« ☆『もしも昨日が選べたら』☆ | トップページ | ☆『ベティ・サイズモア(2000)』☆ »

2006年10月11日 (水)

☆『香港国際警察/NEW POLICE STORY(2004)』☆

8日(日曜)。地上波初登場のジャッキー・チェン主演映画『香港国際警察/NEW POLICE STORY(原題:新・警察故事)』を観た。思えば第1作『香港国際警察/POLICE STORY(1985)』を観た頃って学生時代だったよなぁ・・。ジャッキーがまだまだ(?)現役で元気に暴れ回ってるのに引き換え、こちとらふた周りほど年齢的にゃ若い筈なのに、椎間板傷めてヨタヨタ歩いとる有り様ですワ(×_×)
シリーズでは『ポリス・ストーリー3(1992)』が一番アクション的に“キてた”感じで好きだったが(終盤、走る列車上で格闘するシーン、バランス崩し連結部から転落(←落ちたら死んでます!)しそうになる彼を、闘ってた相手俳優が駆け寄って助ける、みたいなNGシーンが泣かせる!)、その新シリーズってことで無意識に期待してたり。
観終わると・・「極めてシリアスじゃん!」ってのが第一印象。また、クリント・イーストウッド作品的に言うトコの『ルーキー(1990)』みたく「ちと時世代俳優に花を持たせる感じかな?」とも予想してたら、しっかり美味しいトコはかっさらってたし(・ω・)
(公開当時の)予告編映像でも印象的だった前半のシーンは「やられる一方」って感じで流石にショッキング。何だか『ロボコップ2(1990)』を観てる気分ですた(×_×) ヒロイン役のしとも不幸続きで可愛そう過ぎ。。

香港警察・特捜隊の捜査主任であるチャン・コウイン(陳國栄)警部はそれまでの輝かしいキャリアを決定的に打ちのめされる事態に叩き落とされる。亜州(アジア)銀行を襲った5人組のアジトを「たれ込み情報」で知り、(婚約者ホーイーの弟ホンを含む)部下9人を率いて向かったはいいが・・まんまと待ち伏せに遭い、全員が目の前で殺害されてしまったのだ。

1年後・・ホーイーとの婚約も無期限凍結、休職状態の続くまま、今や酒浸りとなったチャン。そんな彼の前に「巡査番号1667」を名乗る若き警官シウホン(ニコラス・ツェー)が現れる。(襲撃事件で)殉職した部下の1人・コウの弟だと告白するシウホン。その熱意に根負けし、チャンは立ち上がり再び強盗団を追い始める。
犯人グループが「警官殺し」を楽しんでおり、チャンの部下を殺害した状況を「Xゲーム」なるネットゲームとして配信している手口から、チャンとシウホンは「Xゲーム」のオフ会に出向き、一味のメンバーを追い詰める。
が、彼らの矛先は次に婚約者ホーイーと警察本部に向かうのだった・・ってな流れ。

ハイテク強盗団に捕まり、吊り下げられた部下たち。「何でも言う通りにするから、部下を下ろしてくれぇ〜」と涙声で嘆願するジャッキーが切ない・・が、犯人グループ以外その現場に立ち会ってないトコ、結構「局地的な辱めかも」と思えたりも(・ω・) 犯人グループがそこで「全裸になり、皿1枚を股間に当て、繁華街をつっ走って来い!」とか言う奇妙な要求を出す方が「いつものジャッキー作品らしい」とも思ったが、状況的にやはり(=^_^=)不自然であり、そういうシチュエーションには流石にならなかった(⌒〜⌒ι)

本作の根底に流れてたのは・・意外にも「思い遣る心」だったのかも、と決め打ち。ホーイーに対するチャンの想い、チャンに対するシウホンの想い、その辺りが(銃撃&爆発&功夫)アクションの陰にやや隠れながらも、ぼんやりと優しい光を放っていた気がする。
私的にはシウホンのキャラが何とも危なっかしく、最後は『ダーティーハリー3(1976)』みたく悲しい結末になるんじゃないか、と勝手に想像が進み、妙に胸騒いでしまった(・ω・)

それにしても・・先日観た『レッド・ドラゴン(2002)』もそうだったが、最後に「とある名前」が語られる(語られそうになる)トコで幕、と言う“オチの演出”がちょいと似てて面白かったか(←尚、トラックにはねられ吹っ飛ぶあのおっつぁんを観て、何故か往年のトレンディドラマ(←死語?)『101回目のプロポーズ(1991)』の武田鉄矢を思い出しちゃったり・・武鉄の場合、無論「死にましぇん」けど・・)

その他、気付いたトコなど。
○酔っぱらいつつもチンピラを格闘で仕留めるジャッキー。チンピラの台詞「てめぇ何だ・・酔拳かよ・・?!」が全編通して「一番の笑いどころ」かも?
○暴走バスが香港の繁華街を突っ走る中盤。「元禄寿司」の看板がありましたっけ。いや、ひょっとしたら「元緑寿司」だったかも(・ω・) 何か「本家vs元祖(←元組?)」みたいでややこしいなぁおい。
○暴走バスを止める際、必死でブレーキペダルを踏み続けるジャッキー。サイドブレーキも併用してはどうだったんだろ? 備わってないのか?
○警官でもないヤツが銃器を撃ちまくってるシーンがあったり。香港の銃規制(民間人の拳銃所持)って結構「ゆるい」んやろか?
○後半、デパートの「LEGO売り場」で格闘後、主犯を追うジャッキー。「売り場」から出て行く直前、転がってた「巨大LEGO人形」の頭部を律儀にはめ込む
・・ってこの行動の意図するモノは何なのだ〜? 分からん〜!(×_×) ←笑うシーンなのか?

|

« ☆『もしも昨日が選べたら』☆ | トップページ | ☆『ベティ・サイズモア(2000)』☆ »