« ☆“ウルトラセヴンX”の第7話☆ | トップページ | ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ »

2007年11月23日 (金)

☆『ザ・クラウン/炎のリベンジャー(2005)』☆

22日(木曜)。このトコロ、連日の残業過多でもうヘロヘロ状態である(×_×)
今夜も3.5時間ほど残業しつつ(それでも尚、仕事は残ってしまってたが)帰宅し「木曜洋画劇場」で放送(たぶん地上波初・・)されてたドイツ映画『ザ・クラウン/炎のリベンジャー』ってのを1時間以上の遅れで、晩飯を食べながら観た。
タイトルからして何ともうさん臭いので(⌒〜⌒ι)敢えて“予約録画”はしなかったんだが、それはそれとして「中盤からの鑑賞ででも、何となく内容について行ける」感じなのが良かった(=^_^=) 恐るべし、ジャーマンアクション!
元捜査官のおっさんが、何らかのリベンジを果たすべく、特殊部隊っぽい金塊強奪集団に戦いを挑む・・的な流れ。
どう言う理由でなのかさっぱり分かんないが、主人公のおっさんが、要所要所でクラウン・・つまり“道化師”のかぶり物(ゴムマスク)をして登場するのが違和感ありまくりだった(・ω・) それに加え「ホンマ言わしてもろたら、こんなんかぶりとぅないんや、わし」的な感じで“かぶらないシーンの割合”の方が圧倒的に多いのも微笑ましかった(=^_^=)
まるで、ヘルメットが折角あるのに“かたくなに”かぶらない『CASSHERN(2004)』の主人公(伊勢谷友介)やら『スパイダーマン3(2007)』のグリーンゴブリン(2世)なんかを思わせる“隠し切れないシャイさ”も感じられたか(=^_^=)

あと、クラウン役のおっさんが若かりし頃のジャック・ニコルソンに結構似てたのもインパクト大きかった☆ どうせなら、斧を手に、雪の中をチェイスして欲しかったかも・・或いは化学工場の廃液プールに“すけきよ状態”でボチャンしちゃうとか・・

本作、カントクが妙に『華麗なる賭け(1968)』(ノーマン・ジュイソン監督)とか、一連のブライアン・デ・パルマ作品のフォロワーを気取ってるつもりなのか(?)「画面分割」テクニックが異常に多用され過ぎてた! 当初こそ「おっ!」とセンスを感じたんだが、ああもムダに使いまくられると、だんだん観てる方も疲れて来る(×_×) きっと作ってる方も疲れてて、惰性で入れたに違いあるまい(=^_^=)

リベンジの一環なのか(?)終盤で、テキのボスっぽいしとがヘリから転落しちゃうんだが、ここの演出も・・妙に落下シーンの長さや(奇妙な)カメラワークの連続やらで「お、この映し方だと・・助かるのかも?!」と思いきや、、やっぱし最後には地表に思いっきり叩き付けられてたみたいで・・「意味ないぢゃん!」とテレビ画面にツッコんでしまった。

あ、“改めて的”にバカ映画の定義を何となく掴んだ今夜のワタシ☆
「必要以上に爆発シーンが入る」「主人公側に妙に饒舌なヤツがいるも、意外としぶとく生き延びる」「ラストシーンが滑走路で、主人公らがグダグダ喋ってる」「テキの最後は転落死or爆死」「女優陣が押し並べてイケてない」などであろうか。

逆に、上記の条件を全て満たしつつ・・しかしながら「ムチャクチャ面白い作品」と言うのをベテラン監督らにはお願いしたいものである。
「続編を作らせたらスゴい!」とされる(?)ジェームズ・キャメロン、レニー・ハーリンなどの御大に是非トライして貰いたいもんだ(・ω・)

追記:口直しに、今夜(深夜)に放送される『パンチドランク・ラヴ(2002)』でも録画予約しとこうっと。

|

« ☆“ウルトラセヴンX”の第7話☆ | トップページ | ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ »

コメント

てか終盤ちょっと前ぐらいでドイツの警察特殊部隊が出てきたけどさあ、弱すぎるだろっ!? あれでもエリートの集まりの特殊部隊かってんだ。だいたい10人以上いるのに半分は撃たれて倒れてるし。ちなみに発砲してきた敵はたったの4人。 あれじゃほとんど時間稼ぎにもなってないような。

投稿: MP5 | 2007年11月26日 (月) 02時14分

MP5さん、初めまして・・ですかね。

個性的なハンドル名に感心しきりです(=^_^=)

>てか終盤ちょっと前ぐらいでドイツの警察特殊部隊が出てきたけど
>さあ、弱すぎるだろっ!? あれでもエリートの集まりの特殊部隊
>かってんだ。

軍隊なのやら、警察なのやら、それすら分かってませんでしたわ。。

東西併合以降、ちょっと総合組織力がダウンしてしまったのは否めないのかも知れませんね。。

どうせなら『オースティンパワーズ』のノリで、隊員が撃たれた瞬間にいちいちシーンを切り替えて・・

・母娘が食事をしているシーンが映される
・娘が母に「パパ、今日は遅いのぉ?」と無邪気に訊ねる
・そこに電話が鳴り、母に「夫の死」が知らされる
・母、娘をひしと抱きしめ「警察特殊部隊って、大変な仕事なのよ・・」と涙ながらに伝える

・・みたいなまどろっこしい演出を入れて欲しいですよね(⌒〜⌒ι)

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月27日 (火) 00時40分

そうですね~。でも現実警察官と結婚する女性はそういうこと覚悟してたほうがいいような... ちょっとズレましたが、主人公のおいちゃんは警察の力でダブスを助けてくれと言ってたのに結局警察がしたことといえば飛行機の滑走路を塞いだだけでしたしもうちょいカッコイイとこ見せてほしかったもんですね。 ところであの敵のボスは007シリーズのトゥモローネバーダイでスタンパーとかいう強いやつと同じでしたね。

投稿: MP5 | 2007年11月27日 (火) 02時20分

MP5さん、ばんはです。

連日の残業で、テレヴィを点ける気にもなりまへん(×_×)

>現実警察官と結婚する女性はそういうこと覚悟してたほうがいいような...

一番可哀想な警官の妻は、、やはり『セヴン』のあのしとでしょうかね(×_×)

>主人公のおいちゃんは警察の力でダブスを助けてくれと言ってた
>のに結局警察がしたことといえば飛行機の滑走路を塞いだだけ
>でしたしもうちょいカッコイイとこ見せてほしかったもんですね。

ダブスってのが誰なのか、そこからして分かってまへん(×_×)

>ところであの敵のボスは007シリーズのトゥモローネバーダイで
>スタンパーとかいう強いやつと同じでしたね。

お、スタンパー君でしたか。ネットで調べたら“ゲッツ・オットー”なる肉体派男優さんでした。

そういや、以前に兄が『トゥモロー・ネヴァー・ダイ』を観てた時、
敵ボス役のジョナサン・プライスを「せんだみつおや!」と評してたのが印象的でした(=^_^=)
確かに似てますね〜

小松まさお似のクリス・クーパーと組んで、ダサいコミカルアクション作とかを開拓して欲しいっす(=^_^=)

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月27日 (火) 22時07分

ジョナサン プライスはRONINとかいうジャン レノとロバート デ ニーロ主演の映画でも敵役やってましたね。

投稿: MP5 | 2007年11月28日 (水) 02時02分

お早うございます。
もうすぐ出勤しますし・・(⌒〜⌒ι)

『RONIN』・・鬼才(←とみんなが言う(=^_^=))ジョン・フランケンハイマー監督の“晩年の一撃”って感じでしたね。
特に逆走しまくるカーチェイスの場面には驚愕させられました! ある意味『ブリット』を超えてましたね!?

せんだみつお氏(←違)は・・何かあっさり撃たれてた(?)ような気もします。あの映画では、私的にはやはりナターシャ・マケルホーンとショーン・ビーンが輝いてました☆

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月28日 (水) 07時59分

ところで、リベリオンっていう映画知ってますか?

投稿: MP5 | 2007年11月29日 (木) 02時16分

MP5さん、ばんはです。

レスが遅くなり恐縮・・残業に加え、今日は「頭痛&微熱&超お通じ症状(×_×)」に勤務時間中苦しめられました(今もスッキリしない)。。
なんか悪い食べ物にあたったのやろか・・(・ω・)

>ところで、リベリオンっていう映画知ってますか?

おお、『リベリオン』! 私的に最高レベルのSFアクション作と認めております(=^_^=)
この『リベリオン』と『ダークシティ』の2本をイッキに観た方が、
『マトリックス3部作』なんぞを観るのよりもよほど有意義なんじゃないかと思ってます。

DVD版も欲しいなぁ〜

ま、買ったとしてもなかなか開封出来ないんですけどね(×_×)

投稿: 管理人(TiM3) | 2007年11月29日 (木) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆“ウルトラセヴンX”の第7話☆ | トップページ | ☆『小さな恋のメロディ(1971)』☆ »