2021年7月 4日 (日)

☆『あなたのブログが6ヶ月間更新されていません。 (中略) 1年間未更新のブログについては、記事の追加や編集ができなくなります』と通知され、思い腰を上げて載せる“ええ言葉”☆

光浦 靖子(お笑いタレント)

 「恥ずかしいと思うことが減ると、びっくりするくらい生きやすくなります」

 

藤原 正彦(数学者、エッセイスト)

 「たしかにネットには無限の情報があるが、99.999%

  そのままでは何の役にも立たない情報だ」

 

出口 治明(大学学長)

 「周囲が何を言おうが、やりたいことをやった方が

  人生は充実するに決まっています」

 「今後の人生で今のあなたが一番若いのです」

 

日野原 重明(医師、医学者、2011-2017)

 「年を取ったら素直になんなさい」

 「人は泣いて生まれ、笑って死ぬのがいい」

 

前田 裕二(実業家、SHOWROOM社長)

 「目線を現状の2段階、上に設定すること」

 

芥川 龍之介(小説家、1892-1927)

 「われわれを恋愛から救うものは理性よりもむしろ多忙である」

 

綾野 剛(俳優)

 「生きるために必要なことは全て役に教わってきた。

  いいことも、悪いことも」

 

石丸 幹二(俳優、歌手)

 「『ノー』と言わなければならない時もあるので、

  自分に確固たる思いがあることが大事ですね」

 

山里 亮太(お笑いタレント)

 「唯一、自分に才能があると思うのは『人に会う運』

  だと小さい頃から感じていました」

 

芳井 敬一(実業家、大和ハウス工業社長)

 「社員を知るには「対話」と「宿題」です」

 

佐貫 葉子(弁護士)

 「もともと介護は、誰かが過大な負担を担ってすべきではありません。

  負担とは精神的なものも含まれます」

 

永守 重信(実業家、日本電産創業者)

 「今の大学教育は「教」はあっても「育」がない」

 「会社が弱くなったら、雇用すら維持できない」

 

稲本 ミノル(ヘソプロダクション社長)

 「「企画が浮かんだ時には、同じアイデアを他の人も考えているもの」

  と肝に銘じ、スピード感を重視している」

 

姉川 美紀(保護猫の預かりボランティア)

 「家族にしてくれる人にあした会えるといいなって」

 

役所 広司(俳優)

 「今日より明日が素晴らしい」って言われると「そうだそうだ」って

  信じて、コロッと忘れて「取り敢えず寝ようか」と」

 「頑張ろう、明日も」

 

天童 よしみ(演歌歌手)

 「歌は、深いですよ」

 

米倉 涼子(女優、ファッションモデル)

 「観て貰おうとしないと、観て貰えない」

 「頑張らないと、弾き飛ばされる」

 

元木 大介(元プロ野球選手、巨人軍ヘッドコーチ)

 「全員が1つになって戦えば間違いなく負けることはない」

 

掛布雅之(元プロ野球選手、野球解説者・評論家)

 「3割を打てる打者は、7割のいい失敗をしている」

 

有森 裕子(元マラソン選手、日本陸上競技連盟理事)

 「旬の食材を選ぶだけで、自然と健康でいられます」

 

田中 千足(元精神科医)

 「障害者に対する世間の差別意識は根強いですが、

  それは多様性を否定することを意味します」

 

岡田 忠雄(俳優) ※御年95歳!

 「俳優はいつまでも未完成。演じるのは面白くて苦しく、

  恐ろしいことです」

 

安西 水丸(イラストレーター、絵本作家、1942-2014)

 「自分より絵が上手な人はたくさんいるが、

  自分より絵が好きな人はいない」

 

最相 葉月(ノンフィクションライター)

 「介護施設に入所した途端、症状が進む方は多いんですよ」

 

海原 純子(心療内科医)

 「何かを伝える時、事実だけでなく怒りの感情も加わると、

  コミュニケーションは悪化します」

 

ホラン千秋(タレント、キャスター、女優)

 「ルーチンはつくらないようにしています。(ルーチンも持ち物も)

  これがないと試合に出られないっていう状況にはしたくないから、

  身軽にしています」

 

明石家 さんま(お笑いタレント、司会者)

 「先ず作り手が面白いと思う事が大切」

 

井上 哲浩(慶応大教授)  ※ウェブマーケティングの効果を研究

 「人は『背中を押してくれる何か』に依存したくなっている」

 

小林 亜星(作曲家、タレント、1932-2021)

 「(提供する曲は)鼻歌で歌えるのが鉄則だ」

 

中尾 健太郎(大阪府箕面市のドーナツ店「DONUTS DEPT」経営)

 「おいしいものを食べながらケンカはしない」

 

いしいしんじ(作家)

 「50歳の1時間と、17歳の1時間では、比べようもなく違う」

 「打たれ強さをつちかうため、じっさい頬を打たれる必要はない」

 

大日向 雅美(大学学長)

 「とかく私たちは氷山の一角だけを見て、水面下に大きなものが

  隠れていることに気づきにくいものです。

  自分自身のことになると、なおのことです」

 

坂口 恭平(作家、建築家)

 「心に波があるのが人間」

 「ほとんどの人が、実は人に動かされている。日課を作るとは、

  自分で自分の時間を作る、という意味です」

    「多くの人はいつの間にか、窮屈を無意識のうちに受け入れている。

  僕は自分が窮屈だと感じることを全てやめ、心が楽になった」

 「人は、人からどう見られているかだけを悩んでいる。だから、

  俺は言ってあげるんです。『俺も一緒だけど』って」

 「なんで、自分が苦しい時に助けてくれる人をちゃんと

  自分の右側につけておかないのでしょう」

 

南 かおり(タレント)

 「基本を変えず、挑戦を忘れず」

 

島本 理生(小説家)

 「プレゼントは開ける瞬間が一番楽しいのだ、とふいに気付いた」

 「今この瞬間目の前にあるものに能動的な関心を持つ。

  それは人がいきいきと日々を過ごすこと全般にいえる

  マナーではないかと思う」

 

フリードリヒ・ニーチェ(哲学者、思想家、1844-1900)

 「怪物と戦う者は、自分自身も怪物にならないように

  気をつけなければならない」

 

笑福亭 鶴瓶(落語家、タレント)

 「盛り上がりがフェードアウトするのが素人。ずっと続くのがプロ」

 「怖いからオモロい」

 「地道が近道や」

 

王 貞治(元プロ野球選手・監督)

 「バットを置いてしまったら、自力では出来ない部分がある」

| | コメント (2)

2020年8月31日 (月)

☆「あなたのブログがまもなく更新できなくなります。」と通知され、慌てて載せる“ええ言葉”☆

井上 ひさし(小説家、劇作家、1934-2010)
 「難しい事を易しく、易しい事を深く、深い事を面白く」

蜷川 幸雄(演出家、映画監督、1935-2016)
 「皆が右に行っても、自分が左だと思ったら、左に行ける人になれ」

平尾 誠二(ラグビー選手、1963-2016)
 「強いというのは絶対に『力』だけではない」

横山 大観(日本画家、1868-1958)
 「自分の今日の作品と明日のそれとは
  変わっていて良いのです」

シルバーテツヤ(秋田のインスタグラマー)
 「沈む夕日は、どこかに昇る朝日でもある」

玉置 浩二(ミュージシャン)
 「やりたくてもやれなくなる時が来ますからね。だからそれまでは
  難しい事を考えない。やりたいって時にやろうって」

宮本 茂(ゲームプロデューサー、任天堂代表取締役フェロー)
 「今売れているものを作るより、
  他にない新しいものを作っていく」

萩本 欽一(コメディアン、タレント)
 「忘れてしまうことがあるなら、
  その分、新しいことを覚えていけばいいと思ったんだ」
 「やることがないなんて言っていたら、老け込んじゃうよ」

中西 進(教育者、文学者)
 「息せき切ってばかりいてはよい仕事はできません。
  息抜きが大切なんですよ」

上原 ひろみ(ジャズピアニスト)
 「自分の曲をほかの人が演奏するのを
  聴いても、わくわくしないし、うれしくもない。
  私は自分が弾くために曲を書いているんです」

中曽 根康弘(第71-73代内閣総理大臣、1918-2019)
 「結縁・尊縁・随縁」
  意味・・縁を結んだら、その縁を尊び、その縁に随(したが)う

浅田 次郎(小説家)
 「世界に通用する文学には、思想がなければいけない」

プレイディみかこ(作家)
 「議論の面倒くささを放置してしまうと無知になりますよね。
  無知を恐怖という火で煽ると憎悪、ヘイトが生まれます」

最相 葉月(ノンフィクションライター)
 「不寛容な社会を感じる。日頃の不満や苦しみが、何かの
  きっかけで第三者に向かっている」
 「女性も女であることに甘えられない時代になりました」

窪 美澄(小説家)
 「書くときに気をつけているのは、うそをつかないこと。
  格好つけず、読み返してうそがないと思えるものは、いい文章です」

上村 淳之(日本画家)
 「こちらに信頼感を持っている鳥は、すごく優しい顔をしています」
 「絵描きは思い込みが激しいほどええんやけど、そこからなかなか
  抜けられないんですね」

夏木 マリ(女優)
 「私たち昭和の世代は家族が暮らす家庭は安全な場所だと思っていたから、
  虐待や暴力があると聞くと信じられない。
  そこが危険なら一体どこへ帰ればいいのと」

築地本願寺・境内の掲示板
 「幸せだから感謝するのではない。感謝できることが幸せなのだ」

穂村 弘(歌人)
 「冗談とか悪ふざけにもセンスってものが要ると思う。というか、
  常識から外れる行為にこそ、デリケートな感覚が求められるんじゃないか」

宮本 恒靖(Jリーグ・ガンバ大阪監督)
 「選手が情報を入れすぎると、過度の緊張につながってしまう」

佐藤 卓己(社会学者、京都大学教授)
 「そもそも経済行動とは自己利益を追求するものだ」

柳沢 小実(エッセイスト)
 「時に失敗することがあっても、今をそのまま受け止めて、
  心の動きを大切にしようと思います」

藤村 忠寿(テレビディレクター)
 「終わらない除雪はない」

月亭 方正(落語家)
 「それまで伝統的なものはぶっつぶさなあかん、新しいものを
  作らなあかんと勝手に思い込んでた。でも、全くそんなことなかった」

谷川 浩司(将棋棋士) ※著書「中学生棋士」より
 「最も重要なのは、熱意をいかに長く維持できるかで、

  持続できること自体が才能」
 「才能は、遺伝よりも育った環境に
  負うところが大きい」

メアリアン・ウルフ(神経科学者)
 「デジタル媒体は文章が短くなる。
  読み飛ばす読み手は、書き飛ばす書き手になるものです。
  ツイッターは象徴的です」
 「米国でデジタル世代は他者への共感が薄くなってきている
  という知見もあります」

いとう せいこう(小説家、ラッパー)
 「2匹目の泥鰌を狙うなら、その水は替えておく」

| | コメント (1)

2015年1月18日 (日)

☆『記憶探偵と鍵のかかった少女(2013)』☆

ぼちぼちと過去の鑑賞記事をアップしてゆきます。

昨年の10月13日(月)。
ご近所のシネコン“MOViXあまがさき”で観たのは、ほどほどに期待値を高めつつ鑑賞に臨んだSF(すこしふしぎ)サスペンス作『記憶探偵と鍵のかかった少女』だった。
この日は3連休の最終日でもあり、また「台風19号」迫る中の「別な意味でリアルに緊張感高めつつ」のシネコン行だったと記憶している。

スペインを代表する映像作家ら(ペドロ・アルモドバル、ギレルモ・デル・トロ)に師事し映像を学んだと言う、ホルヘ・ドラドの監督デビュー作にして、マーク・ストロング主演最新作。

・・

FBIが1970年代から研究に着手したとされる超絶の捜査技術=“記憶探索”を軸(ネタ)にしたミステリー。
被害者や目撃者の記憶の中に潜入し、犯行現場に於ける彼らの視聴覚体験を観察出来る能力を持つ“記憶探偵”・・ その証言は「ポリグラフ(嘘発見器)以上、DNA鑑定以下」と言う、(微妙に)絶妙な証拠能力を有していた。

数多くの事件を解決に導いて来たベテラン記憶探偵=ジョン・ワシントン(マーク)は、2年前に妻を亡くして以来「記憶探索中に“別な記憶”が混入し発作を起こす」と言う(職業上)致命的なトラブルに幾度も見舞われ、現在は休職中だった。

そんな彼を「マインドスケープ社」の上司=セバスチャンが訪ね、簡単な仕事を要請する。
それは・・ニューヨーク郊外の「森の中の屋敷」に閉じこもる16歳の少女アナ・グリーン(タイッサ・ファーミガ)の記憶に潜入し、1週間前から続く彼女の摂食障害を治す、と言うものだった。

アナの記憶に潜り込み、その原因を探ろうとするジョン。しかし“そこ”で彼が垣間見たものは、現実に起きた事件ともリンクする、奇妙な謎を孕んだものだった・・

“MINDSCAPE(心象風景)”なる原題を持つ本作。
パッと思い付く限り『パプリカ(←筒井康隆氏による小説、アニメーション作(2006)は未見)』『ザ・セル(2000)』などをネタ的に連想する次第だが、観てて強く思い浮かんだのは『マイノリティ・リポート(2002)』だったワタシ。え? ちがう? でも似てるなぁ・・

マーク氏は「ありのままの」ナチュラル・ヘアスタイルで心に陰をたたえた主人公を好演してくれる。
私的には『シン・シティ(2005)』に於けるブルース・ウィリスのように(もうみんな、ご存じの事なんだろうけど)「それなりの髪型」で本作出演に臨んで欲しかった気がする。
どうにも、あのルックスに『キック・アス(2010)』のフランク・ダミーコのイメージが重なってしまい、観てて心がザワついたワケである(苦笑)

「ワクワクさせる、ミステリアスな映像&展開」を期待してたら、何の事はなく(?) ハードボイルドタッチな作品だったり。
まぁ、ここで言うハードボイルドのテイストとしては「ファム・ファタールなヒロインに翻弄される、孤独で心優しい中年探偵の転落劇」って要素だけなんだが。
どうせなら、時代設定をも少し古く描くか、もしくは「レトロな空気を漂わせる、年代不詳な世界観」に仕上げた方が、物語がより鮮烈に仕上がった気がしなくもない。

ヒロインを演じたタイッサ・ファーミガは、あのヴェラ・ファーミガの妹さん! 名前からして「娘さん」かと勘違いしてた(すんません)。因みに、お姉さんとは歳の差=21歳との事である。

確かに、あらすじなんかで多く語られるように「美少女」だとは思う彼女だけど、私的には余り好みのタイプではない。も少し「護ってあげたくなるタイプ」の女優さんだったら、更に感情移入も出来た事だろうけどなぁ・・

終盤まで姿を現さないのが、同僚の記憶探偵であるピーター・ランドグレン。ピーター・ラングレン(Lundgren)、ピーター・ラングドン(Langdon)などとうっかり読み間違えそうなキャラ名だが、そこは気を付けて貰いたい。

結局のトコ、悪い意味では「観客の想定内」だった本作。キャラ(≒キャスティング)の魅力で、その辺りを何とか(?)カヴァーして欲しかったトコだ。

〜 こんなトコも 〜

・NYの郊外ってば、あないに田舎なんか、、 雪も積もってるし、、
・『スリーピィ・ホロゥ(1999)』『エンゼル・ハート(1987)』『メメント(2000)』『リアル/完全なる首長竜の日(2013)』『インセプション(2010)』・・などの路線っぽくも。
・物語のほぼ総ては「挿れ子構造」だった?!
・過去に解決した事件(のエピソード)や、記憶探偵業界の詳細な成り立ち、描写などは・・バッサリとカットされてた。
・独自の雰囲気があり、(上映時間の)短いのは良いけど・・ねぇ。
・「もしヒッチコック監督が撮ったら」と言う仮定のもとに本作がリメイクされたら、ぜひ観てみたいトコである! そうなれば、主人公には「更なるおじさん俳優」がキャスティングされる事やろかね(例えばジョージ・クルーニーとか)。

~ こんなセリフも ~

ジョン「悪いね(Take care.)」
   「摂食障害? (娘から)ファッション誌を隠せ」
   「座ってもいいかな?」
   「今の質問に正解はない」
   「私の仕事は“人を記憶へ導く”事だ」
   「潜在意識は、(見せられたものが)記憶だと知ってる」
   「古い記憶ほど効果がある」
   「準備出来たら眼を閉じて」
   「さぁ・・戻るぞ」
   「記憶こそが“幸せな時間”だ」
   「無理な監禁は逆効果だ」
   「嘘だ(I don’t believe you.)」
   「記憶に導く」
   「人は時々、都合良く記憶を変える
   「寮の廊下にある時計の針が止まっていた」
   「誰だ?(Who’s there?)」
   「行く先は決めた?」
   「話す事で記憶を汚すな」
   “記憶は完全には信用出来ない。
    しかし記憶こそが、最後に寄って立つ
    「唯一の真実」なのだ”
   “真実だけがあなたを自由に出来る”

アナ「断酒会に遅れるわよ、ママ」
  「これで満足?(Better?)」
  「妻は夫の裏切りを疑いつつ、その不在を喜ぶものだわ」
  「奥さんの写真を見せて。
   “財布に入れて持ち歩くタイプ”でしょ?」
  「非難の半分以上は濡れ衣よ
  「人はみな死ぬの。死は自由よ」
  「(私の描いた絵は)家に帰ってから見るのよ」
  「飲酒は“悪魔の名刺”よ」
  「大人は子供の話を聞かず、
   意見を押し付けるだけ」
  「寝顔が可愛いわね」
  「芸術だって、最初は芸術だった
  「この鍵を預かって。“味方がいる”と思えるから」
  「ごめんね」

セバスチャン「いいんだ(Don’t forget about it.)」
      「良く考えろ(Open your eyes.)」
      「“簡単な仕事”の筈だった」
      「勘で動くのは止せ」
      「調査より記憶に集中しろ」

ランドグレン「我々の仕事に、目撃証言と同等の“重み”はない」

ジュディス「好きなのが仕事でないなら、仕事を好きに」
     「(私の)部屋に寄らないの? 断わるけど」
     「私の記憶を覗けば?」

オルテガ「記憶探偵? “金持ちにたかる連中”だろ」
    「あの家族に報いの来る事を望むよ」

アナ「(あなたの質問に)答える事の“見返り”は?」
ジョン「“自分への理解”さ」

ミシェル「あの娘は・・恵まれている」
ロバート「“別な言い方”をすれば・・呪われている」

ジョン「(君に)断わらせてあげようと思ってね」
ジュディス「入って」

| | コメント (4)

«☆明けましておめでとうございます☆