« ☆『花田少年史/幽霊と秘密のトンネル(2006)』☆ | トップページ | ☆女優・戸田恵子のハーフ・センチュリー・アニバーサリー公演☆ »

2007年9月30日 (日)

☆ニコン新製品発表会に行ってみた☆

29日(土曜)。朝早くに清々しく起床⇒大阪市内に繰り出し映画を観る! などと、シャキシャキした予定をおっ立てながら・・本格的に起き出したのは午前もかなり遅くなってからのことだった(×_×) やっぱし疲レが抜け切らないや、みたいな。
観念し(映画を観に行くのはやめにし)、今週末(金曜〜日曜の3日間)に開催されてる「Nikon Digital Live 2007/新製品発表展示会(入場無料)」に午後から出掛けることとした。

(『D200』のお披露目でもあった)以前の「Nikon Special Live 2005」は南港・WTCホールで行われたが、今回は場所を新大阪に設定しての開催。まぁ、近くなったんかな? それにしても前回からもう2年経つのか・・としみじみ。

今回お披露目されるのは『D3(フラグシップ機たるデジタル1眼)』と『D300(中級者向けデジタル1眼)』の2機種。私的に正直「どっちのカメラもワタシの手には余るなぁ・・」と思いつつ、現在のニコンの技術力&宣伝力を見極めに行きますか、って理由で足を運んだ次第だ。

そう言う訳で、以下に感想を列挙してみます。

■会場へのアクセス・・要所毎に案内スタッフが立っててくれ分かり易い。マンションの現地案内みたいな感じか。
■会場内・・特に禁止事項もなく、思ったままに(持参のカメラで)撮影出来るのが嬉しい。入場者を眺めると『D200』を首から下げてるツワモノどもが流石に目立ってた。「その機種のままでエエやんか!」とツッコミたくなりつつも、ちょっと感心してみたり。
■シューティングステージ・・『D3』『D300』のいずれかを選び、特定のエリア内で、特定の被写体を撮影しまくれる。が「時間制」「1回の参加でどちらか1機種のみ貸与(交換不可)」「カメラはエリア外に持ち出し不可」「被写体(奇麗なハープ奏者のお姉さん)以外(女性スタッフとか)の撮影不可」「CFカードは要返却(=撮影画像データの持ち帰り不可)」「代わりに撮影画像から任意の1枚をプリントアウトし持ち帰れる」ってなルールが設けられていた。
ワタシも何気なく並んだが、瞬く間に行列が伸び始めた(⌒〜⌒ι) 『D3』の方が早く順番が回って来そうだったが、やっぱり『D300』をチョイスしたワタシ。うーん・・『D70(←今のワタシの愛機)』とは全く違うな〜と言うのは直感的&体感的に分かったが、細かくどうスゴいのかまでは伝わって来ず。。スイッチ関係もごちゃっと並んでて、そこは取っ付きにくい印象だった(きっと『D200』ユーザーならすぐ対応出来るんだろう)。周囲では「チャッチャッチャッ!」とシャッターを連射してる音が聞こえてたが、それすら試せず(×_×)
■テクノロジーコーナー・・両機種におごられた最新技術をパネル等で紹介。やっぱりスゴいな〜ってのは「51点AF(オートフォーカス)」。ラケットを振る女性の一連の動きをAFで追ってるビデオ映像が映し出されてるが、画面を横切る腕や激しく動く上半身に惑わされることなく、女性の横顔に焦点を合わせてる性能には感心させられる。もはや人間業を超えてる気がせんでもない反面、人間なら(たといプロカメラマンにせよ)被写体のムダな動き(パーツ)を一瞬眺めるような動作もするハズで・・「そう言う人間らしさがアルゴリズムから排除されているとしたら、ちょっと悲しいかもな〜」と思ったりもした(・ω・) いや、にしても他社製品を圧倒するAF性能ではございます(何せ『D40X』じゃ未だに3点AFですもんね・・(←性格も位置付けも価格も全く違うけど))。
■他の製品紹介・・クールピクスシリーズなどを展示していた。ふと何気なく手に取った1台が『P5000』だったが、ズーミング時の動作の速さに驚かされた。以前に使っていた『CP5000』の頃のもっさり感がウソのようである。。

ってことで、楽しくて多少タメにはなった発表会だが、会場が何となく手狭な気もし、いつまでも居たいな〜と言うワクワクする気持ちがわかなかったのも事実だった。商業的な部分が前面に出過ぎて「遊び」の要素に欠けていたからだろうか?
どこがどう、と言う理由は浮かばないが、2年前の発表会の方が飽きずに楽しめた気がしたワタシである。

|

« ☆『花田少年史/幽霊と秘密のトンネル(2006)』☆ | トップページ | ☆女優・戸田恵子のハーフ・センチュリー・アニバーサリー公演☆ »

コメント

ふふ、物欲が蠢くほどインパクトはありませんでしたか。
良かったのか残念なのか微妙な所ですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

プロ機は、使いこなしが難しい分だけクセがあり扱い難く慣れを必要としますから気に入った中級機を使い続けるのもいいですよね。

入門機だと誰でも一定レベルに撮れますが、中級機になると露出も多少シビアで練習にもなりますし。

K10Dも使ってやってくださいませ(*゜▽゜)ノ

多少気難しい所はありますが、慣れればイイカメラですよ。

投稿: Pokerface | 2007年9月30日 (日) 23時35分

ポカさん、ばんはです。

電車で大阪市内へ・・となると、どうしてもコンデジ持参コースで
ラクしてしまいますね・・(・ω・)

>良かったのか残念なのか微妙な所ですね( ̄ー ̄)ニヤリッ

良いと思います(⌒〜⌒ι) 高級なカメラに高級なレンズを装着してしまうと、不可抗力でどちらが壊れても・・精神的ダメージが大きい訳ですし。。

>プロ機は、使いこなしが難しい分だけクセがあり扱い難く慣れを
>必要としますから気に入った中級機を使い続けるのもいいですよね。

所詮はスナッパーなので、初級機で十分かもです(今のトコロ)。

>入門機だと誰でも一定レベルに撮れますが、中級機になると
>露出も多少シビアで練習にもなりますし。

失敗の少ない中級カメラマン、ぐらいでイイかなぁ。ぬ〜ん・・

>K10Dも使ってやってくださいませ(*゜▽゜)ノ
>多少気難しい所はありますが、慣れればイイカメラですよ。

そやね。しばらく使ってないから、また標準レンズで楽しまなきゃ。

投稿: TiM3 | 2007年10月 1日 (月) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆『花田少年史/幽霊と秘密のトンネル(2006)』☆ | トップページ | ☆女優・戸田恵子のハーフ・センチュリー・アニバーサリー公演☆ »