« ☆“殿下”の新作アルバム『Planet Earth』☆ | トップページ | ☆『ミニパト(2001)』☆ »

2007年7月28日 (土)

☆先週のおおまかな流れ☆

メモがひょっこり出て来たのでまとめておきたい。

21日(土曜)・・蓄積してる(?)疲労回復のため、有馬温泉郷にある『太閤の湯』ちぅスパ施設に出掛ける。適度な移動距離も楽しめる、おススメなスポットである☆ ま、大人1名で入場料=2英世ちょい・・と往復の高速代+昼食などを加味して行くと、結果的に「ちょっぴり懐に響く日帰りツアー」って感じとはなるんだが(・ω・)
今回は「天然ミストの岩盤浴(予約制)」「五右衛門風呂(屋上)」といういつものコース(←と言っても確か2度目の訪問に過ぎないが・・)のほか、4月にオープンしたばかりと言う「炭酸温泉」を楽しんだ。これは「人工的に泉内に二酸化炭素を加えたもの」らしいが、肌に微細な気泡がびっしり付着するのが見てて面白い。面積的にちと狭いのが難点だが、おススメしておきたい。
ついでなので、20分間のマッサージ(有料)も受けてみた。部分的にほぐすってことで「頸部(首)」「肩」を重点的にやってもらったが・・かなり強烈に指圧されたようで、翌日ぐらいまで「こり」は消えるも「頭痛」に悩まされてしまった(・ω・) ←因果関係あるのかな?
マッサージ後、休憩コーナーのリクライニングチェアに全身を預けつつ、大型TVで放送されてたドラマ『ハラハラ刑事』ちぅのを観たが・・コレがなかなかに面白かった! つい約30分遅れの鑑賞ながら、しっかり最後まで観てしまったし(=^_^=)

本作は高橋克典演じる熱血刑事(原島)と大杉漣演じるベテラン刑事(大河原)の2人がデコボコぎみなタッグを組みつつ、殺人事件を追う、と言う流れ(シリーズモノらしい)。
まずその「バラエティ番組のコントコーナー」みたいなネーミングセンスに心を撃ち抜かれた(⌒〜⌒ι) ストーリーも結構どんでん返しが後半に多く設けられてて、日本レベルであれば「ぜんぜんオッケー」と言えた(=^_^=) なんか容疑者を真犯人と断定する過程で「本人の不在時に部屋を調べたら、有力な物的証拠が発見された!」ちぅパターンが2度ほどあったが「別な人物が後からそこに隠した」と言う可能性がほとんど考慮されておらず「それでエエのかよ!」と心中ですこしツッコンでしまった。
また、そば屋(?)のおかみさん役で根岸季衣(としえ)さんが何気なく出演されてて「アレ? 今回は補佐的な役割に終始するんかな?」と思いきや・・終盤でいきなりヒートアップしてくれたのも、ある意味“ファンサービス”な感じで良かった(=^_^=)

その後「神戸三田プレミアムアウトレット」に立ち寄り、雰囲気を味わって来た。そこそこに高級店を揃えているものの、どうも客層がイマイチな気がした。ま、仕方ないか・・

22日(日曜)・・午後の出発で、心斎橋の『アップルストア』にノートPCを預けて来た。ちと面白かったのは、順番待ちの際、カウンター背後の大型ディスプレイに「※※(製品名)をサポートをお待ちのお客様:※※※※様」って風に名前が表示されること。こんなシステムだと知っていたら、本名なんぞ律儀に書かず「ジョヴ造」とか「だいこう」とか「アメリ夫」とか、ふざけた仮名を名乗ったのに(・ω・)
ただ「後ろに待ち客がいるにも関わらず、口頭で住所などを復誦されること」「パスワードを記入させられること」だけは少し心に引っかかってしまった。
しっかし、改めて周囲を眺めてみるとアップル製品の持ち込み相談って・・意外にひっきりなしなんやね〜と(・ω・)

23日(月曜)・・昼休みに殿下(Prince)の新作アルバム『Planet Earth』を購入(輸入盤)。道頓堀界隈の某大型店では「24日早朝に輸入盤入荷!」と表示されてたので、やっぱし「この1日の差が非常に大きい!」と嬉しがった。
帰宅後は、衛星第2で放送されてた映画『太陽がいっぱい(1960)』の終盤辺りのみを鑑賞。へっぽこリメイク版(←リ・イマジネーション版かも?)の『リプリー(1999)』と比べ、主人公のトム・リプリー(アラン・ドロン)の放つ、妖し気な魅力が爆発してる☆
やっぱり『リプリー』でも主人公(マット・デイモンが演じた)にはジュード・ロゥ、ディッキー役にベン・アフレックやイーサン・ホーク、ブラッド・レンフロ(←最近、元気なんかな?)とかのキャスティングで(無難ながらも)まとめ上げた方が良かったのかも・・と。
これまでは「ラスト、主人公宛に1本の電話が架かって来る」ってシチュエーションに「そこでさっさと逃げないと!」とハラハラしてしまったものだが、今回観返して「かなり(そこに至る段階で)警察に疑われてたんやな」「ま、主人公の目的はすべて達成されたんだし、ある意味“リプリーの勝ち”とは言えたのかも」との感想を持った。
つまり、リプリーの目的は「フィリップの総てを奪うこと」にこそあったのだから。

24日(火曜)・・仕事帰りに「天神祭」を眺めに行く。この日は「宵宮」だった。大川べりをぶらぶら歩いたが、次々と「うちわ」を貰えること貰えること。。ま、貰ってすぐカバンのポケットに挟んだ(隠した?)からなんだろうけど。。結果的に5本ぐらい頂きました。家人も喜んでおります(・ω・)
通勤の邪魔になるんで、1眼レフではなくコンデジである『Leica C-LUX1』をカバンにしのばせておいたんだが、必要充分って感じで、結果的に良い機動性を発揮してくれた。
浴衣姿の若い男女の姿が流石に多かったものの、フェイス的にイマイチな女の子が多かったのが、私的に残念なトコか。。
ま「夜目遠目浴衣の背(せ)」ってことで(=^_^=)>

25日(水曜)・・仕事帰りになんばへ向かう。映画『舞妓Haaaan!!!』を観る気マンマンだった訳だが、結果的には上映時間が合わず鑑賞中止(×_×) ←24日の新聞では「18:45〜」と掲載されてたが、本日から「21:30〜」に変更されてしまったようだ。。仕方ないんで、電々タウンなどをそぞろ歩き。

・旧作邦画(クロサワ系、小津系など)の逆輸入盤DVDをかなり安く購入出来るショップが意外と存在する
・多少古いデジタル商品のチラシ&パンフレットが、何気なくショップ店頭で見つかったりする(←『PENTAX/K10Dグラパケ』のチラシを発見した!! 大阪駅北側の某大型店舗でも「早々になくなった」と言われたのに)
・中古PC販売コーナーでは『PowerBook G4“12インチ”』のユーズドが意外と賑わってる☆ ←ちょっと魅力的かも(⌒〜⌒ι)
などなどありましたか。

帰宅後、遅めの夕食とりつつ国営放送番組『クローズアップ現代』を途中から観た。たぶん現役では国内最年長であろう映画監督・新藤兼人氏(95歳!)の日常が特集されていた。歩行のスピードこそ、流石に「ご高齢やな〜」と思えてしまうが、現在でも外国語の勉強を欠かさず「異なる文化&言語でのワールドワイドな表現力を高めている」的な勤勉なお姿には、まことアタマが下がった(×_×) ←股間ではない←分かっとるちぅねん!
本人いわく「あと4〜5本の作品を撮ろうと考えている」とのことで、私的には「シナリオは総て完成したとしても、そこから先の“制作費捻出”こそが難関なんやろなー」と感じた次第。
ワタシにもし巨万の富があったなら、こう言った「尊敬すべき先達」にこそ投資してあげたい、と強く思うんですけれども・・(いやでも、きっとその立場になったら、私欲に溺れるんやろなぁ)

|

« ☆“殿下”の新作アルバム『Planet Earth』☆ | トップページ | ☆『ミニパト(2001)』☆ »

コメント

PCがお手元に無かったとはいえ、充実の日々と拝察いたしましたが?
一言コメントをいろいろ↓させて頂きます。
●コリが取れて翌日の頭痛・・・それは俗に言う「揉み返し」ではないでしょうか。私もコリながら、ツボを間違われるとこれが来ます。
●「太陽が・・・」のラスト。私はドロンが一瞬漲らせていた緊張と不安を「電話ですよ!」の声で解かせてふっと笑むところ・・・あれが何度観ても切なくて切なくて泣けて来ます。
●「夜目遠目浴衣の背(せ)」って、女の私が言うのもなんですが名言ですね。
●新藤監督の新作だった『ふくろう』を年々か前に確かシネヌか七藝に観に行った私・・・ご高齢を鑑み、もしや最後の作品かと思った愚かな私は、また今度は『陸に上がった軍艦』を観に行くか否か迷っています。それにしてもあと4、5本とは。恐るべし。

巨万の富なら私欲に溺れちゃってください、その残りでも十分かと・・・(^^)。

投稿: ぺろんぱ | 2007年7月29日 (日) 17時45分

ぺろんぱさん、ばんはです。
ここしばらく、また劇場から離れてをります(×_×)

>PCがお手元に無かったとはいえ、充実の日々と拝察いたしましたが?

寂しくて、色々と気を紛らわせておりました(=^_^=)
PCない方が寄り道もするし、散財もしがちな気がします(・ω・)
そうそう。先週末に『ザ・クラッシュ(2005)』と『ディパーテッド(2006)』のDVDソフトを購入したんですよ☆
・・っていつ開封するのやら分かりませんけど。。

>ツボを間違われるとこれが来ます。

ホンマですか! 初めての副作用(?)だったんでびっくりしました。
変なツボを押されたら『北斗の拳』みたいに爆発しちゃうかも知れませんね(×_×)

>私はドロンが一瞬漲らせていた緊張と不安を「電話ですよ!」
>の声で解かせてふっと笑むところ

ドロンの微笑み、イイですよねー。『サムライ』では殆ど笑わなかったよーな・・

>女の私が言うのもなんですが名言ですね。

女性のお立場からの「男性に対する名言(迷言)」っておありなんでしょうかね?

>それにしてもあと4、5本とは。恐るべし。

もし監督が鬼籍に入られますと・・「実体験としての大戦を知る世代の最後の映画監督」を我が国は失うこととなるのでしょうね。

ではではっ。

投稿: TiM3(管理人) | 2007年7月29日 (日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆“殿下”の新作アルバム『Planet Earth』☆ | トップページ | ☆『ミニパト(2001)』☆ »