも苦痛が大きかった(×_×))後、気分がかなりアンダーになってたもんで「これではあかん!」と強引に、録画しておいたアニメ番組「ヤッターマン」を観(←おい、大丈夫かおっさん!)、ようやくスコセッシ元気が戻った(=^_^=)ので1時間ほど新聞切り作業を、その後に某国営ちゃんねる(=^_^=)で放送された“プロフェッショナル”って番組を観た。

年始にも特集の組まれてたマリナーズのイチロー選手をゲストに迎えての追加的トーク。

正直、野球と言う競技そのものを余り観ないし、そんなに興味もないワタシなので(と言いつつ野球系の映画は結構好きだったりする・・『メジャーリーグ(3部作)』『スカウト(1994)』『ザ・ファン(1996)』『ナチュラル(1984)』『サイン(2002)』とか・・)
イチロー選手と言えば「とにかく色んな意味で“巧み”なしと」って印象が強いんだが、この一連のトーク番組の中では「誠実に心中を語ろうとする姿」「繊細かつ大ざっぱ、暢気で短気、みたいな支離滅裂な要素が高い次元で完成されている人格」などをわずかながら掴むことも出来た気がし、面白かった。

特に印象に残ったのは、次のような言葉であった。

「(他人の言う)理論じゃなく(自分の掴んだ)感覚が最も大切。それに勝るものはない」
「自分の感覚を維持すること。他人の感覚に触れ、自分の感覚の狂うことは避けたい」
「周囲からの重圧を受け入れ、その期待に応える段階にようやく至った気がする」
「満たされる感情は否定せずとも良い。満足は重ねるべきで、その後で必ず何か(次の試練や不満など)が出て来るし、それで良い」
「星はまだ見えていない」
「ハラが出たらやめる」

特に、一番“俗っぽい”コメントながら、最後の「ハラが出たら引退する」ってのが、ワタシの中では重くココロに残ったモノだ(・ω・)

何のかんの言ってても、どうしても人間、ぶくぶくとだらしなく太って来る。そこが問題なのだ。

|

« ☆『バブルへGO!!!!!/タイムマシンはドラム式(2007)』☆ | トップページ | ☆『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット(2005)』☆ »

コメント

こんばんは。

イチローの凄いところは(好きか嫌いかは別として)、やはり長い選手生活で故障やケガをしていないということろでしょうか。それってもの凄い自己管理の賜物だと思うのです。
同じ意味ではゴジラ松井クンも凄い選手でした(好きか嫌いかは別として)が、彼はメジャーに行ってから怪我をして一時戦線離脱してしまいましたね・・・あれは残念でした。

「好きか嫌いかは別として」といえば、『バブルへGO!』での私の「ヒロスエ・コメント」も、好き嫌いは別問題です、念のため。・・・って、わざわざ追記することでもないのですが。

投稿: ぺろんぱ | 2008年1月24日 (木) 20時31分

ぺろんぱさん、ばんはです。

「今日は早く帰りてぇよ〜」とココロに決めてたのに・・昨夜以上の残業ぶりでした(×_×)

念のため映画『アンダーワールド』を録画予約しといて助かったのです☆

>イチローの凄いところは(好きか嫌いかは別として)、やはり
>長い選手生活で故障やケガをしていないということろでしょうか。
>それってもの凄い自己管理の賜物だと思うのです。

剛よりも柔の筋力作りにこだわっているのがポイントかも知れませんね。
バッティングにはド素人ですが、あの打法(スイング)からして腕や腰にいかにも負担がかかってないようにワタシには見えます。

>彼はメジャーに行ってから怪我をして一時戦線離脱
>してしまいましたね・・・あれは残念でした。

ヤンキースで(一時的にとは言え)リタイアし、しっかりまた舞い戻った松井選手の力量にこそ驚かされましたね。
こと野球映画に関しては「マリナーズ」と「ヤンキース」ではチームの重みがかなり違うと思います。
(他意はありません)

>「ヒロスエ・コメント」も、好き嫌いは別問題です、
>念のため。・・・って、わざわざ追記することでもないのですが。

明らかにことわっておかないと、どんなに巧みなコメントを書いても
誤解する方がいますからね。

はぁ、あと1日、取り敢えず頑張りますか・・

投稿: TiM3(管理人) | 2008年1月25日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『バブルへGO!!!!!/タイムマシンはドラム式(2007)』☆ | トップページ | ☆『ファンタスティック・フォー/超能力ユニット(2005)』☆ »