« ☆『バイオハザード2/アポカリプス(2004)』☆ | トップページ | ☆『SONGS』の第23回、を観た☆ »

2007年11月 8日 (木)

☆“ウルトラセヴンX”の第5話☆

3日(土曜)の深夜に放送されたもの(を録画したもの)を観た。

ときに、溜まってる新聞+溜まってる録画+溜まってる仕事(=残業)と“3重苦”なここ最近である。。原因不明なジンマシンが連日発症するのも気にかかる・・。どうやら今回は食物摂取系と言うよりストレスから来てる気がするし(×_×)

この第5話、映像的には全然ダメなんだが、物語としてのエッセンスが光ってる! と思った。ハリウッドに盗まれたりしないか、ちょっぴり心配である(⌒〜⌒ι)

5年前のその日「人類最後の戦争」が終結した。そのため、毎年の同日を「地球平和記念日」に制定、「皆でこの平和を祝福しましょう!」と上空に浮かぶ「プロパガンダ円盤」の映像スクリーン内の女性が微笑む。
どうやら全地球規模で「戦争&テロの根絶に成功」したこの(近未来の)世界のようだが「それで本当に平和を手放しで祝福出来るのか?」なる問いが突き付けられる。

1つ目の疑問は「種としての人類がそんなに簡単に争いをやめることが出来るのか?」であり、
2つ目の疑問は「他の惑星で戦争が起きている光景を“対岸の火事”と眺めてていいのか?」である。

私的には「宗教」「貧困」「思想」の3つの違いが存在する限り、この世界から戦争はなくなるまい、と思うのだが・・

今回のエピソードにおいて、αケンタウリ星系の隣接する2惑星に住むエイリアン同士が壮絶な星間戦争を展開しているのを観るに「そもそも、和平に向かう考えなんか毛頭ないんやな〜」と当事者同士の盲目的な「敵惑星殲滅論」にゾッとさせられたのは事実。

ラストでは、攻められる一方だった“か弱い宇宙人”が地球に隠された“秘密兵器”を手に入れ故郷(の星)に帰って行く時の「これでヤツらを滅ぼすことが出来ます」の言葉と“実に晴れやかな笑顔”に、すこぶる後味の苦さが残された。。

そう言えば、今回はセヴンが最強の光線兵器(?)“ワイドショット”を初披露(?)してくれた。コレは両腕を「L字」に組んで射出するのだが、考えたら、セヴンが頬杖をついた時なんかに、ふと油断したら“威力半分のワイドショット”が(片方の腕から)うっかり出ちゃうのかも・・とかどうでも良いことを考えてしまったワタシである(⌒〜⌒ι)

|

« ☆『バイオハザード2/アポカリプス(2004)』☆ | トップページ | ☆『SONGS』の第23回、を観た☆ »

コメント

考えたら、他の銀河系のエイリアンが何かを狙って地球にやって来る・・ってエッセンスはそもそも『メン・イン・ブラック(1997)』で使われていたんやな〜と気付いたり。

地球語(?)に慣れないエイリアンが「戦争」と言うべきを「競争」と間違えてる(劇場字幕の)表現がちょっと笑えたのを覚えている。

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月 8日 (木) 00時42分

結局、興味を抱きつつ本番組を録画して観もせずこちらのブログにお邪魔する暴挙を、いえ、冒涜の行為をお許し下さい。

しかし<セブン>にまつわるマニア向け?書物を本日お昼の休憩時間にJ書店で貪り読みしてまいりました。いやぁ~、懐かしい想いで休憩時間はあっという間に過ぎましたぁ。登場怪物の説明にも読みふけっていました。
・・・私的に、ビジュアル的には<(初代)ウルトラマン>が美しくカッコイイですが。


>「宗教」「貧困」「思想」の3つの違いが存在する限り、この世界から戦争はなくなるまい

そうですね。
よしんばその三つの違いがなくなったとしても・・・。その場合はその要因を「支配欲」とても呼べばよいのでしょうか。

>すこぶる後味の苦さが

この制作チームのある意味「若さ」の為せる結果なのでしょうか・・・?? ヒーロー物ならその点を“おざなり”に作っても大丈夫、というような・・???
鑑賞もせず分かったようなことを言っては駄目ですね、スミマセン、反省。
 
>セヴンが頬杖をついた時なんかに、ふと油断したら

PCを前に爆笑です!
どこかで使わせてもらってもよろしいですか(^_^)?(どこで使うねん・・・)
でもそういう考えでいくなら、セブンの魂の乗り移った<弥勒菩薩像>や<ロダンの考える人>なんかも微小なビームくらいなら出せたりして・・・・・出せるかいっ!!

失礼致しました。

投稿: ぺろんぱ | 2007年11月 8日 (木) 20時18分

ぺろんぱさん、ばんはです。

最近、やたらと衛星第2がアツいですね(×_×)
次々と録画して行くんだけど・・例えばこの数日間だけで8時間以上撮りだめしそうな雲行きです(・ω・)

>冒涜の行為をお許し下さい。

ホントに面白くなって来たら、本ブログでも文面がヒートアップすることでしょう(=^_^=) その時にはゼヒに☆

>しかし<セブン>にまつわるマニア向け?書物を本日お昼の休憩時間にJ書店で貪り読みしてまいりました。

色々と解説本もありそうですね。ワタシもさっきウィキペディアを覗いて、少し勉強してました(=^_^=)

>登場怪物の説明にも読みふけっていました。

初代(?)セヴンは、とにかく「メカニカル系」の怪獣の造形が個性的で良かったですね。ヴィジュアル的に好きなのは“恐竜戦車”でしょうかね。名前からしてシュールです。。

>・・・私的に、ビジュアル的には<(初代)ウルトラマン>が美しくカッコイイですが。

初代ウルトラマンの、その初代、とかイイですね。何か口元がシワシワなんですわコレが・・

>その要因を「支配欲」とても呼べばよいのでしょうか。

「自然に対する支配欲」のツケもそろそろ出て来ましたね。

>ヒーロー物ならその点を“おざなり”に作っても大丈夫、というような・・???

お子さまが観ても面白くないやろなーと言うのは言えますね。
物語のエッセンス的には“ウルトラシリーズ”を冠さなくても良かったんでは?? などと本末転倒なことまで連想します。。
無論、冠さないととても視聴率は取れないでしょうが(・ω・)
 
>どこかで使わせてもらってもよろしいですか(^_^)?(どこで使うねん・・・)

本ブログの紹介とセットであれば・・(=^_^=)

>でもそういう考えでいくなら、

シムケンさんが実はM78星雲人だったりして「アイ〜ン」のギャグを放った瞬間に、気が緩んで(腕先から)ビームが出て、共演タレントが炎上したりしたらスゴいでしょうね・・
(何処まで妄想走るねん、と)

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月 8日 (木) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『バイオハザード2/アポカリプス(2004)』☆ | トップページ | ☆『SONGS』の第23回、を観た☆ »