« ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ | トップページ | ☆『椿山課長の七日間(2006)』☆ »

2007年11月27日 (火)

☆“ウルトラセヴンX”の第8話を観た☆

26日(月曜)。残業2.5時間+(降って湧いた)飲み会2時間・・をこなし、ヘロヘロになって帰宅しつつ、先週末に録画しておいた『ウルトラセヴンX』を観た。
現在のトコ、録画予約のモレもなく、順調に鑑賞出来ている(それ故、第1話のみ観逃してることがやや悔やまれるが・・) ワタシにしては珍しいかも(・ω・)

今回は、とある若い夫婦を襲った悲劇を「軸」に、雷雨の夜に限り発生する“連続通り魔事件”を地球防衛組織(?)デウスのメンバーが追う・・ってな展開。

「容疑者は赤いコートの女」「現場の壁に“NO MAN”なる血文字が残される」というミステリアスな演出も入れてくれてたが、後半からオチへと繋がる部分に「脚本家は若手じゃないのかも??」と不思議な心地がした。

・登場する合成麻薬の名前が「バーティゴ(Vertigo)」
・登場する映画館(スカラ座)の看板や貼り紙に「スリラー映画の巨匠」「サイコ」「めまい(原題:Vertigo)」の文句

ってトコは、隠しようもなく“アルフレッド・ヒッチコック監督礼讃”であるし、円谷プロ的なネタとしての

・青い血の女 ←“旧怪奇大作戦”のタイトルネタ
・登場する映画館(スカラ座)の貼り紙に「明日を捜せ!」「勇気ある戦い」の文句 ←“旧ウルトラセヴン”のタイトルネタ

などと言うのも盛り込まれている。

私的に面白いなーと思ったのは『サイコ(1960)』『めまい(1959)』の製作年が“旧セヴン”のそれ(1967)よりも更に古いトコだろう! 間もなく(?)半世紀が経とうともしているのに、未だオマージュを捧げ続けられるヒッチコック作品は・・やはり普遍的で素晴らしいのだろう。

若い夫婦として登場のアガタキョウスケ&アサミの描き方は、まさにミスリーディング(引っかけ)。彼らの物語を語る人物が変わることにより、それまでに描かれた映像は殆ど意味を持たなくすらなる。。
それはそれで面白いんだが、日本のサスペンスドラマ的手法としては、既に手垢でテッカテカになっちゃってる印象があったよーな。

因みに、ワタシがこれまでで「最も衝撃を受けた」その手の映像の1つが『ファイト・クラブ(1999)』の後半、タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット演じる)に主人公ジャック(エドワード・ノートン演じる)が髪を鷲掴みにされて、引きずって行かれるシーン・・それを「客観的に映した」監視カメラ映像だろうか! あれはスゴかったなぁ〜。

比べると、ああ言う「ハッとさせるほどの描写」にどうにも欠ける感が否めなかった。今エピソードも、ドラマ部分を延ばして描いたが故に「セヴンへの変身シーンなし」「いきなしアイスラッガー攻撃」みたいな“ムチャ”が見受けられたし(・ω・)

終盤に繋がるネタかよっ?! と気になったのは、ヒロインに「どうしたの? 少し疲れているみたい・・」と心配される主人公。“旧セヴン”に通じる、地球での生活で急速に生命を削られてる?! みたいな演出をラスト2話(←前後篇仕立てとか)辺りで炸裂させる気なんじゃねぇか? とついつい邪推してしまうものだ。

|

« ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ | トップページ | ☆『椿山課長の七日間(2006)』☆ »

コメント

これだけTiM3さんが続けて見ているTV。興味深いですね。私も観たいと思いながら....夜中は無理だし、録画もできないし....
ただ、今度の土曜は夜中起きてみるチャンスがあるので、チャンスを生かしてトライします。

投稿: west32 | 2007年11月28日 (水) 23時47分

west32 さん、ばんはです。
HDDレコーダーはすこぶる便利ですよ〜(=^_^=)

>興味深いですね。私も観たいと思いながら....
>夜中は無理だし、録画もできないし....

・「30分枠で完結」と言う観易さ
・「深みのない世界観(片肘はらず観られる)」

ってのが大きな理由でしょうかね。
ワタシも録画出来る環境がなければ、わざわざ観てません(⌒〜⌒ι)

>今度の土曜は夜中起きてみるチャンスがあるので、
>チャンスを生かしてトライします。

そこまで気合を入れられることもないかも。。
ホンマに面白くなって来たら、改めて本ブログでガンガン筆を走らせますよ(=^_^=) まぁ、余りムリされませんよう・・

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月29日 (木) 00時11分

うう・・「片肘」と言うより「肩肘」でしたね。。

日本語むずかしーッ!(おいおい)

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月29日 (木) 00時25分

たった30分のために、3時半まで起きているのは辛いので、一度眠ります。
そんでもって夜中に起きようと計画はしていますが....本当に起きられたらということで....

投稿: west32 | 2007年12月 1日 (土) 00時24分

west32さん、ばんはです。

>たった30分のために、3時半まで起きているのは辛いので、一度眠ります。
>そんでもって夜中に起きようと計画はしていますが....本当に起きられたらということで....

あ、放送は明日の深夜ですよ! 念のため、お間違えなきよう。

こちらの公式サイトで、ホンマに観る価値があるかどうかを、
じっくり考えるのも良いかも知れませんね(=^_^=)

http://sevenx.jp/index.htm

※無断リンクで済みません。

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年12月 1日 (土) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ | トップページ | ☆『椿山課長の七日間(2006)』☆ »