« ☆後半だけ観ました『NaNa(2005)』☆ | トップページ | ☆『幻魔大戦(1983)』☆ »

2006年12月19日 (火)

☆ライカ!☆

17日(日曜)。昼過ぎまで惰眠・・。疲れが取れなくて。
午後から「土日ともこれではあかん!」と思い立ち、クルマで出かけることに。

この日の目的は4つほどあり、
1)鶴見区内にある(という)「Oakley(オークリー:ゴーグル、サングラスのブランド)」の専門店に行く
2)クルマ関係の店で「ETC」について工賃を含んだ見積額を確認する
4)幹線沿いの某カメラ店に寄り「Nikon」関係商品の店頭実勢価格を把握する
といったものであった。

1)についてはMP3プレイヤー搭載の“アイウェア”の最新モデル『THUMP(サンプ)2』を実際に触ってみたかったのだ。「鶴見はなぽ〜とブロッサム」のアウトレット・モール内にあるらしいんだが、界隈に近付くにつれ、もの凄い渋滞が。。待ち行列の大嫌いなワタシはさっさと諦めるのだった。
2)については「オートバックス」系に行こうかなと当初考えてたが、道中のロケーションが思い浮かばず、素直に(?)看板の見えた(スバル)ディーラーに入ることに。ちょうど一時的に激しい雨が降って来たこともあり、ショップを探すのが億劫になってたのもあったろうか。「ETC」に関して「安いの」と「高いの」があり、「高いの」だと、現在装備してるカーナビ(P製)と機能をリンクさせることが出来るんだが、本体価格も高ければ、接続ケーブルが別途必要とか言う事で、合計額を目にすると何とも勿体ない気がした。で、「安いの」を購入⇒取付しようと考えたが・・「あいにく店頭に在庫がなく取寄せとなります」の説明を受けたため急に気持ちが萎えてしまい「もう一度考えてみます」と伝えディーラーを後にしたのだった。帰りは傘付きの店員さん見送りもなく、何だか寂しかったかも・・(・ω・) いや、結局はただの冷やかし客となったんだから当然か。
4)については帰路に立ち寄ってみた。正直Nikonからリリースされている「D200(高いの)」と「D80(安いの)」に関し「ボディ単体での価格」にかなり興味津々だったんだが、前者は「ちと高い」、後者は「安いけど・・(今使ってるD70から)買い替えるまでのモデルではないように“直感的に”感じる」ってことで、心にブレーキが働いたのだ。
気分転換に他社のデジタル1眼やら、中古レンズ関係やらをまんべんなく眺めつつ・・店内を2巡してみたら、意外な“ブツ”をショーケースの片隅(?)に発見したのだった!

『Leica C-LUX 1』(シルバー/ブラック)・・表示価格¥66,000-より更に値下げ

ええっ?! 店頭から消滅したと思ってた「ブラック・ヴァージョン」が!? かつ値下げとはっ!?
そこから先のハナシは・・すこぶる早い(=^_^=)

最近、余り活躍の場のないコンパクトデジカメ『OLYMPUS C-770 Ultra Zoom』の恨みがましい眼(←どんな眼だ)が脳裏に浮かんだ気もしたが・・「今買わねば、もう買えんのだ!」と自らに言い聞かせ、レジへと急ぎ足で向かったのである。

※因みに・・ネットでも、心斎橋そごう内のライカショップ『サン・エス』でも、(C-LUX 1の)ブラックはもう見かけないのである。そこのショップにはあと1ヶは店頭在庫があるのだが(・ω・)

|

« ☆後半だけ観ました『NaNa(2005)』☆ | トップページ | ☆『幻魔大戦(1983)』☆ »